本(小説・マンガ)」カテゴリーアーカイブ

事実、真実、史実

「この物語は史実を基にしたフィクションです」 「この物語は事実を基にしたフィクションです」 「この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などにはいっさい関係ありません」   「事実」は実際にあった事柄、… 続きを読む »

光圀伝@audible 聴了

冲方丁の「光圀伝」のaudible版を聴き終えました。 6歳くらいから73歳で死ぬまでの生涯の物語です。 光圀は、父頼房譲りの膂力があり、母譲りのイケメン、徳川の御曹司でありながら市井(主に悪所)に通じ、 好奇心が強くそ… 続きを読む »

光圀伝(上)@audible 途中

光圀伝@audible 途中。 天地明察で冲方丁が気になりました。 天地明察は、ずっと中国の暦を使っていた日本が、独自の和暦を作るという壮挙を主人公である渋川春海(安井算哲)に皆が託し幾度かの失敗の上に改暦を実現する物語… 続きを読む »

マリアビートル@audible 聴了

現代にも、日本に殺し屋は実在するのか!? マンガでは「ゴルゴ13」「殺し屋1」「今日からヒットマン」「闇狩人」「シティハンター(殺し屋じゃないけど)」「ザ・ファブル」「ジーザス」などなど・・・ いっそクロスオーバーさせて… 続きを読む »

孤狼の血@audible聴了

audible版の「孤狼の血」(柚月裕子、角川)を聞き終えました。 昭和63年の広島、呉原市(架空の都市)で繰り広げられそうになるヤクザの抗争を、法を犯しながらも止めようと奔走する大上と、その部下の新人日岡。 日岡には隠… 続きを読む »

宇宙を歩く

三女から「おとうさん、宇宙を歩いたことある?」 という謎質問が。 「宇宙は歩かないよ、泳ぐものだよ(宇宙遊泳的に)」 などと言いながら・・・・・宇宙モノの名作「プラネテス」(幸村誠、講談社)にそんな風なのあったなぁ。  … 続きを読む »

死体硬直は顎関節から始まるらしいよ

妻から「トレース」を注文して、と言われた。 何かと思ったらマンガの「トレース 科捜研法医研究員の追想」(古賀慶、徳間書店)でした。 ちょうどドラマもやってますね。 僕はまだ途中なのですが妻はあっという間に読み終えました。… 続きを読む »

「ジョーカー・ゲーム」シリーズ@audible聴了

柳広司原作の「ジョーカー・ゲーム」およびその続編である「ダブル・ジョーカー」「パラダイス・ロスト」「ラスト・ワルツ」を聞き終えました。 緊張が高まってきている太平洋戦争前の日本帝国陸軍の中で異例のセクション「D機関」。魔… 続きを読む »