ネオジオmini到着

Amazonで事前予約していたけど発売日到着とはならず一ヶ月遅れでネオジオminiが到着!

レトロゲーマーとしては押さえなくてはいくまい。
実は、妻がテレビか何かでネオジオminiの存在を知り「こういうのが出るんだ~」と僕に振ったので、
速攻で「あー予約しているよ」と当然のように答えたら、音速で妻の顔が呆れ顔になりました。
・・・・正常な反応・・・だな・・・。

 

で。

取り出してそれっぽい雰囲気にするシールを貼って、後ろのUSB Type-Cコネクタに充電器を刺したら、電源オン。いきなり電源が入ったから心配したけど一応オンオフスイッチあった。

  

40タイトルあるソフトから選ぶ。
ふふふ・・・・・たくさん遊べるぜ・・・・・・と言いたいけれど。

この中で遊んでいたタイトルって、ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)’95とKOF’96、’97、サムライスピリッツ覇王丸地獄変、餓狼伝説SPECIAL、リアルバウト餓狼伝説、ワールドヒーローズパーフェクト、龍虎の拳、月華の剣士、痛快GANGAN行進曲、くらいなので、10/40ですね。

残り30タイトルを新規で遊べると思えば・・・いいのか?

 

なので、とりあえずKOFをセレクトして遊んでみるも・・・

 3.5インチ液晶は意外と見やすかったけど老眼の僕はメガネを外さないといけない・・。

 

コマンド忘れた・・・。しかもスティッククルクルしすぎて上手く止められない。SNK格ゲーは鬼コマンドだからきつい(そもそも覚えてない)。
しかもネオジオのゲームよりスト2シリーズの方が遊ぶ回数が多かったからか、ボタン配置が・・・

あっさり負け。

普通?は、スト2とか、ボタンが上3つ、下3つ並んでいて上段が左から弱パンチ、中パンチ、強パンチ。下段が左から弱キック、中キック、強キック。
その感覚で、ネオジオミニのボタンを上2つ、下2つを上段がパンチ、下段がキック、と思って遊んでいたらなんか変。
よくみたら、上のボタンが左からAボタン、Cボタン。下のボタンが左からBボタン、Dボタン。
で、A、Bボタンがそれぞれパンチ、C、Dボタンがキック。
つまりネオジオは上段では無く左側上下がパンチ、右側上下がキック。
・・・えー・・・?人の感覚的に上がパンチ、下がキックじゃないのかい?

実際の遊んだMVS筐体ってこんなんだったっけ・・・?
と検索したら、ABCDのほぼ横並びボタンでした。あー・・・やっぱり。ミニだから仕方が無いのかなぁ・・・

そこら辺は慣れ、なんだろう。
が、問題は格闘ゲーム各タイトルの各キャラの必殺技コマンドよ・・・ネットで調べるしかないか・・・・。

 

ところで、写真の横にそれとなく「ハイスコアガール」(押切蓮介、スクエアエニックス)をしかも5巻まで(現在9巻まで既刊で全巻持ってます)でしかも旧版。SNK絡みが消去修正されまくりの新版(ハイスコアガールCONTINUE)ではなく。
これは、スクエニ編集部がSNKプレイモアに対してやらかしたことによることへの何となくな皮肉。
和解したから中断していたアニメ化も復活したしね。

 

しかし、よもやネオジオがこういうカタチで復刻されるとはねぇ。ファミコンミニやスーファミミニもだけど、ネットで誰かが書いたように、こういうミニ復刻が流行ってくれたらセガがサターンミニを作ってくれたらすごく嬉しい。
バーチャファイター、バーチャファイター2、ナイツ、ガングリフォン、ブルーディスティニー3部作、バーニングレンジャー、ドラゴンフォース、SS版ギレンの野望、バーチャロン、パンツァードラグーン1、2、ダイナマイト刑事が、やりたいんだー。
(ダライアス外伝やグランディアはプレステに移植されたから我慢する。質が落ちるけど)

できたらドリームキャストミニも。
コロ落ちとかブルースティンガーとか、サイキックフォース2012とかバーチャファイター3tbとかオラタンとか・・・。

メガドライブミニが出るらしいですね。もっともメガドラはやったこと無いから全く食指が動かないけど・・・が、だったらやはりサターンミニ、ドリキャスミニも!!

 

MSX(MSX2や2+なども)ミニって出ないかなぁ・・・PC88や98、x68000、FMタウンズでもいいよ。

十七回忌の佐賀17-七ツ釜-

続き

まだ9時前だというのに5時の頃の濃霧は完全に消え去り快晴。暑い。

そして向かった先の七ツ釜、正確にはその上というか、七ツ釜園地は遮るモノがほとんどなく、汗噴出。

    

前回、結婚前の妻と訪れ情けない姿を見せたのですが、と書いたのはなんのコトかというと、その時期はトンボが大量に賑わっていました。
僕は昆虫大っ嫌いなのです。特にチョウチョとかトンボとか予測のつかない動きをする飛ぶヤツが。

なので、あの時は妻を盾に後ろにぴったりとくっついてビクビクしながら歩いていました。
妻にそのことを言ったら覚えていなかった。そのまま忘れてて良いよ。

その時期ほどでは無いけどトンボはいます。ひよった声を出しながらのろのろ進む。

  

 

 

 

柵が壊れて危険だという注意書きがそこかしこに。
どうやらそこから眺めると良いっぽい。

 

まぁ、先に進むとちゃんと展望スポットあるんだけどね。

七ツ釜は玄武岩が玄界灘の荒波に浸蝕されて出来た景勝地だそうで、それを体感するには、遊覧船がいいようです。この時間は、やってない。

 

更に歩を進めるとゾウの鼻というスポットが。

 

またここの岩肌は柱状節理といって、溶岩、マグマが冷却収縮する際にできる柱状の割れ目で、玄武岩だと六角形な感じになるらしい。

 

この感じ、何かに似ていると自分の旅行履歴、写真履歴から「東尋坊」とその近くの(東尋坊から身投げした死体が流れ着くという噂の)雄島がそれでした。

  
2005年5月の東尋坊

ところで、この柱状節理、当たり前だけど歩きにくい。
でもこんなに歩きにくいかなと思って気づいたのは、今まで10年以上履き続けたメレルのベンチレーターモック2がラインナップからなくなって、
代わりに買ったのがメレルの1SIX8メッシュモック

楽ちんで履きやすい靴なんですが、サイトの文言が「アウトドアアクティビティ後のアフタースポーツシューズ」という位置づけだからか、リラックスなのかどうも足と靴の一体感が少なくズレやすいようで、柱状節理を歩くのが少し怖かったです。

とはいえ、東尋坊の柱状節理をハイヒールで歩くオネーサンにはびっくりでしたけど。

 

そんなこんなで、滝の汗をかきながら一周したら時間は9時半を回ってしまった。

いつか遊覧船に乗ってみよう。

と思いながら、次に向かうのは名古屋城・・・じゃない名護屋城。

続く

十七回忌の佐賀16-呼子朝市-

続き

加部島から呼子大橋を戻り、呼子へ。

呼子はイカが超有名。イカを生きたまま海水に入れて通販しているから捌ける方はどうぞ。

イカつり漁船とか、

ほしまるくんとか。

 

 

で、呼子の朝市は日本三大朝市だそうですよ。

 

と思ったら、石川県の輪島朝市、岐阜県飛騨高山の宮川朝市、千葉県の勝浦朝市、そして佐賀県の呼子朝市と、宮川と呼子が三大に出たり入ったり。
三大稲荷五大稲荷七大稲荷よりましか?
三大うどんが、讃岐うどんと稲庭うどんが確定で、五島うどんと水沢うどんが三位を争っているらしい。そういう感じ?

7時半からと言うのに入れる駐車場に車を駐めると、他にも多く車が駐まっていました。

 

そして朝市の始まり。

 

うーー・・・・ん。朝早いからか、それとも魚の種類が時期的なものなのか、三大朝市・・・・ねぇ・・・
これだけでは何とも言えないが・・・・でも・・・・・。

 

そもそも。
食に造詣が無い僕が、ここでお土産を買おうというのも結構間違っているのですが、イカシューマイや塩辛とかそんなのを家と義実家へ送りました。無難に。

あまり、特に感慨も無く、呼子を後にしました。

次はこの呼子朝市と共に結婚直前に妻と情けなく歩いた場所へ。

続く

十七回忌の佐賀15-加部島-

続き

長い7月15日(日)が終わり、16日(月)の0時30分くらいに寝て、3時15分に起きて3時40分にチェックアウト。
昨夜フロント対応した女性が起きて待ってくれていた。マジか!?

ほんと千代田館には居たのは二日で7時間ちょっとで、起きていたのは1時間ちょっとなのですが、非常に感謝。助かりました。

 

で、一路イカで有名な呼子の、先にある加部島へ。

日の出日の入り情報では、5時22分に日の出。ちょっと間に合わないかも?という感じで少々急ぎながら未だ夜の佐賀を北西へ進む。
呼子の方まで来て、薄明かりの中加部島を結ぶ呼子大橋が見えるが・・・・・濃霧・・・?

当初、風の見える丘公園がスポットかなと思いそこへ行ったけど、

・・・見えない。そして日の出を見る位置では無い感じ。

じゃぁ漁港へ。

・・・も違う。
(ここら辺、一切写真がないことからどうやら時間に焦って撮ることもしなかったようです)

 

じゃぁ、と適当に北上して開けた場所へ。

 

5時25分。うん。ここなら・・・・・と言いたいけど濃霧で朝日は全くでやんす。

 下に降りると「活魚料理かべしま」

これじゃぁなぁ・・・・と諦めながら適当にそこらへんを写真撮ったりして、

船の奥にうっすらと見えるのは浮上した潜水艦・・・ではなくどうやら臼島らしい。

そしたら5時51分

 

日の出とは言わないかもしれないけれど、雲間から光点が。目的達成。

次に行く呼子朝市は7時半からなので、車の中で一眠り。で、30分ちょいくらいで目が覚めて、6時47分

 
あぁ、こっちの方が遅いけどいい感じだ。

 

で、一応満足して改めて呼子の朝市へ。
その前に昨日の夜にコンビニによって買ったおにぎりを二つ食べる。
実は結果的に、これ以降から佐賀空港に戻っての18時半まで固形物はなし。

 

続く

十七回忌の佐賀EX03-古新聞-

続き

5時ちょい過ぎに幕末維新記念館を出て、一路、姉夫婦の住む有田へ。

1時間ちょいで到着。
ホントは途中で、最近コスプレが捗るらしいポーセリンパークとか、九州陶磁文化館に寄れるかと思ったけど、時間も無いので諦めた。

姉夫婦は所用で十七回忌法要を欠席したので、こちらから会いに行ったのですが、姪っ子甥っ子共々歓待されました。

もっとも、明日も早起きの予定だったので9時くらいにはオイトマするつもりだったのが、甥っ子の人生ゲームやろう。の言葉で10時半くらいまでいることに。

そんな中、姉夫婦の家には古い火鉢があるよという話になり義兄の家から持ってきたとか。
写真撮り忘れたけど、四角い木枠に鉄箱?の火鉢。火鉢って丸いイメージ。
その木枠の下の方には小さい引き出しがいくつかあり、その引き出しを開けたら特記すべきモノは何も入ってなかったけど・・・・

 

良くあると言えば良くあるのか新聞紙が小箱の底に敷かれていました。
火鉢が年代物だから・・・・・新聞紙も、

昭和二十二年三月十日の西日本新聞

昭和27年7月11日の西日本新聞(昭和二十二年は漢数字なのに昭和27年は算用数字)

もうね。火鉢よりこっちの方に興味津々。
姉も何でこっちに興奮してるの?とやや引き気味。

フォントがいかにも古いのも興味あるし、


粗悪なる家庭薬を排せ!ですよ。過激だなぁメンソレータム。


放火魔じゃなくて火魔。なんで?


未来永劫解決しそうに無いなぁ・・・


ミナト式。鼻を治せば脳もスッキリ!だそうです。


脳病ってなに?健脳丸


味噌が値上がりするらしい。


戦後を感じさせる記事。

 

とそんなこんなで10時半くらいにおいとまして、また途中のコンビニでおにぎりとかお茶とか買って11時50分にホテルに到着。
フロントの人に「また3時半過ぎくらいにここを出ます」と伝えたら、二日連続なので心配顔されました。
自分的にも心配ではある・・・。

シャワー浴びて12時半には就寝。

 

続く

十七回忌の佐賀14-肥前さが幕末維新博覧会-記念館-

続き

リアル弘道館と葉隠みらい館は同じ町内、

ついでに「オランダハウス」は隣の町(といっても歩いて5分かからない)なので、そこを見て、

   

 

今度は車でメインパビリオンとなる「幕末維新記念館」へ。

大量の鉄を均一にに精錬する国内初の実用反射炉のバルーン模型があり、全体の写真撮り損ねた・・・

ダイナミックな映像を使うことで幕末から維新における佐賀の歴史を見せるので、時間が来るまで中で待ちます。
時間も16時半のためお客さんはあまりいませんでした。

促されて中に入ると170度くらいのスクリーンがあり、この会のキャッチコピーである

「その時、日本は佐賀を見ていた。佐賀は世界を見ていた。」はちょっと盛りすぎじゃねぇ?と思わないでもないのですが。

 
佐賀藩は長崎警備を幕府から命じられていたので海外からの脅威を他藩より感じており、蒸気船、大砲等の最新鋭が必要と考え動いていたところが「佐賀は世界を見ていた」


それだけの技術と攻撃力を持ち、その武力が歴史を左右するレベルになっているにも関わらず、当初、幕府にも薩長にもつかず距離を置いていたため「日本は佐賀を見ていた」

というので間違ってはいないんだけども・・・。

  

と、二つの体感シアターの映像ブースを抜け、

音が鳴る光の輪を通り、次のブース、技からくりシアターへ

    

  

薄いメッシュのスクリーンに映像が映し出され、その背後で黒子が鍋島直正人形を動かしたりしている。
そうやって、直正公が精錬方を作り、反射炉を作らせ、大砲を作らせ、蒸気機関車の模型を作らせ、それをベースに蒸気船を三重津に作らせた、そういう技術革新の歴史が流れていました。

反射炉の仕組みがさっぱりわからんけどね・・・。

 

次に、七賢人たちが一堂に会しておしゃべりするラウンドシアターへ

  

写真では非常にわかりにくいですが、円形のブースに、均等に配された大きな窓のようなスクリーン。そこに賢人達の影が窓を越えて歩き、一堂に会する。そして直正公へ一礼する。
そしてそれぞれが絡み合う当時を懐かしむようなおしゃべり。
なかなか凝った作りです。

 

最後は「志」、来場者の言の葉を書き綴ったブース。それは僕らのような単なる来場者から、著名人まで。

  

ワンパターンな戦いと50巻を超えても中華統一する気配のまったく無い大人気連載マンガ「キングダム」の作者も佐賀出身でした。

そのキングダムの作者原泰久氏の描く鍋島直正公

 

で、最後にお土産コーナー。特に買う物無かったけど、

 

佐賀のソウルフード竹下製菓の「ブラックモンブラン」。
30年前は50円だったのに108円に!?
このバニラアイスにチョココーティングしてクラッシュナッツを塗してある、そのチョココーティングを、

 

歯で削り取り、ただのバニラアイスにして食べるのが50円時代からのスタイル。

 

そんなところで17時を回り、午前中の法事に所用で欠席した姉夫婦の居る有田へ。

だから、佐賀城本丸歴史館や、佐賀バルーンミュージアムに行けなかった・・・・。

 

続く

手すりがつきました

サクラ歯科医院は二階です。エレベーターはありません。外階段だけです。

 

その外階段に一応手すりはついていますが、高い位置にあるのと片側だけです。

そういうこともあり、実際はようやっとと言うべきかも知れませんが、両サイドの適当な位置に手すりをつけました。
適当な位置、の参考はイトーヨーカドーの階段についている手すりの位置を参考にしました。
僕が思う位置なんてアテにならないし、誰か手すりが必要な人を参考にして・・・だって人によって異なるから。
だから、仕事帰りにイトーヨーカドーに寄って、階段の隅っこに立って手すりの位置を自分の腰とかズボンのポケットの位置とかで照らし合わせて、立ち去る、という不審者っぷりをして。

それを、業者さんに「この位置で」と伝えて夏期休暇一日目に付けていただきました。

   

せめてもの。という感じで申し訳ありませんが、階段以外の手段が無いので。

 

最初、階段に沿った波々っぽい形状がいいのかと思っていたから、その話をご高齢の患者さんにしたら
「アレは人によって手を踏ん張る位置が違うから使いづらいからダメ」と言われ更に
「滑りにくいのがいい」

と言われたので参考にしてストレートで、樹脂カバータイプです。

ステンレススチールタイプは安いらしいですね。その代わり滑るし、サクラの場所ではあまり関係ないけど、炎天下の日の下では熱いらしい。

十七回忌の佐賀13-肥前さが幕末維新博覧会-葉隠みらい館-

続き

リアル弘道館から少し歩くと「葉隠みらい館

「葉隠」は山本常朝が武士の心得を口述したものを筆録したもの。「武士道と云うは死ぬことと見つけたり」で有名です。
隆慶一郎氏の「死ぬことと見つけたり」オススメ。(「漢」と書いて「おとこ」と読みたい人は隆慶一郎作品全部オススメ)

毎朝、起き抜けに出来るだけ詳細に「死んでみる」ことにより「死人」となりて、全ての事象を澄明に見ることができ、自己にとらわれず正しい判断が出来る、という精神鍛錬法、だそうですよ。

死んだこと無いのに詳細に死んでみるってコト自体がよくわからないのですが・・・。
現代でそれを実践しようと思うとアングラグロサイトを見るとか、殺人事件の公判を傍聴するとかで情報を得てから?
いやいやいや・・・。

 

とまぁそんなんなんで、葉隠の精神はビジネスや日常にも有効活用できるとか何とか。
そんなブースでした。

    

  

自分が何を求めているかを6つくらいから選択して、何故か古い引き出しに質問があり、その結果から葉隠のお言葉をいただく。参考にしてね、とね。

でもその前に毎朝死んでおかないとね。詳細に。
「死ぬこととと見つけたり」の主人公(の一人)である斉藤杢之助は、毎朝詳細に死んでいる死人なので、商売も出来ず、子育ても微妙。
杢之助の行動からしたら子供や部下を育てることは出来ない。はてさて。

 

続く

十七回忌の佐賀12-肥前さが幕末維新博覧会-リアル弘道館-

続き

実家の、というか兄貴の歯科医院から程近い「リアル弘道館」へ。

リアルというほどリアルでは無かったけれど、おそらくは実はさほど広くない敷地を巧く使ってわかりやすいブースに仕立て上げていました。

まずは、弘道館拡充の話。

 
武士の凹凸にプロジェクターで描かれ口パクしたり袴が微妙に動いたりしています。

 

弘道館なわけなので、当然七賢人が出てくるのですが、弘道館の一日を案内するのが首席「久米邦武」

首席にも関わらず、なぜ七賢人に入らないのか?
wikipediaに書かれていることを抜粋すると、

久米邦武
弘道館出身、数多くの書物を読む、弘道館で教鞭をとる。
維新後、岩倉使節団の一員として1年9か月にわたる長期欧米視察を行い、帰国後全100巻の米欧回覧実記を編集する。
また、大日本編年史など国史の編纂に尽力する。
歴史学者

業績が地味なのかなぁ・・・・枝野神陽が八賢人になるなら、久米邦武が九賢人いりしそう?

弘道館の一日はマンガ仕立てになっていて、小学生くらいから朱子学他、学問を仲間達とともに先輩から習い、切磋琢磨し、殿様とまでディベートする、というところだったようです。

   

 

七賢人のパネルがあるところで少し待機させられ(前の人々がいるから)、

拡充した弘道館の図面に白いパネルがあり、それを図面に置くと上からの光が追随して、その図面の内容が浮き出る仕組み。

  

どうなってんだ?

そして、大声で素読の練習・・・させられている風景。

 

 

弘道館の勉強部屋を模したところで大隈重信メモリーズ。
大隈重信の声?での回顧録です。

   

wikipediaにもあったけど、大隈重信の口癖が「~あるんである」「~あるんであるんである」で、ここでもそれを言うんだけど、そんな知識無しに聞いたときは「何それ?」です。
「偉人がいかにして出来るかと問われれば『偉人は友人と切磋琢磨し合い偉人となる』と答える」というようなコトを最後に言っています。

「玉磨かざれば光なし」ということわざがあります。
意味は「すぐれた才能や素質を持つ人物でも、努力して自分を磨かなければ、その才能や素質を活かせない」というたとえです。
が、己を磨くモノは、内に向かう勉学修養だけでなく、外からの同程度の硬度を持つ仲間と精錬研磨しあうんですかねぇ。

 

続く

十七回忌の佐賀11-肥前さが幕末維新博覧会-序・佐賀の七賢人-

続き

くどいですが、8月に入っているけどこれは7月15日の話です。

 

兄貴の患者さんが肥前さが幕末維新博覧会の関係者らしくチケットあるよ、と渡してくれた。

この幕末維新博覧会は、維新150周年ということもあり、県全体で盛り上げているようです。
なので、結局行けなかったけど、佐賀城本丸歴史館もだし、徴古館や、旧古賀銀行などでも、はては唐津や鳥栖にサテライト館を作るくらいに。

で、チケットは幕末維新記念館とリアル弘道館、葉隠みらい館の3つがいけるチケットでした。

 

ところで、僕の幕末維新の知識は、司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」をベースに派生していく感じなので、維新の功労藩として薩長土肥と言われるけど、
薩長の活躍は当然のこととして、土佐は上士と郷士でもめていたから遅くはなっても坂本竜馬や中岡慎太郎、板垣退助らが維新前後でいたのでわかる。
坂本竜馬が実は使いっ走りレベルだろ、司馬遼太郎持ち上げすぎとかの意見もあるけど、
でもなにより「竜馬がゆく」がベースになっている以上、土佐もメインストリームじゃ無いとしても外せない役柄になっているし。

ところで肥前。お前は何かした??

という意識でしかありませんでした。

それは肥前さが幕末維新博覧会でその知識は一応覆されるわけです。
「一応」というのは佐賀が主催しているから肥前さがを中心に描くことになるし、「人物」としては脇の主役って感じではあるので。

さて、後で書く「リアル弘道館」や「幕末維新記念館」で100%主軸となるのが「佐賀の七賢人」。
これも僕はそういう賢人がいるらしいね。程度。

というわけで。

  1. 鍋島直正
    十代藩主、開明派。世界との差、清国の惨状を知り、日本内部で争っている暇は無いと、破綻している藩財政を財政改革させ、弘道館(藩校)を大幅拡充し、人材を発掘、登用し、また蒸気機関と鉄製大砲の開発に力を入れ、初の国産で実用に耐えうる蒸気船や、鉄製大砲を作らせた。
    国内における天然痘根絶の先駆けとなった。
    攘夷論と開国論を使い分けるコウモリ。というかそれぞれメジャーな派から距離を置いていた。
    なので薩摩から佐賀討伐が出かかったが、維新がなるや薩長につき政府討伐にアームストロング砲などの新鋭武器を使い大きく貢献した。
    この人がいないと七賢人は存在しない。はず。
  2. 佐野常民
    弘道館出身。有名どころの塾に通う。伊東玄朴の塾頭になる。勤王運動に傾倒しそうになり佐賀に呼び戻される。
    佐賀藩の精錬方頭になる。三重津海軍所の監督になる。日本初の蒸気機関車の模型を作る。
    日本初の博覧会を副総裁として湯島聖堂で開催させる。
    日本赤十字社を創設する
  3. 島義勇(しまよしたけ)
    弘道館出身。蝦夷地・樺太の探索調査をする。そのため蝦夷地開拓のトップに。札幌を作る
    江藤新平と供に佐賀の乱(佐賀の役、佐賀戦争)を起こし、最終的に斬首となる。
  4. 副島種臣
    弘道館出身。尊皇攘夷思想。博学。大隈重信と供に脱藩するが捕まって謹慎処分。
    1871年、外務卿(外務大臣)になる。
    1892年、内務大臣になる。
    書家でもあり、佐賀新聞の題字はこの人。
  5. 大木喬任(おおきたかとう)
    弘道館出身。尊皇攘夷思想。
    明治新政府後、東京府知事(第2代)、民部卿、初代文部卿、司法卿と歴任。
    枢密院顧問、枢密院議長なども。
    明治の六大教育家の一人。
  6. 江藤新平
    弘道館出身(途中まで。親父が駄目親父だったから)。尊皇思想で開国派。幕末に脱藩し、通常は死罪だが頭良くて勿体ないから無期謹慎に。寺子屋やりつつ政治活動する。
    大政奉還後、謹慎解除。
    戊辰戦争で東征大総督府軍監に任命。また、彰義隊を追い詰めアームストロング砲による遠距離射撃を指揮し壊滅に追い込んだ人。
    初代司法卿。学制の基礎固め、四民平等、警察制度整備など近代化政策を推進。
    民権論者で官吏の汚職に厳しく山県有朋や井上馨を一時辞職に追い込んだ人。
    佐賀の乱(佐賀戦争)首謀者の一人。破れ、逃亡中に自らが制定した手配写真のために捕まる。自分が制定した写真手配制度で捕まった第一号。そして晒し首にされる。
    なんか行動が早くて血の気が多い人。
  7. 大隈重信
    弘道館中退、その後蘭学寮に。尊皇派。一度脱藩して捕縛謹慎。
    維新後は、外国事務局判事になったり富岡製糸場の設立決定したり、大蔵卿になったり。
    下野して早稲田大学設立
    外務大臣就任。
    薩長藩閥以外の初の内閣総理大臣就任。もっとも4か月で総辞職。一度引退して16年後に再び総理大臣に(第二次大隈内閣)

というのがwikipediaから抜粋した佐賀の七賢人。
結局、弘道館が全て絡んでいることから、鍋島直正公の功績は大きい。ただし、直正公が幕末の頃は力を持ちつつ距離を置いていたためか明治維新という歴史の華々しい転換点には表に殆ど出ず、維新後に活躍している雰囲気ですね。

征韓論(朝鮮を武力で開国しよう)争で敗れた副島種臣や江藤新平が下野し、その流れと佐賀の不平士族とがからんでいつの間にやら江藤と島が佐賀の乱の首魁になってしまって、内戦勃発して、それぞれ斬首の憂き目に遭うのですが、佐賀の乱の項目を読んでも内戦が起こるまでの流れがよくわかりませんでした。いろんな不満が渦を巻いて一つの形として噴出したような?

佐賀県側は、佐賀の乱という「乱」だと一方的悪者扱いなので、佐賀の役とか佐賀戦争と称しているようですが、さっぱりわからん。

 

で、最近は一人増えて八賢人となっているようですが、その

枝吉神陽(えだよししんよう)
副島種臣の実兄。思想家。義祭同盟という結社の発起人で、その義祭同盟から七賢人も多数輩出し、水戸の藤田東湖と並び「東西の二傑」と称される。
が、コレラで41歳で逝去している。

という人らしいのですが、今回の幕末維新博覧会ではあくまで七賢人。もっと長生きしていたら正式に八賢人と称されていたのかも知れませんね。

 

実は、そんな人材豊富な佐賀県でした。江崎グリコや久光製薬の創業者も佐賀県人ですしね。他に、森永製菓、読売新聞、リコー、三菱鉛筆などの創業者も。一応ソフトバンクの孫正義も(嫌い)。

 

とまぁ、東京の人が東京タワーに実は登ってなかったりするように、佐賀県民も実は佐賀の偉人や功績を知らないという感じか?僕だけか?
そんな「肥前さが幕末維新博覧会」で佐賀を探そうってな感じ。

続く

 

おまけ。佐賀県の七賢人PR動画