やはり破綻した

以前、フランスに対する偏見というブログエントリで、クラウドファンディングに初めて手を出したけど、どうにもヤバイなぁというポケットスキャナでしたが・・・

 

 

メールが来ました。
Pupscan – 挑戦は終わりました
だってさ。

「親愛なるサポーターのみなさま、投資家のみなさま、友人そして家族へ。残念ながら、挑戦は終わりました。会社は資金が尽きて、従業員はみな去りました。会社を閉鎖するために、会計士と弁護士と共に法律上の手続きを行っています。このメールが最後のご連絡となります。」

で、その後もだらだらと翻訳による文章が続くのですが、
まーなんていうか、言い訳の嵐。それまで送られてきたプロジェクトがここまで進んだよメールの内容と大違い(いやアレも言い訳っぽかったか・・・)。

当然、返金はなし。

 

うーん・・・・まぁしょうがないんだけどさ、そもそも数多あるクラウドファンディングでの成功率ってどのくらいなんだろう・・・?

と思ったら、日本でのクラウドファンディングの成功率は約30%ほどだそうです・・・・。そんなもんか。
フランスだから、ってほどでもないのか。

 

投資できない、投資に失敗することを恐れる人間は、成功して出来た完成品を割高で買った方が最終的にお得なのかもですねぇ。

衛生士求人

クオキャリアという歯科衛生士の求人・転職サイトがあります。医療系求人サイトのグッピーと並んで大手です。
とかいって僕はクオキャリアは利用したことないのでどんななのかわかってないんだけども。

そのクオキャリアからダイレクトメールが来ました。

反響の出る夏

だそうです。なにが?というと、

新卒就活の1ピーク、経験者の賞与後転職活動・・・
歯科衛生士求人クオキャリア上で、一年で最も反響効率が高いのが夏。

なのだそうです。

一説によると衛生士の求人倍率は20倍。衛生士一人に対して20のクリニックがオファーを出しているという状況だとか。
この20倍という数字は、歯科コンサル系のサイトばっかりで、正しい数字なのか信用の出来るソースが見つけられなかったのですが、間違いなく売り手市場で、現時点で歯科衛生士が食いっぱぐれることはないはずです。

で。

確かに、僕も思いました。
4月に新卒で入った衛生士が、思ってたのと違う、面接で言われたことと違う、と感じたり。
以前書いたように、こちら(昭和なドクター)はこれだけの給料出しているんだからこれぐらいやれ、という気持ちがあり、あちら(新卒衛生士)は出来てなかろうがこのくらいの給料出すっていうんだから当たり前にもらう、というお互い不幸な状況なんじゃないか。
そして、GW過ぎて5月病的に辞めるモードに入ってしまう、とか。
(実際、ウチの新卒衛生士の友人がまさにそれで5月に辞めて6月に新しく就職したらしい。理由はいくつかあるらしいけど一つは経験不足が前提の新卒にろくに教えもしないで無理難題押しつけられて当然出来ないから怒られるという・・・・ね・・・)

だから、超売り手市場であるために衛生士(という肩書きを持つ人)は辞めない我慢をするハードルが低い。

また、開業前の開業セミナーでも12月に開業しても人が集まらないから止めた方が良い、12月開業ということは経験者はボーナス前に辞めることになるから、ボーナス貰った後に辞めることが出来るように計算した方が良いと、言われました。

 

なので、クオキャリアのキャッチコピーはその通り。

 

・・・その通りなんだけど・・・・、今の職場を「辞めたい」「辞める」ことが前提で、その時期が一番活況ってのは歯科業界的にどうなの!?

そして、そんな反響の多い夏、にもかかわらず、下の方には「WEB通年掲載とくとくプラン」ってずっと掲載し続けないといけないくらい衛生士は決まらないよ、と言っているに等しいプランがあるのもどうなのよ・・・。

 

ということで、コレ書きながらウチのスタッフに「辞めたい、辞めたくないってどういう時?」って聞いたら、
「人間関係ですかね」とか、
「横の繋がりか縦の繋がりが良ければいいけど、縦も横もダメだったらダメですね」とか。

どうしても女性の職場なのでいろいろと、ね。

 

ウチのスタッフの意見だけだけど、そうなると、やれ給料が幾らだ、福利厚生がどうだ、とかそりゃ条件良い方がいいんだけど、人間関係って求人サイトだけじゃわからんよなぁ・・・・。

といっても、

「アットホームな職場です」

なんて地雷ワードだってのは有名な話・・・。(ウチも書いてるけどさ・・・)

 

ま、そんな心配しても今はサクラは人員的に充分で、足りないのは優秀な歯科医師くらい。コレはもう諦めた。

しかし人間関係かぁ。大事、超大事。

11年やってるといろいろありました。というか穏やかな年ってなかった。大なり小なりなにかあった。僕らが気づいてないけど水面下で殺伐としていた時期もあったらしい。
複雑に絡み合う人間関係を、破綻しないように取りなしていくのって僕には無理。妻が副院長としていてくれたからこそ。
先日の歯科医師会の総会の後席で他の先生に僕は「ぼっちドクターだから」って公言しちゃうくらいだから。ホント男には無理・・・・と思う。たぶん。

 

いや、ホント男には無理、なのか?
こう、なんだ、自分の兄弟関係とかで姉妹が多いとか、学生時代に女友達が多くて当たり前で女性への気遣いスキルが高いようなリア充生活を送ってきた人とか、壁、超えそうじゃない?
男には無理、というよりやっぱり、俺だから無理、か・・・?

いやでも、俺、スタッフのみんなに慕われているよ・・・はず・・・たぶん・・・きっと・・・。
ただ・・・俺が気遣いできない性格であるとスタッフもちゃんと認識してくれているから、ソレを期待するのを諦めたから・・・・かな?

・・・・うん・・・なんか哀しくなってきたな・・・。

いつまでも初心者

歯科のブログでこんなタイトル書くと、なんだかいつまでも初心を忘れない心構えで、なイメージですが、全然関係なくて。

ホームページのコトです。

グーグルサーチコンソールというグーグル先生グループの一人?がホームページを定期的に診査診断してくれるのですが、
前はAMPに問題があります、と出ていて、AMPはグーグル先生が提唱するモバイルでの表示を早めるように勝手に表記スタイルを変えるプラグインだったのですが、それは以前消しました。消したら消したで問題が生じたのですが。それも今は解消。

写真が小さい、という警告もあり、それもサムネイル表示を大きくして、拡大時の表示も大きくすることで解消。もっともスマホで見るときは拡大時の方が小さくなると言う矛盾が生じていますが・・・。

 

あとは、モバイル時での文字が小さい、というのがダメだとグーグル先生は指摘します。

問題はコレ。
簡単にできると思ったんですよ。だってwordpressだし!って。
ところが設定の項目にどこにもない。
検索すると、CSS(カスケーディングスタイルシート:大まかな基礎設定のようなの)を弄る必要があるようで。
検索するとご丁寧にいろんなサイトに掲載されているんです。しかも[初心者向け]とか銘打って。

いや~・・・真の初心者はCSS弄れませんわ・・・・。

しかもwordpressのテーマ(外観)によりCSSの構成は変わるので、解説サイトで、公式テーマであるTwentyTwelveではCSSのここを変更、と書かれても、
僕が使っているiconic oneだとどれに相当するのかサッパリ。

現在のCSSをコピーしてテキストに保存し、トライアンドエラーで弄って、ダメなら保存したCSSを戻せばいいだけなんだけど、それもなんか・・・

あきらめようかな・・・・

ちゃんとCSS勉強して内容がわかるようになればいいんでしょうけどね・・・・

 

ところでいつまでも初心者なのにいっちょまえに「ホームページ」という言い方に戸惑っています。
だって本来ホームページってブラウザを開いた際に一番最初に出るページでしょ。
ちゃんとウェブサイトって言おうよ、って思うんだけど、こういった誤用はもう既にかなり浸透しているようなので、ブログの最初の方ではウェブサイトとかサイトとか言っていたけどだんだんホームページに置き換わっていっています。
役不足とか確信犯とかそんな感じ。

ブルートゥース接続大会ーキーボード2ー

我ながらバカじゃ無いかと思うのですが・・・

また、折りたたみ式のブルートゥースキーボードを買ってしまいました。

MOBOキーボード

以前書いた、折りたたみ式キーボードで不満だらけだってわけでは無かったのですが、不満の最大はUS配列であること。
そのため特に記号系で苦労するのです。
なので、そういう人向けのシールを貼って擬似日本語配列にしているのですが、配置の違いは如何ともしがたい。

 

そんなんなのでAmazonでつらつらと眺めていたら、日本語配列で、同じ観音開き式の折りたたみで、だったのでポチリ、と上記のヤツを買ったわけです。

「たたんで、しまって、旅に出る」

と箱には書かれてありますが、実際そういう使い方を僕はどれくらいするというのか・・・・何故買った。
そもそもちゃんと使いたいなら現在のメインPCであるSurfacePro5を持って行けばいいのですよ。薄いし。

実は、これを買うに至る紆余曲折の始まりはキングジムの「ポメラ」。テキスト入力に特化したガジェットで、その狭すぎる使用範囲と値段から悩みつつ諦めました(僕の職業とライフスタイルではそもそも悩む必要も無かったはずなのですが・・・)

で、悩むんだったら、持っている7インチのアンドロイドタブレットに以前の折りたたみ式キーボードを接続して使ってみたらいいんじゃない?となって、その流れからポチッたわけです。

 

買って、開けてみたら、あれ?でかい。
ネット通販はこれだから・・・・

上が新しく買ったMOBOで、下が以前のIC-BK03

だったんですが、でかいだけあって、キーピッチはBK03の17mmに対してこのMOBOは19mmと、一般的なノートPCのキーボードと同じ。

 

またなにより日本語配列で、配置もほぼほぼ一緒なのでそこら辺は助かりますね。ただ右側のキーの印字が複雑なのはなんででしょ?iOSとかUS配列向けとかなんかそういう配慮でしょうか?
あと、ファンクションキーが独立しているのは良いですね。BK-03は数字キーとファンクションキーが一緒だったので。
まぁアンドロイドで使うにはファンクションキーは関係ないんだけど。

7インチタブレットと接続してみた。

 

キーボードはメンブレン式ではなくパンタグラフ式。
パンタグラフ式はノートPCで一般的らしく、僕が以前使っていたロジクールのキーボードはメンブレン式なのですが、押し込み量が深く好みなんでしょうがあまり好きではありませんでした。なので、その後サブPCのキーボードやサクラのドクター室で使うPCのキーボードは薄型キーボードでパンタグラフ式でどうやらこっちが僕は好みなようです。(他にもメカニカル式とか静電容量方式とかあるらしいけど、よーわからん。好きな人はたまらなくコレが好きらしいですね。究極?)
同じく、キーとキーに隙間がハッキリあるアイソレーション型。

コレ、以前使っていたダイナブックが初めてだったんですが、非常に使いづらく嫌いでした。でも最近はむしろこっちの方が良い。慣れかなぁ。
件のダイナブックはバッテリーが空の状態を知らなくてノートPCだし~と電源コード引っこ抜いたら壊れました・・・。でも今も持ってはいるのでキーの大きさとかキーピッチとか調べたら主要な部分はSurfacePro5のタイプカバーと同じでした。やっぱり慣れかなぁ。

このMOBOは折りたたみで、左右の隅に足の爪?があり、蝶番?のところと4点で安定するのですが、ベッタリ安定しているわけじゃ無いので、若干の不安定感は有りますが、よっぽど長時間打ち続ける人じゃ無いならさして問題ないような感じの打鍵感でした。

 

ところで、ITmedia PC USER_にSurfaceGoとiPadのテキスト入力しやすいのはどっち?な記事がありました。

iPadは僕には関係ないのですが、
SurfaceGoのタイプカバーはキーピッチが17mmだけど、そんなことより、キーボード配列の行ごとのキーの横位置のズレが大きいんだそうだ。
通常は1/3くらいズレがあるのが、Goのは1/2近くズレがあるんだそうで。

17mmだからか?とBK-03を見てみたら、同じく1/2くらいのズレがあった。

かといって、Amazonで他のキーピッチ17mmのキーボードを見て全部が全部半ズレってわけじゃなく、1/3ズレがほとんどだった。キーボード本体の横幅を短くしようとすると半ズレになるのかな?

別にIC-BK03はキーピッチ17mmだから、半ズレだから打ちにくいワケじゃ無いです。そもそもライターさんのように物書きを職業としてない僕はそもそもそんなに気になるほど打ち込まないし・・・。

さすがに、EWINのコレは打ちやすさとかはもう論外ですが・・・

ズレどころか真っ直ぐだからね。小さいし。

 

日本語配列だけど、アンドロイドだと?不自由な配列になっているけどそれは「KCM for 日本語106/109キーボード」というアプリで対応。

ほぼ普通に使えるようになりました。

 

さっきから書いているように、そもそもそんなに折りたたみキーボードを使うことがない。
が、買ってしまったので使わないとと、無駄なあがきとも思えるのですが、サブPCにUSB接続して使うようにします。
このMOBOは無線1と無線2、USB接続の3つが出来るのです。
そして、Windowsに接続すると、ファンクションキーの有るのと無いのとでは雲泥の差なのですよ。

当初、テンキーがないのがどうだろう?と思いましたが、メインPCであるSurfaceProのタイプカバーがテンキー無いので今更・・・。それこそブルートゥースの薄型テンキーを買っていたんですが使いやしねぇ。

一応接続してみた。

 

しかしそうなると、今までサブPCで使っていたエレコムのブルートゥースキーボードが無駄になっちゃうのでそれはそれでもったいないのですが・・・。

 

ただ、最近ブルートゥースキーボードの悪癖(なんでも無線LANとか電波環境が混雑するとよく出るとか)らしい、急激なチャタリング(キーの連打現象)が気になってしまい、有線の方がいいかなぁとか思っているのです。
サクラのドクター室のキーボードもブルートゥースなのを以前の有線に戻したし・・・・。

聞くか読むか書くか

趣味は何ですか?と問われれば「旅行と写真と風呂です。」と言えるのですが、
普段仕事以外では何をやってますか?と問われると「audibleなどで何か聞くか、マンガや小説を読むか、ブログネタを書いてます」となります。

テレビも妻や子供が見ている横で何となく見ているだけだし、ガンプラ作りもほとんど手つかず(片付けが面倒だから)、音楽は聴かないし、ゲームは寝る前にちょこっとやっているけどブツ切りだから長編RPGが出来なくなりました(今自分は何のクエストやっているのか、どこを歩いているのかわかんなくなるから)。

「audibleなど」の「など」ですが、youtubeにアップロードされていることの著作権的な違法性はともかくとして。
昔のラジオドラマとかがあると聞いてますね。

中高生の頃は、リビングにあったPC-8801FHで遊ぶ以外、自分の部屋ではゲームもないしマンガも限りがあるのでラジオを聞いていましたが、一時期ラジオドラマにはまっていました。

いらすとや

僕の持っていたラジカセでは予約録音なんてできなかったのですが、サウンド夢工房「天使猫のいる部屋」はカセットテープで録音していました。当然今はそのテープは現存してないし、そもそもカセットテープを再生する機器が手元に無い。
が、youtubeにはアップロードされているんだよなぁ・・・・と思ったら今は無かった・・・無念。

とはいえ「ラジオドラマ」で検索するといろいろ出てきますね。

つーかナニコレ?

 

そういえば、シャア繋がりでいけば、当時、ラジオを点けたらなんか「シャア」とか言ってる・・・・え?
と富野由悠季の手でその後絶版された「ガイア☆ギア」のラジオドラマだったわけですよ。
ガイア☆ギアの存在しらなかったから、それを機に小説を買いました(ガンダム小説はだいたい買っていた)。
残念ながらその小説は人に貸して、その後その人と疎遠になったために手元になく、絶版のため目にすることが出来なくなりましたが・・・・ラジオドラマはまだyoutubeにアップされてあります。ありがたやありがたや。
もっとも、原作小説と、ラジオドラマは内容が少し異なるらしいです。うーむ。

 

 

ところで、つい最近、NHKの青春アドベンチャー 「タイム・リーパー」を聞きました。

1988年の銀行員の森坂は交通事故に遭い、その際に自分の潜在能力だったタイムリープ能力で30年後、2018年にタイムリープしてしまう。瀕死の重傷を負った森坂は、首から下は義体となっていた。
30年もタイムリープするというレア能力のため特殊警察(悪い方) やタイムパトロール(良い方)が彼を追う。

30年後に出会った女性と恋仲になるけど実は実の娘だったんだーとか、1988年の5年後にお前は死ぬことになっているという事実や、いろいろあるんだけどタイムパトロールの歴史を編み直すコトでなんちゃらかんちゃら。

そんなことより、2018年には首から下を全部義体にする技術なんて哀しいかなないんだよね・・・
元の小説は1998年出版らしいから、20年後でそこまで発展するとはさすがに思ってないと思うけど。そこらへんはSFか。

先の「天使猫のいる部屋」もパソコン上で擬似猫を育てるゲームで、死の概念を持たせたり、制作者のサムの行方が、そのゲームに隠されている?とかSFなんだけど、
あの当時のパソコンの演算能力では、語られているようなCGは厳しいと突っ込まざるを得ないが、まぁSFか。

 

ちなみに、昔、なんて言ったけど、NHKラジオの青春アドベンチャーは未だ放送していたことにビックリ。

探せないSEO

SEO対策ってのは素人ではどんなプラグインを使っても太刀打ち出来ないってことがわかったということと、
地域差はあるだろうけど、歯科医院において結局大事なのはリアル口コミだってこと。

ネット口コミの胡散臭さはだいぶ浸透してきているみたいですし。
SEO、MEOが意味はあまりないと思っているけど、ムダでは無いとは思いますが、最近は医療ジャーナリストという輩がSEO、MEOにやたらと金かけているところは信用ならない、と穿ったというか捻くれたというかそういう意見をしているくらいですし。

ホームページはあった方が絶対にいいと思います。

知り合いから「○○歯科医院」がいいよ、と言われて、そうか、と「○○歯科医院 地域名」で検索するとそこのホームページが出てきて、あぁこういうところか、こういうこと大事にしているんだ、とか判ることで、行くか行かないか決めるんじゃ無いかと。

ところが。

だいぶ前に、非常に金の掛かる趣味(数百万単位)に振り切ったブログの主が歯医者だと判って、しかもそれを堂々と自分のクリニックにブログとしてリンクさせている。そんな患者がソレを見てどう思われるか判ってやってるのかなぁ・・・と思っていた歯科医院のある地域をお散歩したことがあり、
数年ぶりに思い出して記憶を頼りに検索して、ブログに辿り着き、そこに書いてある「クリニック名」で検索すると・・・・

出てこない。

・・・・潰れた? ブログは1年前で止まってるし・・・?

と思ったら、割と下の方にそこのホームページを発見。

クリニック名で直接検索したのに?

では、その公式HPより前の検索結果はというと、EPARK歯科だったり、病院なび、SCUEL、歯科タウン、Yahoo!口コだったりと医院検索ポータルサイト。

公式HPよりポータルサイトが上に来てどうすんだよ!

コレが大手のなりふり構わないSEOの力・・・!!!

素人SEOは意味が全くないですね・・・。

溶岩焼肉 フジビーフ 武蔵小金井

チラシが入っていたので、何となく6月23日日曜日に、22日オープンしたばかりの「溶岩焼肉フジビーフ」に家族で行きました。
実は別にココを最初から目的としていたわけではなく、その近辺の「串カツ田中」かその2階にある「焼肉マウンテンファイブ(4月16日オープン)」か、それともここか、という程度。

日曜日の19時台とはいえオープン2日目の割に並んでないなぁ・・・と一抹の不安がありつつもせっかくなので入店。

 

元々この場所には「全力屋(ぜんりきや)」がありました。
なので、グーグルで「フジビーフ」で検索しても何故かグーグルの口コミや写真はまだまだ「全力屋」の口コミや画像です。
グーグル先生、どういう仕組みなん?
流石に2日で口コミ90件ってステマも酷すぎだろと思ったら、刺身がなんだと出てくるから、あぁ全力屋のままか、とわかった次第です。が、これじゃ正しい口コミにはならないよね??

さて、店内は明るく、個室の場所は全力屋とあまり変わらず、通された個室は最後に家族で全力屋に行った時に通された場所でした。

ただし、小さい庭が設えてあったのが、キッズコーナーになっており、黒板で三女と二女は何か書いて遊んでいました。

焼肉屋というとテーブルの真ん中にくりぬかれた無煙ロースターがあるとか、上にでかい排煙ダクトがあったりですが、何もない。

なんでも富士山の溶岩プレートを使っているから気孔に入り込み煙が少ない仕組み・・・だとか。

 

焼くと煙は出たけど、少なかった・・・かな?
排気を消した焼肉だとどのくらい煙るのかよくわかんない。

 

メニューは肉のラインナップは少なめ。いろいろわちゃわちゃ頼みたいじゃん。と思ったけれど・・・・

和牛カルビ3人前分

黒豚バラ(2人前?)

牛タン(US)1人前

肉が基本的に旨い!
カルビも牛タンも安いグレードだったのに。

肉がいいのか溶岩プレートがいいのか、どっちだ? どっちもか?

 

それにしても、溶岩プレートに肉を置いて、ひっくり返すときにベタァっとくっつくのかと思いきやほとんどくっつかず。不思議でした。

店員さんが最初に牛脂を軽く塗っていましたが、さらっと、です。うーん、不思議。

 

そして油はどこへ行くのか・・・?プレートに染みこんでるまま?

こうも煙が出ない、油が落ちない、肉は旨くなる、って便利グッズなら溶岩プレート一枚欲しくなりますね。

高いのかな?
ニトリの珪藻土バスマットを加工して似たようなのできないかな?

 

肉以外に、サラダや冷麺、豚トロ竜田揚げ、牛すじオムレツ(絶品でした)、石焼きガーリックライス、石焼きビビンバなどを頼みました。食べ過ぎた・・・

    

 

6月30日までカルビ半額ということだったけど、頼みすぎたこともあるけどやはり金額は少々高め(和牛カルビ800円。ちなみに牛角カルビは590円で佐賀牛一頭買いの牛兵衛 草庵は1350円)。が、やはり牛角や牛繁などより旨いので、差別化できているような?
でも、2か月早くオープンした先のマウンテンファイブはどうなんだろう?

あと、この価格帯でこの旨さは納得だけども、納得できるからと言ってほいほい通えないし、さて小金井の住民的には長く受け入れられるかどうか。

あ、でも、お客としてはどうかと思うけど、牛すじオムレツ(580円)とライス(中250円)だけで一食分充分かなという感じ。

中古美品ってやつ

自分の部屋の掃除をしました。

僕はモノをため込む癖があります。僕はよく部屋を散らかすけど、片付けられる人です。その代わり捨てない人でもあります。
学生時代は押し入れにテトリスのようにため込み、引っ越しの際に業者の人に「一人暮らしの荷物じゃ無い」と溜め息つかれました。

その頃に比べると長年肥やしとなっているだけのモノは処分するようにはなっているのですが、やっぱり貧乏性なのか「いつか使うかも」で残してしまっています。
この血脈は長女に受け継がれています。机が汚い・・・。

 

そんな「いつか使う」ってことも皆無な外箱までため込んでいたりしていました。
メインPCであるSurfacePro5の箱はまだしも、そのタイプカバーの箱とか、はては先日書いた2000円の中華製片耳イヤホンの箱まで。

箱を残す、というのはいつか売るかも、という意識からなのですが2000円の中華イヤホンが売れる、と?

というわけで、取説などは紙袋に詰め込んで、ため込んだ外箱を一斉処分しました。
ただし、現在のメインデジカメのRX100M6とオリンパスPEN-Fの外箱除く。

そして代わりにクローゼットから出てきて捨てるに捨てられないデジカメが二つ。

コニカミノルタのDiMAGE Z2(2004年発売)、サンヨーのXacti C6(2005年発売)

それぞれ中古だけど全て揃った超美品。16MBのSDカードから製品登録のハガキ、開けてもいないストラップやケーブル類まで。

    

 

    

 

 

売れるのか?
とはいえ、ここまでキチンと揃えているとさすがに捨てられない。かといってどこの売ると?

と、ヤフオクを覗いてみたらZ2は取説だけで500円と誰が欲しいのかさっぱりわからん出品があったけど、Xacti C6は結構出品があって1万から3万(未開封品)くらいまで。

かといって、こんな今時HD画質でも無い、よっぽどスマホの方が良く写るご時世に、誰が買うのコレ?
コレクターズアイテム???

Z2は乾電池駆動なので多分動くだろうけど、C6はどうだろう? 完動品なのか試す気も起きない。
が、とりあえずまたクローゼットに大切にしまい込んでおくので、もし欲しいという方がいたらメールでも下さい。応相談ってヤツで。

委員終了(ほぼ)

一応8月いっぱいまでの僕の一つの役職は「日本大学歯学部同窓会東京都支部連合会保険委員」となっています。

が、先日の会議で一応終了。

本当は?「保険審査委員」に格上げの予定でした。

 

医科でも歯科でも薬科でも、国民皆保険のもと、社会保険(健康保険)と国民健康保険があり、それら保険料を納めることにより保険医療機関で自己負担が3割だったり2割だったり1割だったり(なかには0割だったり)します。

なので僕ら医療機関は自己負担分を窓口でいただき、残りは診療報酬明細書(レセプト)というモノをそれぞれの機関に提出して報酬の残りをいただくわけです。

しかし、間違って記載したり記入したり勘違いしたりで、誤った請求をする場合が往々にしてあります。
それを審査して、間違ってるよと返してきたり、コレダメに決まっとるでしょと差っ引かれたりする部門がいくつかあるようです。

その一つが保険審査委員ってヤツらしいのですが、僕はその手前で終わったのでどういう内容になるのか、どういうことをやっているのか、よくわかりません。また仮に詳しく知っていたとしても守秘義務っぽいのがあるのでどうやら書けないようです。
簡単な流れは社会保険診療報酬支払基金のページに書いてありました。

 

ただ、他大学の同じ先生方もですが、保険審査委員をやられている先生方は、本来多くが開業して自分ところの診療所を開いて診療しているのに、その審査をやっている期間中(1週間近く)は少なくとも半日仕事を休んで審査をされています。
親と一緒にとか夫婦でやってるとか他に勤務医の先生がいるとかだったら閉めなくてもいいでしょうけど、閉めてる先生も多くいます。閉めようと閉めまいと減収のはずです。

なのに審査をやってくれている。しかも審査すると言うことは保険請求のスペシャリストですよ。専用の解釈本なんて文字小さいくせにすげぇ分厚いですよ。
保険講習会を開くための会議に参加していて、彼らの言っている内容が細かすぎて、更にその細かさに細かさで返答しあっているのを見ていて呆然としました。

そんな先生方のおかげで僕ら保険医療機関はいるので、そんな仲間になれなかった寂しさと、実際クリニックを閉めてしまうと患者のことを考えるととてもじゃないけど・・・と、審査委員にならずに済んだ安堵と複雑な気分ではあります。

・・・・安堵が9割かな・・・。

 

保険審査委員にならなかったのは、のらりくらりと躱していたこととか周囲からのしがらみがほとんどなかったからです。決して、以前に間違って重要なイベントを休んでしまったことがあるから・・・・ではない、はず。たぶん。

 

ただ、僕もよくわからないままだったけど、そういう人たちがいるんだよ、とNHKのドキュメント72時間とかでやってくれないかなぁとか思ってしまいます。モザイクだらけなんじゃないかなって気がしますが。

10円玉が減っている

僕は開業前まで100円未満貯金をしていました。とてもじゃないけど500円貯金なんて出来ません。

その100円未満貯金は、開業時に大いに役に立ちました。
10円玉や50円玉の釣り銭用に。

そのおつりとしての10円玉はその日その日では上下しますが、他の硬貨と違い基本的に増えていきました。貯まりすぎて銀行に貯金するくらいに。
ただし2年前くらいまでは。

だんだん、10円玉が減っていって、このペースだと来年あたりは銀行で10円玉を両替して手元に蓄える必要が出てきそう。

何故だ?

 

理由がわからない。
わからないなりに考えたのが、キャッシュレスの普及?
QRペイは最近だからともかくとして、Suicaなどの交通系電子マネーやiD、小銭レベルはそういうキャッシュレスで済ませてしまうと、財布に小銭が増えない。
また、雑誌は月額制電子書籍、本も電子書籍でカード決済。だから小銭が動かない。

サクラ歯科医院は保険診療はカード決済してないし、Suicaなども未対応。
すると、小銭の無い患者さんはお札で支払う。こちらは小銭を払う。

だから、10円玉が減っていく。

 

というのは筋が通っているだろうか?

無い頭で考えるとそれくらいしか考えつかない。

さて真相は・・・?