サクラ歯科医院は2021年8月6日に1階・2階と拡張し、受付は1階になりました。
CATEGORY

一人旅がしたい

ホームページをリニューアル後、だいたい3年前はほぼ毎日ブログ更新していましたが、それが週2回くらいに減り、最近は週1回です。 さすがにほぼ毎日というのはアホか、という部分もあるのですが、それが週2回に減ったのは単にネタが減ったからです。 しかしここのところの週1回はネタが減ったというのも大きいのですが、やはり新型コロナの影響で生活の起伏が乏しくなったというのも大きいです。季節感がない。 (実は気を […]

子供と二人旅が・・・

自転車に充分に乗れるようになった頃の秋に、自転車を僕と娘の2台を車に乗せて、秩父・長瀞へ行きます。紅葉狩りもかねて。 長女の時は年長さんの時に。 次女の時は年長さんの頃には自転車乗れていたけど、次女の体調や僕の都合、天気と紅葉の都合があって、小学一年生の時に。 もともと秩父・長瀞は何度か妻とまたは一人で行っているためまぁまぁの土地勘があることと、紅葉に恵まれ、自転車でもそこそこ平坦(宝登山神社まで […]

じご

ウチのスタッフさんがカブトムシとかクワガタとか育てていて、子供達にとおすそわけしてもらった。 最初はカブトムシのデカい幼虫。 キモい・・・。 が、残念ながら成虫になる際にダメだったらしく、角も歪みそのままお亡くなりに。   その後は、成虫のクワガタを一匹。 更にその後に成虫だけどカブトムシのオス一匹とメス二匹。 そして先日、彼女たちがタマゴを産みました。三女が産んでいる最中を発見して大興 […]

ねまる

ふるさと納税の返礼品でいただいた衣類用スチーマーをたまに使っています。 アイロンでぴちっと折り目を付けるの嫌いじゃ無いんですけど、アイロン出してアイロン台出してスムーザー出して、アイロンがけすると汗かくし。で、面倒なのです。 スチーマーは生地を選ぶ気がするけど、まぁ壁に掛けたままさくっと皺を取ることが出来るので、それなりに重宝しています。 ただ、それなり、なので毎日使うわけでもなく、スチーマーの水 […]

林檎の湯屋 おぶ~

続き とまぁ前回のaudible「とある飛空士への追憶」で尾部(びぶ)をひたすら「おぶ」と読み間違えていたせいで、頭に松本市にある3~4年前に行ったことのあるスーパー銭湯「林檎の湯屋 おぶ~」が浮かんだのですが・・・・   というのはこじつけで、有り体に言えば嘘です。最初からここに行くつもりでした。   電気風呂が充実していたんだよな~・・・という程度だったのですが、最近リニューアルして […]

梓川ダム三昧

続き 立山黒部アルペンルート(途中)を堪能し、まだ時間はある。 僕の日帰り旅は基本的に24時間中20時間以上活動することにあるので。 帰りがけに安曇野に寄るのもちょっと考えたけど、今年のGWはなんとなくダム縛りで。 宮ヶ瀬ダムを一緒に行った次女三女がダムカードを欲しがるし。 次もダムで。 グーグルマップで近場のダムは・・・・・高瀬川の龍神湖を形成している大町ダム。 ・・・・だったんだけれど、車のナ […]

立山黒部アルペンルート05ー土産とカレーー

続き 黒部ダムに戻ってきた。時間は13時ちょい過ぎ。案外早くに戻ってきたことになる。 さて、混むであろうレストランは・・・・・激混みでした。   しかしダムカレー・・・・・と逡巡していたらご丁寧に「扇沢駅のレストランにもダムカレーあるから良かったらそっち利用して」というボードが。 僕は黒部ダムを見ながらダムカレー、その代わりありつくまでひどく待つ、より、ダムカレーが食べられればそれでいい […]

立山黒部アルペンルート04ー室堂、雪の大谷ー

続き 室堂の駅?に戻るもどうやったら眼下に見えるたくさんのバス停留所?に行けるんだろう? 施設の1階と屋上を2往復くらいしてやっと、地下?に行く階段から行けることに気づいた。 そこから雪の大谷へ行ける。 実は間抜けなことに、というか室堂までしか行く気がなかったからなのか、このバスが富山の立山に行くルートであることに全く気づいていなかった。どこかに行くんだろうとしか。 ただ、その時は、大勢の人に沿っ […]

立山黒部アルペンルート03ー室堂、みくりが池温泉ー

続き 扇沢駅で室堂往復切符を購入する人が多かった気がしたけど、室堂は見るところが多かった。 標高2450m。 本格登山なんかしない僕の今までの最高高度は車で行ける富士山五合目(吉田口)で、調べると2305m。 なのでそれを150mも超えた。ろくに歩かないで。 いやー便利な世の中だなぁ。 室堂の見所である除雪された後の「雪の大谷」、の前に上へ登り外へ出る。 途中こんな張り紙が。   &nb […]

立山黒部アルペンルート02ー黒部湖~室堂ー

続き 黒部湖(駅)は大混雑。 黒部ダムまでの往復切符しか持ってなかったので人混みをかき分け切符売り場へ。 個人の乗り場とツアーの乗り場に分かれるようだ。 室堂までの往復切符と、謎の整理券。   黒部湖(駅)から黒部平(駅)まではケーブルカー。 列に並んで乗り込むかと思えば、ケーブルカーの入り口にてんでばらばらに列を新たに作っていく。後ろの人達がやおら奥の入り口の方へ先へ進む。 なんとも釈 […]