本(小説・マンガ)」カテゴリーアーカイブ

絶版マンガをデジタル化してほしい

タイトルの通り。 ふいに「覇王街」(全5巻、神崎将臣、講談社)や「秘拳伝キラ」(全6巻、碧星タケル、三好雄己、小学館)を読みたくなったから電子書籍でないかと探すも、ない。 わざわざ紙の本を買いたいわけじゃない。 マンガ図… 続きを読む »

半額とか期間限定無料とか

Kindleで。 3巻まで無料とか半額とか10円とか、それで面白かったらそのまま定価で買い続けるという向こうの思惑にまんまと乗ってしまうし、 すでに面白いと知っていて定価で買っておいて、それが半額セールとかになったときの… 続きを読む »

歯医者マンガ

ジャンプ+で歯医者マンガが連載されるようです。 その読み切り版を読みました。 「歯医者さん、あタってます!」(山崎将)   最初そういう情報がグーグルニュースで流れてきたときは、 「まーた最近のジャンプ(ジャン… 続きを読む »

布教

年末少し前に、スタッフUから相談が。 「院長、年末年始の休みに読めるオススメのマンガ、何かありませんか?」   「んー・・・そういえば『マージナル・オペレーション』好きだったよねぇ。」 「そしたら最近の僕のオス… 続きを読む »

ペンギン・ハイウェイ@audible聴了

森見登美彦の小説audible版は、「夜は短し歩けよ乙女」「有頂天家族」そして「ペンギン・ハイウェイ」 人気作品がオーディオブック化されるため、これら3つともアニメ化や実写化されています。 最初、夜は短し歩けよ乙女を聴き… 続きを読む »

ラグナロク:Re

よもやの「ラグナロク」の復活。   といって「ラグナロク」と聞いてどのくらいの人がどれを思い浮かべるか。 普通に北欧神話における「神々の黄昏(ないしは神々の運命)」としてのラグナロクなのか。でもそれだと復活って… 続きを読む »