今年もおしまい

今年の診療も28日で終了しました。
まぁ29日は大掃除、30日は業者による清掃がありますし、
また何かあったら電話いただければなんとかしないといけないときは何とかするので、今日で終了、なのかどうかは微妙なところです。

 

今年は色々ありました。というか色々あったせいで何にもなかったというか。

今年は新型コロナに翻弄された年、で集約されそうです。嫌な話来年も、なのでしょうが・・・。

歯科、ということでいえば主に読売系列によるコロナで歯科が危ない、というデマがキツかったですね。
勤務医だったり衛生士だったりを自称する日の浅いツイッターアカウントによるコロナにかかりたくない、あぶない、こわいーのツイートが増えた直後にyomiドクターだったり日テレだったりで歯科による感染が危ない、という報道がなされてもう・・・

結局、パチンコ屋と同じく、明確にドクター→患者、患者→患者というクラスターの発生はなく、叫んだアカウントもその後は沈黙状態というね。

いずれにせよ、多くの歯科医院で患者さんが減り、またはソーシャルディスタンスのため減らして、その結果大きく減収となったところも多いです。ウチも減収しました。

まぁ・・・・多くの歯科医院が減収したといっても閉院したという話はほとんど聞かなかったのです。
さんざんメディアや歯科コンサルたりが今まで歯科医院が多すぎる、倒産する、なんて煽っていましたが、本当にそうならかなりの歯科医院が今回倒産(閉院)するはずなのです。でもそうはならなかった。歯科医院がヤバイって何が根拠だったんでしょうね。

患者さんが減って、治療途中の人もいるしお互いによろしくないなぁというところで、スタッフに手伝って貰って治療途中だったり定期健診の時期になっても来られない患者さんにたぶん1000枚くらいハガキを出しました。

その甲斐あったようで、なんとなく怖くて行けなかったけど、とか、タイミングがわからなくなって、とかの患者さんが戻ってこられました。
戻ってきたハガキもあり、中にはこっちの住所の書き間違いとか、マンション名を書かなかっただけで戻ってきたとかもあったのですが、結構引っ越しされているんだ、ということもわかりました。
しかも転居届を郵便局に出さないんだなぁと。僕は実家を出て初めての一人暮らしをしてから今まで4回引っ越しているのですが、毎回転居届け出していたのでなんだか不思議でした。

おかげさまで、軌道が戻り、さりとて以前のようにどんどんと患者を入れ替えるわけにもいかず、今までは器具を滅菌するという程度なのを椅子からなにから消毒清掃して、という行程が増えたために、患者さんを入れられる絶対数は減りました。とはいえスタッフ達はよく動いてくれています。感謝。

 

来年は・・・・・来年になったからといって勝手に新型コロナが終息することはなく、引き続き猛威にさらされながら暮らしていくことになるのでしょう。ホント新しい生活様式を余儀なくされます。

来年も引き続き気を引き締めてやっていこうと思いますので、よろしくお願いします。