3月4日(木)午後、3月5日(金)の全日を休診いたします

急ではありますが3月4日(木)を午後から、5日(金)は全日、休診いたします。

身内に不幸があったためです。そのため電話対応もほぼできません。患者様にはご迷惑をおかけしますがご了承ください。

 

今回、「休診」という単語を用いました。診療を休む、なので今後もこの単語を使うはずなのですが、以前は「閉院」なんて単語を使ってしまっていました。
これじゃ店じまいのようです。いかんいかん。

クリニックを開けない、だから閉める、で間違いないはずなのですが、なんだか二度と開かないみたいです。

かといって、院を休むからと「休院」というのもなんか変な感じ。吸引?

 

どっちが正しいんだ?と思って「休診」とか「休院」とかで検索したら、以前より体調不良で時折急に休んでいた院長が長期療養のため閉院に向かう休診というアナウンスがあった歯科医院が検索されたり、コロナで休院していたけど再開の目処が立たず閉院しますというアナウンスの歯科医院が出てきたりと、見なきゃ良かったと切なくなった・・・。

本日は休日応急診療日

本日2月7日(日)は、小金井歯科医師会所属・サクラ歯科医院の休日応急診療担当日です。

9時から12時、13時から17時まで診療しています。予約制ではありません。来た者順です。

 

・・・・とはいえ。
サクラ歯科医院の半径200mに日曜日に診療している歯科医院は4院あります。300mにすると5院です。僕が開院した14年前では駅北口の1院だけでした。
休日診療は、ほとんど全ての歯科医院が日曜日はお休みしていたから故の制度なので、今となっては・・・?

と、個人的には思うのだけれども案外と市報とかでか休日応急診療を確認して電話・来院されます。昔より数は間違いなく減っていますが。

 

休日診療のスタイルは自治体によりおよそ2つのやり方があり、1つは各歯科医院で持ち回りで自院を開けるスタイル。これは小金井市がそうです。
もう1つが自治体が所有する?休日用の診療施設を開けて、持ち回りで請け負った歯科医師や衛生士がそこへ赴き診療するスタイル。ウチのインプラント医の高坂がいる板橋区はそのスタイルらしい。

どっちがいいかっていうと先生それぞれでしょうが僕は圧倒的に自院を開けるスタイルがいいと思っています。
今日なんてレセプト処理をしたり、たまった技工物と言う名の宿題をやったり、とっちらかっちゃった書類やファイル整理をやったりと自分時間が得られます。なんだったらガンプラとか作れちゃう。作らないけど。
しかも診療時も使い慣れたユニット、器具、配置なのですから。
難点と言えば急患で来られる患者さんの数も少ないので、年末年始とかじゃないならスタッフを呼ばないでやるいわゆるワンオペ診療なので受付から片付けまで自分でやらないといけないのが、ね。
もっともそれが嫌ならスタッフにお手当出して呼べば良いのです。

 

とりあえずウチのような駅チカの歯科医院はご近所に日曜もやってる歯科医院がいるから最近では意義が薄いと思うのですが、近くにそういう歯科医院がないエリアでの休日応急診療は患者さんからしたら助かるのかな。
じゃあってんで駅チカの歯科医院は日曜の担当は外れて、年末年始とかGWとか祝日ばっかりに当てられたらそれはそれで困る。

年末年始は、ほぼ全員が急患で20~30人が予約なしで来るとかかなりしんどいし、スタッフもフルの体制をとらないといけないし、なにより年末年始は自分が休みたいです。

過去13年で12月30日と12月31日を担当したけど、今年は7月18日(日)と来年の1月23日(日)がもう決定しているから安心?だけど、どのタイミングでお正月とかになるのかなぁ・・・

マスク

去年のコロナ禍第一波のころは、マスクをしてない人達に対して正義と不安と不満の鉄槌をくだすマスク警察がいましたが、最近の不織布マスクが普通に流通するようになって、このコロナ禍第三波では不織布マスク以外のマスクに対しての不織布マスク警察とアップグレードしたらしいです。

マスクには自分がコロナ陽性者だった場合の攻撃力を減少する役目と、近くで会話する人がコロナ陽性者だった場合の攻撃からの防御力を高める役目があるわけです。
その上で、市販のマスクで攻撃力を下げ防御力を上げるマスクは不織布マスクで、次に布マスク、あまり当てにならないのがウレタンマスク、となっています。
論外なのはフェイスシールドだけとかマウスシールドだけとか。

豊橋技術科学大学のプレリリースより

 

だから、ウレタンマスクを攻撃する不織布マスク警察が推参するということらしい。

ということを少し前のTBSの朝の情報番組「グッとラック!」でやっていました。

もっともその特集のすぐ後ではどこかの店での紹介で取材者がマウスシールドをしていたのにはガッカリを通り越して呆れてしまいましたが。

 

そんな不織布マスクですが、そうはいっても鼻出しマスクや顎マスクをしていたら意味がないよね、という話題もあって。
鼻出しマスクは息苦しいからとか眼鏡が曇るからとかの言い訳があります。

僕も眼鏡なのでマスクで曇るのはよくわかります。特に夜に自宅へ帰る時は曇りまくりで前が見えないので、どうせ周囲に人がいないしとマスクをずらしています。
周囲に人がいなければ攻撃力も防御力も関係ないので。

 

で。

鼻出しマスクが正式名称?だと思いますが、最近見ていると「鼻マスク」と称されるケースもあるようで。
顎マスクは顎にかけているからわかりますが、鼻マスクだと鼻にかけているマスクになるし?
とネットで「鼻マスク」と検索したら・・・

 

マジで鼻にマスクをかけるマスクが!!!

 

更にコレのニューバージョンが!

 

豚コスプレでは?

 

花粉症とかに対して、らしいが・・・・恥ずかしがらないで未来の先駆者になろう、これが未来のマスクのスタンダードだ!って言っているけど・・・。

 

一人旅がしたい

ホームページをリニューアル後、だいたい3年前はほぼ毎日ブログ更新していましたが、それが週2回くらいに減り、最近は週1回です。

さすがにほぼ毎日というのはアホか、という部分もあるのですが、それが週2回に減ったのは単にネタが減ったからです。

しかしここのところの週1回はネタが減ったというのも大きいのですが、やはり新型コロナの影響で生活の起伏が乏しくなったというのも大きいです。季節感がない。
(実は気をつけながら出かけてもいるのですが、それをおおっぴらに書けないという雰囲気もあるのですがね)

そう減っていくと書くことがつまらなくなっていっているのもあります。もともと継続が苦手な性格なので。

 

 

一人旅がしたい。

でも出来ない。
出来ない理由は二つ。

一つはやはり新型コロナによる遠慮。
僕の一人旅スタイルは、感染拡大にほとんど寄与しません。何故なら僕が行くところは人があまり集まらない場所で自然が多い場所で、移動手段は車、場合によっては現地で自転車。食事もテキトウで、基本日帰りだから居酒屋なんて使わないし、ましてや風俗なんて行くこともない。
だから、密を避けまくりの旅となっています。
とはいえ、やはり堂々と旅してますと出来ないのも事実。それは決して自粛警察が鬱陶しい、というだけでもなく。

もう一つは、妻への遠慮。
妻、つまりは副院長は仕事に家事・子育てにてんてこ舞い。僕よりむしろストレス溜まっているがわかりまくり。なのに頑張っています。
それなのに明らかにそれよりストレスが少ない僕が「ストレス溜まった。一人旅してくる。子供よろしく~」とはさすがに言えない。言えない。

なので行けないのですが、でも行きたい。

 

そんな中、とある記事?が

弁護士と医師という資格を持ちながら新潟県知事になり、買春行為で知事在職期間を歴代最短の1年半で辞職して、ツイッターでケンカばかりしてスラップ訴訟をしている米山隆一さんのツイート(今は削除済みなので前後の文章が不明ではありますが)。

『「1人で密になりづらい交通手段を使って温泉宿で1人で黙々と食事して人混みを極力さけて景色を楽しむ」なんて事をするくらいなら家にいりゃいい訳で、そんな人私は見た事ないし、いても極めて少数だと思います。非現実的なのがどちらかは自明だと思いますが絶対にそれを認めないから平行線なんですよ。』
『例え一人旅で、時に一人で景色を眺める時があったって、やっぱり時に賑やかな街に行ったり、酒場に行ったりしたくなるのが人間です。最初から最後まで「1人で密になりづらい交通手段を使って温泉宿で1人で黙々と食事して人混みを極力さけて景色を楽しむ」旅行に行きたい人なんて極めて限られます。』
『そんな至極当たり前の事実を必死で否定して、「1人で密になりづらい交通手段を使って温泉宿で1人で黙々と食事して人込み極力さけて景色を楽しむ」何て言う明らかなフィクションに依拠してGoToを正当化しても、結局感染は拡大し、結果経済は縮みます。いい加減現実を見ませんかと思います。』

 

一人旅を我慢している僕に謝れ。

お正月飾り

今年も代わり映えはしませんが、お正月飾りをしています。

 

しめ縄は毎年駅前で売られている鴨下組のしめ縄。

 

鏡餅は使い回せるガラス製。

 

花卉はいつも武蔵小金井駅北口のフェリス・ラ・フロールさんに。

 

今年の干支は牛なので、田中右紀先生の牛を。もう昨年でコンプリートしているので使い回し。
13年やってるとさすがに目新しさが・・・

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
今年は困ったことに昨年に引き続き新型コロナウイルスの猛威に晒されながら、という嫌な始まりになりました。
早いところ収束していただきたいものです。

サクラ歯科医院では引き続きスタッフと一丸になり感染拡大防止の消毒等に留意して診療をしてまいります。
患者さん方も拡散させない気持ちでの行動をお願いいたします。

そんなステイホームを年に一回の年賀状お絵かきに込めてみました。

 

昨年は長女の中学受験などがあり、またジャンガリアンハムスターを飼い始めたりしたためにローラーを回る僕、応援している妻、階段を走りきろうとする長女、という感じで書いたわけです。
昨年のブログを確認すると二点透視図やら三点透視図を会得するまでの苦労を書いていました

今年は、丑年。
12年前は、長女しかいなかったので、

こんなんでした。SAIを使っていたようです。
24年前は、大学生のころで実家に帰省していたときに取り急ぎ描いた記憶があり、

なんとも牛乳石けんのごとき牛。
描いた牛と、姉に書いてもらった賀春の字を配置して実家のコピー機で大量印刷して、モザイクかけているけどそこは自分で鋳造したオリジナル判子を押していました。

 

で。

今年はだいぶ前からモデルは赤べこを使おうと決めていました。どこで買ったのか赤べこが家にはいまして。

なにせモデルがいると楽だし。
ただ、赤べこをどうしようか。最初は5体が縦に積み重なっている赤べこ、というのをイメージしていましたが、
ずっと妻が「キャンプ行きたーい・・・」とつぶやいていたので、じゃあ、と。

慣れていたならこの程度のラフからクリスタ内で描いていたんでしょうけど、慣れていないので、更に

線画を紙に書いてスキャンしてそれを下書きにしました。

で、いつもの如く無駄にレイヤーで分けては塗り塗り。

それにしても。
やはり使っている人が多い、というのはホント素人としてはありがたいです。いろんな人たちが使い方とか小技とか載せているし、いろんな人たちが作ったブラシやパターンなどを公式経由でダウンロードできて使えるし。
今回左下のフローリングはそういうパターンがダウンロードできて簡単に作れました。
右上の草原の描き方も説明があったのでそれを参考に描けましたし。
焚き火台の炎も同じく。

 

今回、キャンプ行きたーいというネタで描いたのですが、
もともと数年前からグランピングとかとともに流行りつつあったキャンプで、今年は新型コロナウイルスによる自粛で密を避ける意味でキャンプが大流行となりました。

だからというわけでもないのですが、ステイホームだからといってキャンプを自粛している、のではなく、
実は僕ら家族も今年からキャンプデビューしています。が、日帰りキャンプだけ。
ちゃんとした泊まりのキャンプはまだです。

今年は密を避けるため、キャンプ場に人が集まり密になったので、今まで予約なしのフリーサイトが完全予約制となったりしたところが多い。
また、もともと予約が必要なところの東京から行ける有名どころは、全然予約が取れません。

そういう意味合いの絵だったりもします。

だから、彼ら?赤べこ達が使っているキャンプギアはテント以外は持っている道具達です。
テントは持っているテントは全貌を写真撮ってなかったので上手く描けず、諦めてテキトウに描きました。

今年こそは泊まりのキャンプをしたいところですが、次女が小6なんですよね・・・。

 

ところで、赤べこのお尻というか太もも?に描かれている二重丸ってなんなの?

今年もおしまい

今年の診療も28日で終了しました。
まぁ29日は大掃除、30日は業者による清掃がありますし、
また何かあったら電話いただければなんとかしないといけないときは何とかするので、今日で終了、なのかどうかは微妙なところです。

 

今年は色々ありました。というか色々あったせいで何にもなかったというか。

今年は新型コロナに翻弄された年、で集約されそうです。嫌な話来年も、なのでしょうが・・・。

歯科、ということでいえば主に読売系列によるコロナで歯科が危ない、というデマがキツかったですね。
勤務医だったり衛生士だったりを自称する日の浅いツイッターアカウントによるコロナにかかりたくない、あぶない、こわいーのツイートが増えた直後にyomiドクターだったり日テレだったりで歯科による感染が危ない、という報道がなされてもう・・・

結局、パチンコ屋と同じく、明確にドクター→患者、患者→患者というクラスターの発生はなく、叫んだアカウントもその後は沈黙状態というね。

いずれにせよ、多くの歯科医院で患者さんが減り、またはソーシャルディスタンスのため減らして、その結果大きく減収となったところも多いです。ウチも減収しました。

まぁ・・・・多くの歯科医院が減収したといっても閉院したという話はほとんど聞かなかったのです。
さんざんメディアや歯科コンサルたりが今まで歯科医院が多すぎる、倒産する、なんて煽っていましたが、本当にそうならかなりの歯科医院が今回倒産(閉院)するはずなのです。でもそうはならなかった。歯科医院がヤバイって何が根拠だったんでしょうね。

患者さんが減って、治療途中の人もいるしお互いによろしくないなぁというところで、スタッフに手伝って貰って治療途中だったり定期健診の時期になっても来られない患者さんにたぶん1000枚くらいハガキを出しました。

その甲斐あったようで、なんとなく怖くて行けなかったけど、とか、タイミングがわからなくなって、とかの患者さんが戻ってこられました。
戻ってきたハガキもあり、中にはこっちの住所の書き間違いとか、マンション名を書かなかっただけで戻ってきたとかもあったのですが、結構引っ越しされているんだ、ということもわかりました。
しかも転居届を郵便局に出さないんだなぁと。僕は実家を出て初めての一人暮らしをしてから今まで4回引っ越しているのですが、毎回転居届け出していたのでなんだか不思議でした。

おかげさまで、軌道が戻り、さりとて以前のようにどんどんと患者を入れ替えるわけにもいかず、今までは器具を滅菌するという程度なのを椅子からなにから消毒清掃して、という行程が増えたために、患者さんを入れられる絶対数は減りました。とはいえスタッフ達はよく動いてくれています。感謝。

 

来年は・・・・・来年になったからといって勝手に新型コロナが終息することはなく、引き続き猛威にさらされながら暮らしていくことになるのでしょう。ホント新しい生活様式を余儀なくされます。

来年も引き続き気を引き締めてやっていこうと思いますので、よろしくお願いします。

サンタはいつまで

そういえば12月に入ってクリスマス飾りをしています。いつものようにツリーとエアブローの雪だるまとサンタですが。

 

うー・・・ん。このエアブロー2体の間、田舎の寂れた観光地のフォトスポットっぽいな。

インスタ映え?・・・・はしないか。

とはいえ、サンタとツリーは25日までです。

 

三女が言ってきました。「サンタは何時にくるの?」

え?何日、ではなく?
どうやら三女は目撃したいようなのですが・・・・・せっかくなので検索したけど、当たり前のようにハッキリした答えはなし。

ただ、たまたまあったヤフー知恵袋だったかな、に「24日と25日の境目に現れる。大人には感じられない一般的な時間の外だから、子供には感じられるかもしれないけれど」という感じの回答がありました。

その設定だと仮に夜中に完全に起きていたとしても感じられず、気づいたらプレゼントがあった、という完璧な回答。

なんだけど、それってアトラスのゲーム「ペルソナ3」の影時間の設定なのでは・・・・。0時から存在するけどほとんどの人には感じられない影時間、アレは影時間のあいだは人々は棺の中にいるダークな設定だからちょっとやだな・・・。

 

さて、サンタのプレゼントは何歳まで?というこれもまた永遠の命題もつきまとうのですが・・・・。

僕は確か小4の時にもらったプレゼントが初期のゾイドでして。その時のサンタが書いた手紙の文字が明らかに姉の字・・・。それがサンタの終焉でしたね。

さてさて。

三眼レンズがね・・・

XPERIA1 Ⅱ(SO-51A)はレンズが3つあります。広角16mm、標準24mm、望遠70mm。
カタログスペックでは「光学3倍」とあります。

量販店によっては「光学3倍ズーム」と表記されたりしていますが、どうやらそれは間違いで、16mmに対して70mmが約3倍ということで、「ズーム」するワケではありません。ただそれぞれのレンズでデジタルズームが働きます。
てっきり16mmから23mmまでデジタルズームしてシームレスに24mmのレンズに切り替わり、69mmまでデジタルズームして70mmでまた切り替わる、という感じかと勝手に思っていたのですが、購入前に家電量販店で触ってみたらちがっていました。さすがに贅沢か。

カメラは背面の左上に縦に3つ並んでいます。途中に3D iToFセンサーというのがあるからか3眼なのにクワッドカメラ(クワッドは4つを意味するクワドルプルの略)となっています。このセンサーは後に発売されたXPERIA5 Ⅱにはありません。

そんなスペックとか、ソニーテクノロジーを引き出すPhotography Proというマニュアルライクな操作ができるアプリの出来とかはもっと専門サイトがいろいろ書いているので素人が語るモノでもありません。
もっとも、スマホカメラの構造上「絞り」がないためF値固定という大きな弱点があるので一眼のような使い方が可能だ、と言われても、ねぇ。

 

それはそれとして縦3眼なのが僕にとって問題なのです。

 

僕は左利きです。正確にはクロスドミナンスですが、生来は完全な左利き。
スマホを持つときは左手ですし、電話を受けた場合も左手で持ち左耳に当てて通話します。

なので。

左手の人差し指が、縦3つの一番下のレンズ(24mm標準レンズらしい)を触ってしまうのです。指紋が、皮脂汚れが!

それに気づいて以降、意識して人差し指は曲げているのですが、意識しないとついついレンズに・・・。

iPhoneは3眼だけどL字型だったり逆くの字型だったりにレンズが正方形枠内に収まっているので、多分、僕が構えても指がレンズに当たらないんじゃないだろうか。

 

以前のXPERIA1のように真ん中に縦3つでも多分当たらない。
左上に縦3つというデザインが左利きにはいかんのよ。マイノリティーに配慮をーっ!ユニバーサル・デザインって左利きにもだよーっ!

 

あとはまぁ、どこかのレビューページに書いてあったけれど、
16mmの広角があるのは非常に便利なのだけれど、標準の24mmとの望遠70mmの間にポートレートに最適画角と言われる50mmが欲しかった感じ。
使っていて24mmでは遠いな、と70mmに切り替えるとズームしすぎ、という感覚が幾度も。

年末年始のお休みは12月29日~1月4日まで

年の瀬です。年末年始を中途半端な状態でまたがないように予約の調整が必要になる時期になりました。

今回の年末年始休暇は、12月29日(火)から1月4日(月)までとなっています。

28日(月)が仕事納めで、29日が大掃除1、30日が大掃除2。
仕事始めは1月5日(火)からです。

 

 

 

今年は新型コロナウイルスの猛威のために、大きく出かける予定もありません。せいぜい密に注意しながら日帰りでどこか行くくらい。それも未定ですが・・。

まったく面倒くさいったらありゃしない。東京の大学に進学した僕の姪っ子も帰省しようか留まるか悩んだらしいけど、どうせオンライン授業だしと帰省することに。その代わり帰省しても5日くらいは自主隔離するということらしい。

 

主にテレ朝が総力挙げてPCR検査しろー検査しろー、陰性証明だせば安全だーと煽りまくり、いくつかの企業がPCR検査センターをオープンさせました。

検査して収束するならなんでNY州は感染が収まらないの?とか、
今年のインフルエンザは感染者数が99.7%減だそうで、無症状者のインフルエンザの検査なんかしたっけ?
偽陽性は?偽陰性は?

また木下工務店のPCR検査センターは、その注意事項に
「・本PCR検査は、新型コロナウイルスが唾液内に含まれているかを判定するものであり、新型コロ ナウイルス感染症への罹患について診断するものではありません。」
とあります。
判定はするけど診断はしない。
判定した結果、どうするんだろう・・・・?
いや、陽性反応の場合は医療機関を受診しろと書かれてあるけど・・・
陰性だと判定したけど感染していないと診断は出来ない、というのはその通りだけど、じゃぁ陰性証明とは・・・?

その陰性だと証明された後にクラスターが発生したケースなんていくらでもあるというのに・・・・。

 

結局、メディアや企業に踊らされず、陰性証明を得ようとも尾身先生や忽那先生の言うようにマスクの着用、こまめな手洗い・うがい、三密を避けるを心がけろってことですよ。

 

なのに、西伊豆町では成人式を控えた新成人に抗原検査を受けさせ陰性だったらマスク不要なんて言っているし・・・・バカなのか?