サクラ歯科医院は2021年8月6日に1階・2階と拡張し、受付は1階になりました。

スマートウォッチ買ってみました

スマートフォンをスマフォ、というかスマホと言うのはOKだけど、スマートウォッチをスマウォって言うのは慣れる気がしない。

それはそれとして。

3月にスマートウォッチを買ってみました。

シャオミのMi band 5とかいうの。Amazonのポイントを使って残り3000円くらいで購入。
(もう少ししたら国内でも最新版の6が出そうなんですけどね)

スマートウォッチを買ってみようという理由は、自分のスマホに着信がきてもLINEの通知がきても僕が振動も音もまったく確認できてないからです。
ズボンのポケットにあまり圧迫なく入れているからか振動がいまいち認知できてないし、音に関しても耳が悪いの?と子供達も呆れるレベル。

音は昔から聴力検査では人の声の周波数帯の周辺が左右とも平均を下回っているんですが、さして不自由ではありません。
ただ特定の音を選別する力が弱いというか。種々の音声、雑音がある中で特定の声・音を抽出するいわゆるカクテルパーティ効果が弱いようです。
調べていたら聴覚情報処理障害とかもっと酷くキツい障害があるようですが、さすがにそこまでではない。

いずれにせよスマホの通知を認知できてないから、スマートウォッチとペアリングしているとソレが振動して認知できるかも?と期待しての購入。

心拍数がとかアクティビティ時のログがとかそういう使い方ではなく。

 

電話の着信やLINEの通知があるとブブッと震えてくれて、最初は何の震えか気づくのが遅れたけど慣れたらすぐ反応できるようになりました。

 

とはいえ、つけているとやはりいろいろ試したくなるのが人の性。やれ心拍数はどうだろうとか見てみたり、ストレスが重度なのにビックリしてみたりそもそも何をもってストレス指数を計っているのだろう?

もっとも仕事中は時計関係は外します。指輪関係も外します。コレは衛生を気をつける医療従事者は当たり前のことです。だから歯科医師は原則半袖か腕まくり。
だから、24時間のログが出来ないんですよね。

 

睡眠の質もログできるようで、入眠から覚醒、そして浅い眠り、深い眠り、REM睡眠とかホントどこ調べたらそれがわかるの?という感じで計測してくれます。

そうなると勿体ないので運動時も計測したいじゃない?となってくるわけです。

僕はもっぱら運動と言えば週一でスイミング。だいたいスイム1キロ、水中ウォーク1キロという感じ。
以前は時計をつけたままで泳ぐと注意された(人とぶつかってケガさせる可能性があるから)のですが、最近は需要もあるからかスマートウォッチをつけても問題ないという回答を得ました。とはいえそれはジムによると思います。