感染対策

換えています1


今更過ぎて書くほどでもないけれど、患者さんごとに滅菌された器具を用意しています。
紙コップや紙エプロンと使い捨てです。というか紙モノを使い回している歯科医院はさすがにないでしょ。
紙エプロンだけではカバーするのは足りず、タオルを首元に置いていますが、これも患者毎に交換しています。
当たり前のようにグローブも交換しています。


換えています2


サクラ歯科医院はいわゆるタービンはほぼ使っていません。
俗に5倍速のコントラアングルとか等速コントラとかいう切削器具、ストレートハンドピースと呼ばれる口腔外で使う切削器具、
歯石を除去する超音波スケーラー、それらも使った後は洗浄し滅菌処理しています。


それら切削器具につける実際に削る先っぽも同様。


滅ぼしています

滅菌処理です。
ここで他の歯科医院だったら、ヨーロッパ基準の~とか言ってクラスB滅菌器をだすところですが・・・・残念ながら持っていません。
うちにあるのはよくあるクラスNと、それより上のクラスS高圧蒸気滅菌器の二つです。
単純な形態のモノはクラスNでもさして問題なく、切削器具などはクラスSを使っているので、何でもどんとこいのクラスBではない分、工夫して処理しています。


換えています3


CR、コンポジットレジンと言われる、俗にプラスチックを詰めると説明されるモノ。これにはペーストタイプとフロアブルタイプとあって、フロアブルタイプはシリンジ(注射器形態)で削った穴ににゅるにゅると入れます。
その先っぽ。
カルシペックス(商品名)は根っこの治療に使う水酸化カルシウム製剤で、根っこの管に直接粘度のある薬剤を入れるので細長い先っぽを使います。
ペリオフィール(商品名)は歯周病の治療薬でテトラサイクリン系の抗生物質で、歯周ポケットに直接軟膏を送り入れるので細長い先っぽを使います。

などなど、そういった先っぽも使い終わったら交換しています。

 

それ以外の様々な道具も使っています