ポビドン

今回の件までずっとポピドンヨードだと思っていました。ポビドンヨードなのですね。

吉村府知事が暴走してミヤネ屋が引火させたらしいイソジン事件。今回はかなり早い段階で方々から勇み足を指摘されているので次亜塩素酸水より比較的早く収束しそうですね。たぶん。

「イソジンがコロナの治療に効く」

という風に一人歩きしたワケですが、現時点では
「ポビドンヨード(イソジン)でうがいをさせ続けていたら口腔内(唾液内)のコロナウイルスが減った。」

であって、それが
「イソジンうがいでコロナウイルスが減った」

からの
「イソジンがコロナの治療に効く」

と変質した、というか変質させたようで。翌日にはなかったことになっていますが。

それにより押しかけた客によりドラッグストアや薬局の方々が悲鳴を上げて混乱の元凶に非難をし、メルカリでは便乗転売が大盛況だそうです。

実際府知事は確立されていない、検証が必要だと、間違ったことは言ってないのですが、PVPIの商品をずらーっと並べるなど印象操作はしていたとしか思えず、結果こういう変質が容易に行われてしまうことくらい予想すべきで、やはり軽率であったと言わざるを得ません。

ただやはり今はツイッターを始め府知事の発言の一次ソースがあるので府知事が軽率であることは否めないにしても、情報番組(笑)の悪質さであり、また今回は同じメディアからも批判とまではいかないけど注意を促す報道がなされたのは良いですね。
昨日は仕事が休みだったのでミヤネ屋見ていましたが、なんかいろいろ矛盾が気になる生出演でした。

 

さて。イソジンによると

今回騒がれているポビドンヨード(PVPI)とはポリビニルピロリドン(ポビドン)とヨウ素が合成されたものでヨードチンキ(ヨーチン:ヨウ素のアルコール溶液)では刺激が強いため毒性を下げるために合成されたようです。

特徴は微生物に対する広範囲な殺菌性で、グラム陽性菌、グラム陰性菌、抗酸菌、真菌、ウイルスなどなど。コロナウイルスにも効くとされています。

そんな万能消毒薬ですが、今回問題となっているのは、
PVPIは粘膜刺激が強いため頻回のうがいによって粘膜に傷がつく、またそれにより逆にインフルエンザなどに罹りやすくなる可能性。
ヨウ素は妊婦さんや甲状腺に異常がある人には基本的にはダメ。
ウォルフ-チャイコフ効果といってヨウ素の過剰摂取が続くと甲状腺ホルモンの低下が起きるんだとか(健常者なら一時的)。そしてPVPIを飲むわけでもないただのうがいでも多少摂取されてしまうらしい。
ヨウ素アレルギーの人も少なくはないらしく闇雲に飛びつかれたら困る事態を引き起こすことになる可能性。
また、風邪やインフルエンザの予防に対してPVPIでのうがいと、水道水でのうがいでは実は水道水でのうがいの方が予防効果が高いという論文がある。
そして今回は水道水との比較はされていないようです。水道水は塩素が入っているから意外と消毒効果があるらしい。(昔ながらの塩水ってどうなんでしょ?)
あくまで口腔内のコロナウイルスが減少するだけで、しかも1時間~3時間程度で元に戻るらしい。治療でも予防でもなく飛沫感染による拡大を減らすというだけ。で、そのために頻回にうがいすると先の粘膜に傷がつくだけじゃなく、口腔内の常在菌まで減らしてしまいバランスが崩れる可能性がある。
で、会社休めない、無症状だから絶対隔離されたくない、という人が唾液によるPCR検査をすり抜けるためにイソジンうがいが悪用できることを府知事自らが示唆してしまった
そもそもそういうことが発覚したことから唾液によるPCR検査の信頼性が落ちるとしか。

また、イソジンなどのような医薬品をメルカリとかで転売すると薬機法に違反するようです。だからPVPIじゃないものが便乗転売されてるんだそうだ。それって意味あるの?

現在ドラッグストアから姿を消している件については責任者である松山先生はもともと今の季節はあまり消費がない時期だからこそ一時的に減っているだけで各メーカーに増産をお願いしているとか言っていたけど、エビデンスが確立される前にこの状況を引き起こして増産お願いして、もし効果はありませんでした、ってなったらPVPIがダブつくと思われるがその責任は取られるんでしょうかね?

 

そんな感じでもっとデータが集まってエビデンスが確立された状態で効果が謳えればよいのですが、現時点では厚労省が会見で言うように時期尚早です。