感染拡大防止シートを貼りました

やや遅ればせながら、サクラ歯科医院も受付に感染拡大防止シートを貼ることが出来ました。

「貼った方がいいかな?」とぼやっと思いつつもスタッフの気持ちを思いやれず、また天井が高いため貼れないだろうと自分に言い訳をしていましたが、
同じくクリニックを開けている友人がシートを貼ったとfacebookにアップして、しかも友人の所も天井が高かったため、自分の言い訳も立たず、スタッフに聞いたら実は切望していたコトがわかりました。院長、情けない・・・。

で、必要な大きさを計算し、

ホームセンターにでも行こうと思ったら、妻に咎められ行くのを断念。
そもそも、ここら近所?でそれなりに揃っているホームセンターは東久留米のドイト
夜遅くまでやっていることから前からちょくちょく利用していたのですが、
時短営業になっていないだろうかと検索したら、そもそも親会社がコーナンに替わってしまい現在全店舗休業中とな。

なのでAmazonで注文。モノタロウは10m巻きとかさすがのプロユースでした。
ただいい塩梅のビニルシートが在庫切れだったり発送が何週間か後だったりと、みんな考えることが同じらしく。
で、なんとか注文できたので来るのを待って、貼るタイミングをヒマであろう休日診療時に。

 

案の定、休日診療はヒマでした。さりとて診療時間中に受付のテーブルに立って作業するわけにもいかず、短い昼休みに。

どうやって貼ろうか・・・。
両面テープで貼ろうと考えたけど、必要なくなって剥がしたら壁紙まで剥がれそう。
画鋲・・・は石膏ボードに不向きだし、間違って引っ張られたらすぐ外れそうだし、外れないようにたくさん刺すと穴が・・・。
太い針のようなのも同様、外した後がなぁ・・・。

で、思い出したのがユニット前のモニターを増設した時に使った「壁美人」
コレはホッチキス(は商品名で一般名はステープラーだけど)の針で専用フィルム越しにガチャンガチャンと刺して固定するので、ホッチキスの小さい穴は外した後もまり目立たない(らしい)。コレだ!
ただ、ホッチキスだけで貼り付けるので問題ないのか、壁美人にある専用フィルム越しに貼り付けた方が強度があるのかわからず、一応フィルムだけを注文。

残念ながら画鋲で少し仮止めして穴を開けてしまったけど、無事、壁美人を使ってシートを貼ることが出来ました。

  

近所のファミマもシートが貼られていて、説明書きがあったので、僕もそれを真似して説明書きを作りシートにぺたり。

なんとなく丈が短いかなぁ・・・・僕と患者さんが同じ身長くらいだったら問題ないけど・・・・

と、休日診療で午後に来られた患者さんに受付の椅子に座って対応していたら、患者さんの口元と僕の視線を遮るモノがない。
座って対応したら感染拡大防止シートの意味がない!

なので、余ったビニルシートを切り直して、丈を長くして貼り直しました。それが一番最初の写真。

 

15cmくらいしか隙間がありません。どうなのコレ??
まぁ長ければ切ればいいし・・・。

 

それにしても。

今まで当たり前だったことが見直され、対策としてこのような措置になり、そうすると終息しても今回だけの時限措置でいいのか、という思いが皆に芽生え、今回のことがスタンダードになるかもしれない。
それはそれで良いことなのかもしれないのだけれど、

それでも患者さんとの受付でのやりとりがシート越し、ってのは世知辛くて不愉快な感覚があります・・・。

そういう感覚は、治療時にグローブをしないのが当たり前の時代から、するのが当たり前になっていく時と同じなのかなぁ・・・