サクラ歯科医院は2021年8月6日に1階・2階と拡張し、受付は1階になりました。

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
今年は困ったことに昨年に引き続き新型コロナウイルスの猛威に晒されながら、という嫌な始まりになりました。
早いところ収束していただきたいものです。

サクラ歯科医院では引き続きスタッフと一丸になり感染拡大防止の消毒等に留意して診療をしてまいります。
患者さん方も拡散させない気持ちでの行動をお願いいたします。

そんなステイホームを年に一回の年賀状お絵かきに込めてみました。

 

昨年は長女の中学受験などがあり、またジャンガリアンハムスターを飼い始めたりしたためにローラーを回る僕、応援している妻、階段を走りきろうとする長女、という感じで書いたわけです。
昨年のブログを確認すると二点透視図やら三点透視図を会得するまでの苦労を書いていました

今年は、丑年。
12年前は、長女しかいなかったので、

こんなんでした。SAIを使っていたようです。
24年前は、大学生のころで実家に帰省していたときに取り急ぎ描いた記憶があり、

なんとも牛乳石けんのごとき牛。
描いた牛と、姉に書いてもらった賀春の字を配置して実家のコピー機で大量印刷して、モザイクかけているけどそこは自分で鋳造したオリジナル判子を押していました。

 

で。

今年はだいぶ前からモデルは赤べこを使おうと決めていました。どこで買ったのか赤べこが家にはいまして。

なにせモデルがいると楽だし。
ただ、赤べこをどうしようか。最初は5体が縦に積み重なっている赤べこ、というのをイメージしていましたが、
ずっと妻が「キャンプ行きたーい・・・」とつぶやいていたので、じゃあ、と。

慣れていたならこの程度のラフからクリスタ内で描いていたんでしょうけど、慣れていないので、更に

線画を紙に書いてスキャンしてそれを下書きにしました。

で、いつもの如く無駄にレイヤーで分けては塗り塗り。

それにしても。
やはり使っている人が多い、というのはホント素人としてはありがたいです。いろんな人たちが使い方とか小技とか載せているし、いろんな人たちが作ったブラシやパターンなどを公式経由でダウンロードできて使えるし。
今回左下のフローリングはそういうパターンがダウンロードできて簡単に作れました。
右上の草原の描き方も説明があったのでそれを参考に描けましたし。
焚き火台の炎も同じく。

 

今回、キャンプ行きたーいというネタで描いたのですが、
もともと数年前からグランピングとかとともに流行りつつあったキャンプで、今年は新型コロナウイルスによる自粛で密を避ける意味でキャンプが大流行となりました。

だからというわけでもないのですが、ステイホームだからといってキャンプを自粛している、のではなく、
実は僕ら家族も今年からキャンプデビューしています。が、日帰りキャンプだけ。
ちゃんとした泊まりのキャンプはまだです。

今年は密を避けるため、キャンプ場に人が集まり密になったので、今まで予約なしのフリーサイトが完全予約制となったりしたところが多い。
また、もともと予約が必要なところの東京から行ける有名どころは、全然予約が取れません。

そういう意味合いの絵だったりもします。

だから、彼ら?赤べこ達が使っているキャンプギアはテント以外は持っている道具達です。
テントは持っているテントは全貌を写真撮ってなかったので上手く描けず、諦めてテキトウに描きました。

今年こそは泊まりのキャンプをしたいところですが、次女が小6なんですよね・・・。

 

ところで、赤べこのお尻というか太もも?に描かれている二重丸ってなんなの?