サクラ歯科医院は2021年8月6日に1階・2階と拡張し、受付は1階になりました。

ネットワークワケワカラン

サクラ歯科医院は、というか最近の歯科医院はネットワークの塊です。

排水設備の都合上高さに余裕があれば床下に配管を敷きまくるのですが、それにあわせてCD管と呼ばれるモノを一緒に張り巡らせます。

これにLANケーブルなどを通すのですよ。

一つは、デジタルレントゲン(X線)をサーバー機になるPCでコントロールして、それを各ユニットの前にあるモニターに写すためのPCに繋ぐ。

一つは、レセプトコンピュータ・カルテコンピュータ(レセコン)のサーバー機と受付機、ドクター機と繋ぐ。
そしてレセコンとデジタルレントゲンも繋ぐ。

でそれぞれインターネットにも繋がるわけで、レセコンなどと一切関わりの無いパソコンも無線LANで繋いでいるのです。

しかも今サクラ歯科医院は1階と2階になっているので、2階にもケーブルを通して2階の3台のユニットや1台のレセコンドクター機に繋いでいるのです。
更に2階にあるドクター室のパソコンにも無線LANを飛ばしています

ついでに言うと1階と2階の連絡に使っているのはAmazonのアレクサです。
これも無線LANで繋がっています。

さて、今直面している問題は、どうにもその有線LAN、無線LANの調子が安定しない、2階はさすがにカバーし切れてない、という点です。

有線LANケーブルなのにインターネット識別がない、とか、2階全体を無線LANをカバーしようと中継器を置くとむしろ繋がらなくなるとか、パソコンでは無線LANと繋がっていることを示しているのに、実際はインターネットに繋がってないとか。

ネットでいろいろ検索してこうなったときの10の対処法、みたいなのがたくさん出てくるので、試してみても全然解決しない。

しかも僕に知識が無いから、そういう対処法を読んだりやってみたりして、「これがダメだから・・・てことはこういう意味ってことだろう」という理解に繋がらないのですよ。
少しはわかってきた・・・ような気もするのですが、その程度だとむしろ混乱を招くというか。

なにかやってみると調子がおかしくなるので、なにがマズイかってだいたいこういうのは診療後、遅くにやるか、日曜日にやるので、これでレセコンがまったく言うこと聞かなくなっても業者も呼べない。

だから、なにかやってみるとその都度、レセコンも立ち上げてサーバー機と子機が繋がっているのか確認して、でも、解決してなかったり、他の調子が悪かったりすると、それを元に戻してから、またレセコンの調子を見る。
そんな感じで時間ばかり過ぎる。

こういう設定のプロにお願いすればいいんでしょうけど、自宅のネット構築とはワケが違うので、もしかしたら普通のプロではご迷惑をおかけしてしまう可能性がありそうなので、レセコンの設定時に来て頂いたレセコン会社の人に来て貰うしかないけど、その場合、2階の中継器が・・・というのはアリなのか?

もうワケがワカランです・・・。