サクラ歯科医院と緊急事態宣言と

新型コロナウイルスによる被害拡大を受けて緊急事態宣言が発令されます。
現在の法律上ロックダウン(都市封鎖)は出来ず、一般市民に対してはあくまで強い自粛の要請というレベルです。
(じゃぁなんで都知事は出来ないロックダウンという言葉を以前に使ったのでしょうね)

サクラ歯科医院では、今までと同様な器具の滅菌などの感染対策に加え、次亜塩素酸Na水溶液によるユニット等のこまめな清拭、玄関前の消毒薬の配置を行い、
いわゆる三密を避けるという観点から、診察室は排煙窓を開けて換気を良くしています(おかげで夜になるとまだまだ寒いです)。
歯科で患者と医療従事者が密接を避けるのは不可能ですし・・・。

 

さて、サクラ歯科医院の診療時間ですが、現在のところ診療時間に変更はありません。

一つは医療機関であること、
一つは時短診療をすることで、今来られている患者さんを短い時間に集約させることになり、逆に密集を作り出してしまうこと。
一つは院長・副院長は、小金井市民のため電車等公共交通機関を使う必要がないこと

そういう理由から診療時間の変更はしていません。

ただし、強い外出自粛の要請、という観点からも従業員を減数して行っていきます。

 

患者さんにおかれましては、継続していた治療がストップすることで、事態が悪化する可能性もあります。

メインテナンス、リコールでの来院は、しばし控えられても問題はありません。
また、治療が一段落ついたところで通院を休止出来ることもその旨お伝え出来ます。

ただ、出来るだけ自己判断で治療を中断されるのはお控えください。

また、強い自粛だからと言って痛いのを我慢するのも、また痛くなくても詰め物が外れっぱなしのままというのも得策ではありませんが、
患者さん自身およびご家族にコロナ感染の疑いがなければ、待合室での密集を防ぐ意味でもお電話をしてご予約をとりご来院してください。