GW休みは4月28日から5月6日までです

サクラ歯科医院の大型連休は、一応暦通りで、4月28日(日)から5月6日(火)までとなっております。

去年に作成されたカレンダーでの暦通りだと5月1日2日が診療日になってしまいますが、休みです。9連休ですね。

そのため予約が大変面倒なコトになっております。ご迷惑かけまくりです。
そういうコトとは別に10(9)連休にシブイ顔の方も割と多くおられるようですね。飲食業サービス業などや、逆に休みだから収入が減るというコトとか。
医療機関も休みだから困るとか。

 

困ったことに。
滅多にない9連休ですが、ここぞとばかりに海外旅行!!!・・・・・・なーんて予定は一切なくて。
そればかりか泊まりの国内旅行すらありません。

せいぜい日帰りでどこかに行こうかなと思っているくらいです。
子供達つれて宮ヶ瀬湖(宮ヶ瀬ダム)に行こうかなとか、国立科学博物館とかそういうのに行こうかなとか。
その上で、一人で20時間旅行しようとか。車で2~3時間の場所で割と気に入っている場所は福島県なのでまた行こうかなぁとか(過去4回行ってる)。

また、そういう風に9連休のウチ予定はトビトビだから、それ以外は自宅の障子の張り替えをやろうかなぁ。障子の張り替えは僕自身30年以上ぶり。
また、GWの予定がこんなもんだから、ここぞとばかりに技工物の宿題をため込んでいます。多分1日がかりでやることになる量です。個人トレーとかロウ堤とかクラスプ作製とかスプリント作製とか。

 

だから、何か非常に困ることが起きたら(あくまで「非常に」困ることが起きたら)電話頂ければ、多分1/2の確率で急患対応出来ると思います。対応できなかったらごめんなさい。

 

しかし、今回のゴールデンウィークは通常のゴールドを超える連休。ゴールドを超える金属は・・・・以前ブログに書いた、価格だけならゴールドより高価なパラジウムだ!
今年はパラジウムウィークだ!・・・・・・ダメだな。

kindle価格

今更ですが、「AX」(伊坂幸太郎)をkindle版買った時、買う、読みたい、という欲求のため金額は気にしてなかった。

購入履歴を閲覧していて気づきました。

AXは出てまだ日が浅いから紙媒体は「単行本」で1620円。そして「kindle版」は1458円。

以前に買った「グラスホッパー」は「単行本」は中古で1円はともかくとして、「角川文庫」が637円で、「kindle版」も文庫本準拠なのか438円でした。

 

して、単行本と文庫本でのそれぞれの値段に準拠したkindle版は中身どう違うの???

 

マンガ本は僕はあまり特装版とか限定版とか買わないのでkindleだとどうなのか更にわかりません。表紙のカットとかカラーだとかなんか違うんですかね?

小説だとホントどう違うんでしょう?

 

早く読みたいから買ったから別に倍近い値段差も後悔はしてないけど、何となくモヤるなぁ・・・

小遣い

僕は小遣い制です。

というと他の先生方から割と驚かれます。
そこまで驚かれることかなぁ。知り合いの先生の多くが生活費を奥様に渡しているようです。
その場合、全収入のどこまでを自由に使ってるんだろう・・・?

僕がそんなことやると、仕事も家も金銭的なコトまでいろいろ考えないといけなくなるのは面倒この上ないし、自由に使える金が増えるほど無駄に散財していろいろけしからんコトになりそう。
それこそ、先日のデンタルフェアで散財して使えなくても笑って後悔もしないんだろう。

なので、僕の場合は小遣いがちょうど良いのです。これで妻が浪費癖があったら最悪ですが、そんなことは全然ないので。

当然のように僕の小遣い額はここでは晒しませんが、2018年におけるサラリーマンお小遣い調査では男性会社員の平均の月のお小遣いは3万9836円だそうです。

これは昼食代や携帯電話代も込みだそうです。基本的には僕もです。

 

こちらのサイトを眺めていて主な内訳の図表があり、少しほっとしたのですが・・・・

昼食代、携帯電話代、飲み代、趣味の費用、嗜好品代、が内訳のほとんどでした。

 

なにがほっとしたかっていうと、歯科治療費代は小遣いから捻出、じゃないでいいよね?ってこと。

仕事中にふと想起したのですよ。
さすがに、患者さんにそれを聞くわけにもいかず・・・。

 

いわゆる家計にうるさい鬼嫁的なド偏見イメージで、
頭が痛いとか医科系は放置したら命に関わったりするから、小遣いないから病院かかりません、じゃぁマズイけど、歯くらいなら死にはしないだろ、って小遣いから出せ、なんて言われて正露丸突っ込んでた、市販の鎮痛薬飲んでました、だったらやだなぁ・・・と。

 

先日のブログエントリと反対の方向へ向かうけど、確かに歯周病でも、歯髄炎でも状況悪化したら死ぬからね!?
もし小遣い内で歯科通院費を捻出されているのであれば、極度に貧困だとか言うのでなければ歯科治療費は小遣い外にしてあげてくださいm(_ _)m。

 

そもそも金がない、時間がない、となると・・・・まぁそこら辺は重要度別で優先順位とかあるので、「金がない」「時間がない」と正直に言って頂ければ、普通に良心的な歯医者であれば、そこら辺を加味して治療方針を立ててくれると思います。
もっとも、通う時間がないってのは歯科治療にとってかなり厳しいんですけどね。

 

ところで、こういう言い方するのもなんですが、ちゃんと健康保険を払っていて、お金がないと言う方で、
痛いからと市販のロキソニンを買い、
そこで歯科医院に行き治療してもらい、
痛くなる可能性があるから「ロキソニンを出しますね」と言ったら
「市販のロキソニンを買ってあるから、それを飲むからいらない」と言われたことがあるのですが、
保険がきくロキソニンを処方してもらった方が安いからね?

KOデンタルフェア2019

サクラ歯科医院の主要取引先がKOデンタルさんです。
なんでKOかというと創業者が小坪さんだからだそうです。

そこが毎年やってる特価セールのフェアがKOデンタルフェア。
今年は買う必要のあるモノがあったので特価で買おうとフェアに参加。

 

開業前のモノを揃えるときに初めてKOデンタルフェアに行った12年前は、会場は西新宿のビルの地下2フロアを使っていたのが、いつの間にか国際フォーラムになり、いつの間にか東京ビッグサイトになりと規模がどんどん拡大中。

さすがにビッグサイト以上はないだろうけど、小金井からどんどん離れていっているのが困った話。

 

東京ビッグサイトと言えばコミックマーケット。
とはいえ、同人誌には興味はないのでほぼ行ったことはありません(確か19年前に知り合いの都合上夏のそういうイベントに昼間にちょろっと顔出したことがあったかな?)。ましてやなんだか毎年戦場といわれる大晦日の時なんか。

 

フロアは、西2ホール。

ウチの担当の人と上手いこと合流できた。
入り口には満開の桜。

わざわざタイミングを合わせて郡山から持ってきたらしい。
・・・・てことは、今年はやっぱり桜はもう無理か。GWに、となると北海道くらいまで行かないとダメなんだっけ?

 

しかし、広いし、人も多い。
この人たちって家族を除いたらほぼ歯科関係者でしょ?

だから、どこかの衛生士らしき数人が手を振りながら「先生~先生~」なんて言っていたけど、先生はそこら辺にうじゃうじゃいると思うよ。

 

今回、非常にぐらっときてしまったのがありまして。
こういうのがあるからデンタルショーとか行きたくないんだよ。物欲ゲージが急上昇しちゃんだからさー。

なににぐらっときたかというと、光学印象ってヤツです。

通常、削った歯型を採るときは、アルジネートとかシリコンとかドロネバっとしたヤツをトレーに盛って口の中にガボッと入れてソレが固まるまでそのまま待って、固まったら外して、その型に石膏を流し込んで模型を作るわけですよ。
そういう採る作業を「印象」と言います。

光学印象は、光学、つまりカメラを使うわけです。
スキャナを対象部位にゆっくりと何度もいろんな角度でなぞるようにしていくとデータが蓄積され、コンピュータ上に口の中が再現されていくのです。

 

光学印象のメリットは、印象材のドロネバが受け付けられない嘔吐過敏の人に有効だったり、膨張収縮という材料によるズレがなかったり、
また、3Dで見られるので削り方が変な箇所や足りない箇所がわかりやすかった出来るようです。

もっとも、その光学印象はあくまで「デジタルデータ」なので、それを入出力する器械が必要になるので、それも自前で購入して自前でモノを削り出しで作るか、またはデジタルデータを入出力できる技工所にしか使えないのです。

 

と、そこまでが僕ももともと理解していたところ。
ぐらっときたのは、光学印象を全顎的に採ることで、口腔内の状況をフルカラーで3次元構築できるところ。

影とか光の透過性とかで色調は完全に再現されているワケじゃないらしいのですが、3D-CTだとモノクロだし、型を採った石膏模型だと単一色で、どれが金属で、どれがセラミックで、とか歯石、プラークが再現できない。

これだと患者さんへ説明する際に非常にわかりやすく、かつインパクトがあります。
患者さんへの訴求効果は高そうでした。
しかも模型と異なり場所がかさばらない。

ただし、ざっくり500万くらいかかるらしい・・・。たっけー・・・・

欲しいと心がぐらついても倒れられなかったのが、この金額ゆえ。

 

 

その金額に関しては、業者さんが言うのがまた・・・・

CAD/CAM冠という保険診療で出来る白い被せ物があるのですが、この治療法に際して、光学印象からのブロック削り出し、という方法が使えるわけです(もしくは自費の似たヤツとか)。

「月に10本CAD/CAM冠が出ると○年で元が取れますよ。それから先は利益のみです。月に20本だと○年で。」
「なにせ保険の金パラは今や逆ざや状態ですからね」

というメーカー側の発言に、
「あーウチは20本は届かないけど10本以上は確実にやってますよ。」と言うと、

「多いですね」と軽く目を丸くする業者さん。

「月10本て多いの?」と問い返すと、

「多いですよ」と太鼓判。あたかも「だから是非導入しましょう!」とばかりに。

「?ちょっと待ってよ。月に10本が多いと断言しておいて、月に10本で○年で元が取れますて例出すのおかしくない? 一昔前の英会話教材の毎日コーヒー一杯で~やないんやからさ」

と業者の闇を見た感じがしました。危ない危ない。

 

マイクロスコープも欲しいんだけどさ、マイクロスコープは狭くて深い良さがあって、今回光学印象機器は浅くて広い良さを感じたんですよね。正直どっちも欲しい。

だーかーら。こういうとこ行くとマズイんですよ・・・・。

戦術系SLG

将棋は、ゲームのカテゴリ的にはボードゲームに分類されているけど、SLG(シミュレーションゲーム)、更に言えば戦術系SLGというカテゴリだよね・・・・・?

 

PSVITA生産終了で、プレミア価格になったわけですが・・・・とAmazonで確認したら価格が普通に戻っていた。これが結局のところ惜しまれてないハードだったからか・・・。

そのPSVITAで何を遊んでいるかというとPSストアで買ったPSPの「ギレンの野望 アクシズの脅威V」ばっかりだったりします。
アクションゲームが出来なくなってきました。年齢的に?

だったら何もPSVITAじゃなく、ホコリ被っているPSP-3000でもいいし、吸い取っているからスマホにPSPエミュレータのPPSSPP+ゲームパッドでも良いわけです。

かといって、PSPだと一応アレはディスクなのでアクセスに難ありだし、スマホにパッドをセットしてという手間が地味に微妙。
かといって、ゲームパッドを使わず液晶画面上の仮想ボタンは、物理キー世代には使いづらい。

そもそも、スマホでゲーム、となるとSLGのようなのは行き先指定とかコマンドとか、直接タップしたい欲求に駆られます。
だから、それこそ「アクシズの脅威V」がそのままスマホ用に最適化されて移植されていれば速攻で買うのですが、ありません。

じゃぁスマホ用の他のSLGは?って探しても、スマホのゲームって「課金前提やろ?」ってイメージが強すぎて、実際Google Playでアプリ一覧見てもほとんどが下に「アプリ内課金あり」と書かれているからどうにも買い切り世代的には食指が動かない。
実際どうなのか、本当に課金前提なのか、課金しなくても充分遊べるのかわからんのだけど。

 

で、行き着いたのが将棋のアプリ。
いろんな将棋アプリがあるけど、強くないので初心者向けのを。

 

ちょうど三女が将棋が好きになっているのでそれもあって。
たぶん子供達が将棋じゃなく囲碁だったら囲碁の、チェスだったらチェスのアプリで遊んでいたんだろう。もっとも囲碁もチェスもなんとなくルール知っている、という程度だからちょっと困るけど。

将棋は立派にSLGなはず。条件が基本的に一緒というところが戦略的側面がゼロだけど。

でもやってるとやっぱり面白いです。あんまり定跡とかしらないけど。

 

あと、なにより哀しいかな先のアクシズの脅威Vをやっているより世間的に認められているというか・・・。

twitter始めました?

ツイッターのアカウントを作ってみました。

もっとも、僕がツイートするコトは多分ありません。誰かのツイートをリツイート?っていうの?そういうコトもする予定もありません。どういう言葉で炎上するのかわからんので。
完全に受け手としての情報ツールとしてのみです。

だからツイッター始めました。とは言えないかな?

ブログを書くことがテキストサイト全盛期にあって、そこからmixiが流行って、ツイッターやFacebookといったSNS全盛になって。
ブログではなくツイッターで呟くマンガ家とか多いようだから、じゃぁ使ってみるかと。

 

よくわからんのでのべつ幕なしにフォロー入れたら、某マンガ家のつぶやきから、某マンガ家がリツイートしたモノまでポコポコと出てきて情報ツールとして収拾がつかなくなった感じがします。
初心者の通る道なのかしら・・・。

こんなんなので、よく使いこなしている?人とか複数のアカウントとか裏アカウントとかなんか聞くけどどうやってんでしょ。
僕のイメージとしては個人投資家のような複数の画面に囲まれて複数のキーボードでカタカタ叩いているイメージなんだけど。貧相なイメージですまんが。

知られることとプライバシーと

気がついたら、スタッフで名札をつけていたりつけていなかったりというコトになっていました。
聞くと「あまり名前を知られたくない。」ということ。「出来たらホームページにも名前載せてもらいたくない」んだそうだ。別に後ろ暗い過去があるわけではなく。

 

良くない話なのですが、クリニックによっては歯科助手が歯科衛生士のまねごとをするケースがあります。
歯科助手は要は無資格者で、歯科衛生士は有資格者です。
歯科助手が歯科衛生士のようにスケーリング(歯石落とし)やTBI(歯磨き指導)などやってはいけません。
(理由は人材不足と人件費。かといって肯定して良い違反ではありません)

そういうこともあり、登録されている保健所に「○○歯科には歯科衛生士はいるのか?」という問い合わせをされる患者さんもいるらしい。

なので、サクラでは、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手と明確に分けるために名札をしているのですが、プライバシーという壁が存在するわけです。

 

また、特に求人の際に、らしいのですが、スタッフがどういう人たちがいるのかを知りたい、という要望があるらしくホームページにはスタッフの集合写真でもあると有効だと言われたのですが、
これもまた特にインターネットという全世界で見られる(ばらまかれる)エリアでは顔写真というのもプライバシー保護という点ではなかなか難しいところ。
これには僕も同意するところなので院長、副院長という立場以外の顔写真は載せていません。
忘年会やったよ的なブログエントリーでも写真はぼかしています。

実際、スタッフのフルネームで検索されているログが残っています。友人かもしれないけれど、なんとなく気味悪い感じはあります。

 

本当に歯科衛生士なのか?というコトをしるだけだったら、いっそ名札は「歯科衛生士」「歯科助手」だけというのもありといえばありなのですが、さすがにそこまでナナシノゴンベエってのもねぇ・・・

ということで、名札をリニューアル。

役職名を大きめにして、名前は名字だけ、しかもやや小さめに。
というところで手を打ちました。
(夜のお店のように「下の名前をひらがなで」という冗談も)

ホームページの人物紹介ページでもスタッフは名前だけに変更。味気ない感じは否めませんが。

 

知ってもらえることと知られることと晒されることのバランスが難しいですね。

開花

そりゃ小金井を自転車で普通にうろついたり、小金井公園に行ったりすると普通に桜を愛でることは出来ますが、今年はどうにもタイミング的に遠方に一人で桜を見る旅に出かけられなさそうな雰囲気。ちょこちょこと日曜日に予定が入っています。

だから、今年は花見と称した一人旅は無理かな。
GWも大きく旅行する予定がなく、せいぜい日帰りでどこか行く、という程度なので、花見とは関係ないけど深夜2時に起きて動いて深夜2時に帰る、ようなことでもしようかなぁ。

で。約1ヶ月前にサプライズで1年遅れの開院10周年記念をしてもらい、その時もらった桜の盆栽ですが、

あれから順調に開花してくれました。

 

(この写真を撮った日は4月6日で翌日には偉い勢いでほぼ満開になっていました)

(今日4月8日撮影)

まぁ・・・・今年は大丈夫ですよ。それまではプロが育てたんですから。問題は来年以降。
ちゃんと枯らさず、来年も咲いてくれるかなぁ・・・・・サクラ歯科医院の10周年記念のサクラだけに、咲いてくれなかったら不吉さを暗示してしまう・・・

恐怖を煽る

先日、テレ朝のモーニングショーをちらっと見たら歯周病関連で正しい歯磨き大事だよね、なことやっていました。

そこで毎度毎度違和感しか出てこないのが、歯周病はこんなに万病の元なんですよ的説明。

アルツハイマー、認知症、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、などなど・・・・

そして言うのが成人の歯周病罹患率は80%だ!
そして出てくるパネルは重度歯周炎。ぐずっぐずの腫れまくりの口腔内写真。

 

さて違和感。
成人の80%がそんな重度歯周炎なのか?

ここでいう歯周病だ、ってのはそれが奥歯の一本が歯周病であっても「歯周病」だし、歯周ポケットが浅い軽度であっても「歯周病」、全体的に指で歯が抜けそうな、歯肉を押したら出血排膿、下手したら風かかけただけで出血する歯周ポケットも10mmオーバー連発の重度でも「歯周病」

学会誌だとどうかしらんけど、少なくともテレビで軽度・中等度・重度それぞれでの歯周病がどのくらい重篤な病状を引き起こしたのかというデータを見たことありません。

全部一緒くたにして80%が歯周病だーと言っておいて、その割合、また重篤な病気の関連率は提示しない。

電車と飛行機とどっちが危険か、という確率のお話以前の不確かな煽動に心底辟易してしまいます。

言っている内容がまともであるだけなおのこと、その前提条件のあやふやさにイラッときますね。

もっとも、軽度歯周炎は、この程度だから大したことないよ。ってまとめられるとみんな危機意識が薄くなって気がついたら中等度、重度へ、となっちゃうかもしれませんけども。

僕もやむなく使うときもありますが、意図的に情報を隠して恐怖を煽って患者さんを誘導するやり方は卑怯な気がして気が引けます。パターナリズムとも異なります。これは単に詐欺師のやり方です。