11月7日は午後5時までの診療となります

11月7日(木)は院長は午前中の診療、副院長は17時までの診療となるため、
サクラ歯科医院自体は17時で休診致します。ご了承下さい。

 

なぜかというと・・・

こういう葉書が来ました。

指定更新時集団指導(講習会)

 

この葉書が来たとき「ドキッ」としました。
おかしい・・・・なにもやらかしてないはずだぞ?

気になって歯科医師会の上の先生に問い合わせたり、直接この関東信越厚生局に電話してみたり、Facebookにあげてみて知り合いの話を聞こうとしたり。

「集団指導」という文言を見ると最初に「集団的個別指導」が浮かびます。
これは、保険医療機関が提出する診療報酬明細書(レセプト)における1件(人)当たりの平均点数が他の平均より妙に高い場合に指導が入ります。これが「集団的個別指導」らしく、これは出席しないといけないそうです。

この指導により改善が見られなかったり、その集団的個別指導を欠席した場合、また、そういうのとは別に不正が疑われる場合、今度はもっと厳しい「個別指導」というのになるらしい。

らしい、というのは僕はそういう指導を一度も受けたことがないのでよくわからないのです。

 

そしてよくわからないからこそ、この「指定更新時講習会(集団指導)」に勝手に戦いてしまったわけです。

が、上の先生も厚生局の方も、当然と言えば当然だけど歯切れの悪い返答でして。

「欠席したからと言って罰則はないし、集団的個別指導と異なり個別指導に発展することもないけど、出来るだけ出席して欲しい」

でした。そりゃま、そう言わざるをえんよね。
Facebook上でもみんな似たり寄ったりで正直言うと、どうでもいいなら欠席したい。けど、何があるかわからないから出席しないといけないような・・・という感じ。
(講習会の内容が有益なのかどうかが何せ初めてなのでさっぱりわからないのですよ)
場所(地域)によっては「出席しないと殺される」というコメントも・・・。

 

というわけで、目に見えない縛りのようなモノを担保にされた感じで出席します。

健康講演会

10月30日は、以前より言っていた健康講演会で「お口でのばす健康寿命」というタイトルで市民向け講演を行いました。

いわゆるオーラルフレイル、つまり「お口の虚弱」が、全身のフレイル(虚弱)に繋がるよ、だから口周囲の衰えを感じたら改善していきましょー。
という内容です。

久々にパワーポイントをパワーポイントらしく使ってみたんですが、久々すぎて非常にシンプルな使い方しか出来ず、変にアニメーション的に入り込んでくるとか動くとかそういうのはやり方すらわからず、特に使う意味も無いかなとそもそも使わず。

そして、上の先生から、準備されているプロジェクターは光量がないから変に格好付けてバックを紺色にして文字を白くしたら見えづらくなった、と言われたため、
白地に黒文字、フォントも大きく、なるだけ画像を使用して。と素っ気ない素人風味丸出しのスライドを作ったわけです。

 

そして、当日。

前に書いたように、つい買ってしまったVAMVO S1+GPDMicroPC+ANKERキューブ型ワイヤレススピーカーというミニマムセットで望んだのですが・・・

古いプロジェクターといえど、VAMVOS1と大して変わらず・・・むしろこっちの方が光量少ない・・・・。
そして古いプロジェクターはRGB端子のため、変換コネクタ持ってない僕はGPDとも接続できず・・・・
結局あっちが用意してくれた、その古いプロジェクターと、大きめのノートパソコンに、USBメモリに入れておいたデータで講演することに。
せめて、動画を流すからスピーカーは!と思ったが、用意されたノートパソコンはブルートゥースがなかったので繋げられず・・・。
結局動画の音声は、ノーパソの小さいスピーカー口にマイクを押し当てるという原始的な方法となりました・・・。

 

1時間半の持ち時間で1時間講演、30分質疑応答。
家で練習したときは40分くらいで話し終わったので、1時間もたないな、と思ったら、なんとピッタリ1時間。あらやだ、なんかオレ出来る人っぽい。

 

・・・なーんて、机には意味をなしてないモバイルプロジェクターとUMPCが転がっている時点で出来てない人なんだけど。

 

昼からのこの講演会に先立ち、午前中に歯科医師会の事務所に寄って、来場者に渡す資料を20部コピーして貰った。
「市の健康課から18名予約が入っているらしいんだけど、どうなの?」って聞いたら、
来場者が多い方、だそうです。

・・・いや最大予約数50名なんだけど・・・・18名、多いんだ。最大50名って何?

で、結局、一人キャンセルで17名の予約、実際に来場された方は11名でした。はっはっは。

 

というわけで、この数週間、ちまちまとオーラルフレイルについて勉強してきたのに11名しか聞いてないとか寂しすぎるので、
何となく当ブログでも久々に歯科医院のブログらしく、次からしばらく頭の良さそうな文章を書いてみようと思います。

 

続く。

 

ただ、そのまま頭の良さそうな文章を書くと僕がつまらないのでテキトウに毒をちりばめようかと。

PC入れ替えと・・・

そういえば、と少し昔の話と、最近の話なのですが。

以前、家のデスクトップパソコンを買い換えたASUSのVC65ですが、それとだいたい同等(corei-5、8GBのRAM、意味の無い大容量1TBのHDD)のパソコンをサクラ歯科医院用で3台購入しました。

今までのPCがWindows7機で、一応2020年1月でサポートが切れるからです。OSだけアップグレードするのも手でしたが、現在のレセコン(カルテコンピュータ)の推奨スペックを下回っていたことと、CPUが4世代前(5世代前だったかも)ということもあり、Win10にする際にPCを新しくしよう、と。

サクラのPCは、サーバー機、受付機、ドクター機×2、スタッフ閲覧用の5台体制。
スタッフ閲覧用は、スタッフルームで見るだけなのでスペック的には低くてもOKだから、旧ノートPCをアップグレードしました。

ちなみにいうと、Win10をちゃんと購入したけど、実はWin7のライセンスがあれば今でも無料で10にアップグレード出来ます。今更PCを自作するつもりもないので購入したWin10が勿体ない・・・

 

サーバー機と受付機、ドクター機の1台の計3台を新しくしました。

そして、すでに1年9か月前に増やしたWin10になっているもう一台のドクター機、SurfaceLaptopですが・・・

気がついたらピタッと蓋が閉まらなくなっていて・・・

 

どうやらバッテリーが妊娠(膨張)したらしい。
それに伴いなのかはっきりわからないけど、性能が著しく低下していて、

やむなく買い換えることに。

バッテリーだけ交換という手もあったんだけど、公式で交換するとかなり高くつくらしいということと、交換したからと言って性能が戻る保証もないわけで。

折からSurfaceシリーズが新しくなり、SurfaceLaptop3が出るためLaptop2がだいぶ値下がりしたのです。ヨドバシポイントも普段の1%還元(アップルとマイクロソフトは基本10%じゃなくて1%)が、10%還元だったし。

ということで、新しくしました。

 

古い方のキーボードは、

新しい方のキーボードは、

二つを比べると膨張とそれに伴いキーボードも歪んでいることがハッキリわかります。

バッテリーの膨張に出会うことは一定割合で仕方が無いことらしいけど、初めて。

しかもLaptop2にしたことでお払い箱になったLaptopは未だ使えることは使えるけど、膨張が爆発になったらお手々がヤバいことになったらお仕事的にマズイので、使うに使えない。
勿体ないから取っているけど結局処分しかないかなぁ。

ナチュラル~

自然派とか、天然成分とか、無添加とか、化学調味料不使用とか、
食材はもとより石けんやシャンプー、歯磨剤などにも自然や天然にこだわる人たちって歯科治療に行けるんだろうか?

 

歯科治療には自然治癒なんてほとんどなくて、あえて言えば顎関節治療や、歯周病治療がぎりぎり自然治癒かしら。
なんていうと初期う蝕は再石灰化で自然治癒する、と言う人もいるんだろうけど、それは歯科治療以前だしね。

麻酔がそもそも添加物だらけの不自然だし、虫歯を削った後のコンポジットレジンも、メタルも、セラミックも、自然からはほど遠い。

変にこだわりすぎる人たちって生きづらいよなぁと思います。
何事もほどほどですよ・・・。

小さな大画面

バカかなぁ・・・

なんか理由をつけたかっただけなんだろうね。

来週、健康講演会を行うのですが、話によると用意されるプロジェクターが古くてRGB端子だったり全く明るさが足りないのだという。

ので。

買ってしまった。

 

そもそも自腹を切る必要性なぞ全くもって無くて、単に買ってみたかった理由を付けたかっただけなんでしょう。
たとえば僕が大画面で映画を観たいとかプロジェクターを他に活用する明確な目的があればまだしも、映画はほとんど観ないし、家のテレビはそもそも26インチと今となっては小さい部類。それでなんら問題ない。

そんな僕が今回の健康講演会以外にプロジェクターを使う何かがない。のに、買ってしまった。
でも、そんなレベルなので高価なのはさすがに手がだせず、
でも、小型で、サクラチェッカーに引っかからない商品で・・・・・で、選んだのがコレ。

VAMVO S1

  

明るさはそこそこ、台形補正はなし、ただし小型。非常に小型。
他に有名なANKERとかのもあったけど、アレらはandroidを内蔵しているとか性能もよいのか高い。
次点でASUSのプロジェクターも悩んだけど、やっぱり他に使うことが思い浮かばないのに3万近くは出せない。

いや、そもそも2万すら出す理由が本来無いんだけども。

 

まぁでも、実際にセットしてみると、悪くない。

  

なんかすごく暗い感じにしないと見えないように写真では見えるのですが、勝手にカメラが補正しただけで、実際はそこまで暗い環境ではありません。明るいわけでは決して無いけど。

 

なにせ出力のPCはGPDMicroPCで、音声は少々古くラインナップにはなくなってしまったキューブ型の小型スピーカーと、非常にコンパクトにプロジェクター環境を整えられたわけです。

小さいバッグで充分。
マイプロジェクターは初めてだけど、初めてだったらコレはコレであり。
ただ、やはり台形補正は欲しかったかもしれない。

 

まぁ、もったいないので、たとえば寝室の天井にプロジェクターを向けてAmazonPrimeビデオでも観るとか何かしら活用しようとは思う。

 

ちなみに。
中華製なのですが、日本語取説入っています。が、翻訳なので誤翻訳はご愛敬

やっと腰が。

8月に痛くなった腰痛で、9月中旬整形外科に行ってX線写真撮って骨問題なしで湿布もらって、一向に痛みが引かず、腹筋だけで起き上がることも出来ず、寝返りも辛く、仕事はなんとか出来ていたけど何かの形でビシーッっと痛くなって、痛みが治まるまで身体が固まって、が続き、
10月に入って接骨院に行き、施術を週4日でやってもらい、

やっと、

やっと、3週間経過して腹筋だけで起き上がることが出来るようになりました。動きもスムーズ。
もっとも、完調したワケでは無く、前に戻った、という程度でやはり背中を伸びするとそれなりに腰痛って感じは残っているんですけどね。

いやもう接骨院の先生には感謝ですよ。

とはいえ、腰が重症だったから後回しにしていた肩周りを昨日から施術開始。
まだまだお世話になることになるし、ちゃんと寝る前にストレッチを欠かさないようにしないと。

 

ところで、患者さんで自分の顎関節症を息子さんの施術のついでにゴッドハンド整体師に診て貰った方がいて、
適切な顎関節の位置と咬み合わせの位置がずれているとのこと。本来はその正しい位置で矯正治療をした方がいいと言われたそうで、施術後の位置を見せて貰ったら結構咬んでいる位置と違うんですよね。(一応その適切であろう顎の位置でスプリントを作製しました)

僕も、上下咬み合わせた時の顎の位置と、顎にとって楽な位置が違います。だからそれが顎関節症を引き起こしているのはよくわかります。

 

で、先日書いたようにこういう整体と顎関節症治療は上手いこと活かせないかと、参考にそのゴッドハンドの施術を聞いたら、

「足の裏から診て施術して、ふくらはぎをすごく痛くされて、腰に進んで、首と上の方へ施術していった」

あ、僕には無理だ。
それこそ、柔整師の勉強をしないと理解の範囲外。

 

しかし、他の柔整師の人に聞いたのが、柔整師の学校では結構歯科医師が授業に参加しているとのことで、僕はとてもそんな時間は無いけど、顎関節とか咬み合わせとかで行き詰まるとこっちの方に向かうのかなぁ。
授業を受けたい気持ちはあるのですが・・・・自分の身体のメンテも含めてね。

フリースタイル

ウチのスタッフが、友人の出産の見舞いに行ったらそこの病院に「『当院ではフリースタイル分娩は行っておりません』て張り紙があった」と言って副院長含め他のスタッフが「ナニソレ?」となり、副院長が検索してみんなで爆笑していた。
ということを、違うことをしていた僕は遠くで気配で聞いていた。

 

フリースタイル分娩(出産)は、アクティブ・バースと同じなのかアクティブ・バースの一カテゴリなのかよくわからなかったけど、妊婦さん・子供主体の自由な体勢での分娩で、欧米を中心に浸透しつつあるんだってさ。どっかでは欧米は帝王切開が主流って聞いたんだけど。
一応、フリースタイル分娩のメリットの文献はあるらしく、ただ、画像を見るとまさに「ナニコレ」なスタイルが多く、病院の導入へのハードルには助産技術の不安とか医師の否定とかあるみたい。

http://rebornshop.cart.fc2.com/ca6/57/より

 

なんか四十八手みたいでアレだけど、体勢の中にはツッコミどころしかないスタイルもあり、でもイキみやすいスタイルが選べるのはいいのかなぁ。
一生体験することがないのでよくわかんないけど。

ただ、仰向けM字開脚は医療者側には都合が良いスタイルだよねとは思う。

しかし、何時間かかるかわからん場合もあるのに、旦那がずっと抱えたりするのはなんか辛そう。
産みの苦しみの共有になるのかしら?

 

フリースタイル分娩が母子ともに楽だよ、という意見には「なるほどね」と思うのですが、
フリースタイル分娩を、人間が本来持っている産む力を引き出すとか、自然に産む自然分娩、とか書かれているのを読むと、
「こうやって、『だから帝王切開は~』とかマウント取ったりする人出てくるんだろうなぁ・・・・」
と思ってしまいます。

 

ちなみに、フリースタイルってあるんだから、エクストリーム出産ってあんじゃないの?と検索したら、ツイッター上のハッシュタグに「#エクストリーム出産」があったけど、ツイート見ても全然わからん。
「エクストリーム 分娩」で検索したら、自然派出産を礼賛するドキュメンタリー映画「プルミエール」とかいうのの解説があり、どん引き。

即位礼正殿の儀

22日はカレンダーは黒字なのに即位礼正殿の儀とあり、祝日でした。

NHKで中継を見ていて、天皇陛下が昇る玉座「高御座」を「たかみくら」と読むことを知って、
あぁこういうことは訓読み(和語)なのか。と勝手に得心していたら、皇后陛下の昇る御座が「御帳台」は「おはりだい」とか言うのかと思ったら「みちょうだい」と音読みだったので、ありゃ?と思った次第。

考えてみたら「そくいれいせいでんのぎ」も音読みでした。

そんな高御座と御帳台ですが、帳がおりてまたあがったら中身が入れ替わってた!とか引田天功の脱出!とか頭の悪いことを考えていたのですが・・・。

 

それはそれとして。

令和と元号が変わったり、即位礼正殿の儀とか、そういうコトに際しての総理大臣が良くも悪くも長期安定政権である安倍首相で良かったというか。

これがたまたま羽田首相(在位期間64日)や宇野首相(在位期間69日)レベルがたまたまやることになったら歴史の教科書的にどうしよう・・・・という気持ちになってしまいますね。
令和の改元の時(5月1日)と即位礼正殿の儀(10月22日)の時の首相が違うとか面倒でしょうがない。

 

また、朝から雨だったのが式典の際は雨がやみ、あまつさえ虹までかかり、果ては富士山まで顔を出しわざわざ平年の22日遅れの初冠雪とか、出来すぎの自然現象が、
神器の一つ、天叢雲剣(草薙剣とも)や皇室の祖先が天照大神だったりと相まってたくさんの中二病患者を生み出したワケですが、
誰が言ったのか、昭和天皇の即位の際も晴れたりとか晴れ男なので天皇晴れとか、エンペラーウェザーとか言われたそうですね。ツイッターでもトレンド入りしているし。
エンペラーウェザーとかももろ中二病ですよね・・・。

ここら辺は、さすがにそうだとしてもその前に台風被害が大きかったので素直にはしゃげませんが・・・。

スポーツ

ラグビーワールドカップ、日本が史上初のベスト8。
昨日の南アフリカ戦は残念でしたね。

とかいって、実は全く見ていません。
大学時代の友人と4人で飲んでいました。

  

 

で、思ったのが、僕はスポーツ全般、全然興味がわいてない。東京オリンピックも興味がありません。
見たら見たで楽しめてるんですが、先日、ちょうど対スコットランド戦の生中継でやっていて妻も子供も、特に最後のスコットランドの追い上げではワーキャー騒がしかったのに、僕はそのリビング隣の子供のベッドでごろごろしていました。

ラグビーに限らず、サッカーも野球もバレーもテニスも卓球もゴルフも、過去にはK-1など格闘技ブームだった頃も、マンガのスポーツものは(マンガとして面白ければ)好きなんだけど、テレビでは特にわざわざ積極的に見ようと思わない。
別に今まで運動全般をやってこなかったわけでもありません。得意ではなかったけど。
そういえばゲームでもスポーツものはほとんどやってこなかった。なんでだろう?

妻からは「あなたは天邪鬼だからみんなが熱狂していると反発してるんじゃない?」なんて言われ僕もそうかな?とも思いましたが、どうもそうではないみたい。

なんかここまで関心がないと何か心に欠陥でもあるんじゃないかと自分自身疑ってしまいますね。

 

ただし、サッカーに関してだけは興味がわかない理由は一つあります。
たぶん、マンガのせいです。キャプテン翼のようなトンデモサッカーではなく比較的リアル志向のサッカーマンガでも、マンガ内の日本の県下レベルの高校生が、現実のヨーロッパサッカー強豪国のレギュラー選手並の技量を持ってるのに・・・、というマンガ脳のせいじゃないかと。

・・・違うか。

人権啓発ポスター

よくわからないけれど、都の人権啓発ポスターを都内4つの小学校に依頼?して作成してもらったらしく、そのうちの一人に長女が選ばれました。

 

だいぶ前にどういうこと描いたらいい?と質問を受け、「人権ねぇ・・・」と思いながらアドバイスをしたのですが、
長女は絵を描くことが好きなので、なんか面倒くさがりながらもちゃんと描き、結果選ばれたようです。
1校15名(枚)

その表彰式??完成式典??が先日あって、参加は自由だったようですが、こういうことはそうそう経験ないだろうからと、都庁横の都議会議事堂に家族で行きました。

 

それにしても、なぜにこの4校?そしてなぜに小金井第一小学校が?

 

そして式典前のビデオでは、人権に関する啓発ビデオとして、二つが例にされていました。

一つは、オリンピック、パラリンピックの歴史は人権の歴史というお題。
最初は男子だけだったのが女子も出られるようになった、オーストラリアでの開催では先住民族のアボリジニの紹介、パラリンピックの開催、難民からの参加、という人権の歴史。

もう一つは、北朝鮮の拉致被害者という、北朝鮮による人権を踏みにじられた被害者がいるという事実。

 

えらいさんの紹介により始まり(次女は期待していたけど、当然のように都知事はいませんでした)、
それから、4つの小学校、そして各校の代表(当然小学生)による説明。第一小学校の代表だけがノー原稿で説明をするという、しかも一回もとちることもなく。すげぇ。

   

そして閉会し、各校の写真撮影。(着ぐるみは、やなせたかし氏デザイン)

外に各ポスターが貼られていました。そして各校の人権への取り組みの紹介とか。

もともと実は3つのテーマが与えられていて
1:世界中の人々とともに生きるために
2:困っている人を見かけたら
3:インターネットを正しく使うために

というテーマから一つ選んでポスターを作成するらしかったのですが、長女曰く「何も言われてないよ」(本当かな?)だったので、長女のポスターはその3つのテーマに沿っていません。

だから?
多くは世界中の人たちと握手、的なポスターで、あとはSNSで人を傷つけることもあるから言葉は考えよう、的なポスター、いじめ、差別、そういうことをなくそう、的なポスターがある中、60枚中長女のを含めた3枚だけが、障害者が入ったポスターです。
そこら辺は僕は長女を褒めてやりたい。
ただ、長女のはテーマに沿ってないけど。

しかし、たくさんあった世界中の人たちと仲良く的なポスターで一枚だけ、世界規模を超えて宇宙規模だったスケールのでかさには驚きました。

これらポスターは、その4つの学校があるそれぞれの沿線の電車内の窓上広告に11月から掲示されます。

 

 

ところで、僕が最初「人権かぁ・・・」と思ったのは、人権そのものはよいのですが、ソレを本来の理念から離れて飯の種にしている方々が一定数いるのに少々嫌悪感を抱いているからですが、
もう一つ。
人権、人間として生きる上での普遍的な権利。
権利の対義語は義務。
対義語であるならば、その言葉の価値は同等。
そして義務とは、法律上または道徳上、人や団体がしなくてはならない、また、してはならないこと。

ならば、人権と同等のレベルで人義(じんぎ)があるべきと思うのですが、そんな言葉は基本的にはないようです。コレにちょろっと書かれていたくらい。

ちなみに、「義」は儒教にある五徳の「仁」「義」「礼」「智」「信」の一つであり、それによる「義」は「正しい行いを守ること」「心や行状が正しいこと」
この五徳の「義」の対立語が「利」であることから、権利の対義語としての義務の義はこれでいいと思う。
他に「義人」という言葉があったので、これか?と思ったらこれはキリスト教での概念らしく、このキリスト教における「義」の対立概念は「罪」らしいので違うなと。

なので、人権ばかり言われて本来同等レベルで語られる必要のある人義(?)がないのがちょいと不満。もしくはそれは道徳?

 

・・・・なーんてこねくり回していたら、「人権」の対立語(対義語ではない)はどうやら「国家権力」みたい。歴史的にみたらそりゃそーだ。そりゃ人義なんて言葉がないはずだ。なるほどねぇ。