年末年始のお休みは12月29日~1月4日まで

年の瀬です。年末年始を中途半端な状態でまたがないように予約の調整が必要になる時期になりました。

今回の年末年始休暇は、12月29日(火)から1月4日(月)までとなっています。

28日(月)が仕事納めで、29日が大掃除1、30日が大掃除2。
仕事始めは1月5日(火)からです。

 

 

 

今年は新型コロナウイルスの猛威のために、大きく出かける予定もありません。せいぜい密に注意しながら日帰りでどこか行くくらい。それも未定ですが・・。

まったく面倒くさいったらありゃしない。東京の大学に進学した僕の姪っ子も帰省しようか留まるか悩んだらしいけど、どうせオンライン授業だしと帰省することに。その代わり帰省しても5日くらいは自主隔離するということらしい。

 

主にテレ朝が総力挙げてPCR検査しろー検査しろー、陰性証明だせば安全だーと煽りまくり、いくつかの企業がPCR検査センターをオープンさせました。

検査して収束するならなんでNY州は感染が収まらないの?とか、
今年のインフルエンザは感染者数が99.7%減だそうで、無症状者のインフルエンザの検査なんかしたっけ?
偽陽性は?偽陰性は?

また木下工務店のPCR検査センターは、その注意事項に
「・本PCR検査は、新型コロナウイルスが唾液内に含まれているかを判定するものであり、新型コロ ナウイルス感染症への罹患について診断するものではありません。」
とあります。
判定はするけど診断はしない。
判定した結果、どうするんだろう・・・・?
いや、陽性反応の場合は医療機関を受診しろと書かれてあるけど・・・
陰性だと判定したけど感染していないと診断は出来ない、というのはその通りだけど、じゃぁ陰性証明とは・・・?

その陰性だと証明された後にクラスターが発生したケースなんていくらでもあるというのに・・・・。

 

結局、メディアや企業に踊らされず、陰性証明を得ようとも尾身先生や忽那先生の言うようにマスクの着用、こまめな手洗い・うがい、三密を避けるを心がけろってことですよ。

 

なのに、西伊豆町では成人式を控えた新成人に抗原検査を受けさせ陰性だったらマスク不要なんて言っているし・・・・バカなのか?