絶賛肩こり中

腰痛は一段落。毎晩少ない時間ながらもストレッチをしてなんとか現状を保っています。

2か月くらい前から右肩の痛みが徐々に強くなってきていました。
もともと両肩の肩こりはヒドイのですが、特に右肩は生まれつき腱だかが緩く亜脱臼に近いことを任意で出来たりします。
なので、若いときは両手を指で繋いだまま腕を一周できたものです。
でも、ジョナサンズームパンチは出来ませんでした。波紋使えないし。

文庫版ジョジョ第2巻より

そんな緩い肩だからか、単なる職業病か肩こり、というより肩の可動域が狭くなり、今まで出来ていた捻りを加えたヨガっぽい動きというかジョジョ立ちをすると激痛で10秒くらい止まってしまうように。

四十肩か?とも思ったけどなんか違う感じ。

整形外科に行ってもどうせまたX線写真を撮って「骨には問題ないねー。湿布出しとくね」で終わるのが目に見えているので、やっぱり駆け込み寺として腰痛で通った接骨院へ。

ここで接骨院の公表。山田接骨院に通っています。
なぜ公表するかというと、3月いっぱいで閉院するから・・・。

非常に気さくで腕も立つ森先生がここを辞め吉祥寺で独立することになり、後任の先生を探していたけど次が見つからないため閉院となったようです。

まぁ次の先生が来たからといって、僕らもそうだけど施術は先生次第なのでダメなら閉院しなくても行かないだけなんだけれど。

 

山田接骨院は9時からなので僕は8時半に行き診察券を出してそのまま待合室で待っています。そしてウチの仕事が始まる前まで施術して貰う。という感じ。
僕は泣きながら「モリえも~ん。肩がとっても痛いんだ~っどうにかしてよ~~っ」と行くわけですが(うそ)、

肩周辺の筋肉の伸びが悪く縮こまって固まっている状態で、それを無理に伸ばそうとするから激痛が走っていたようです。
マッサージをしてもらい、痛みの原因が炎症と言うより伸びないことなのであれば、と家でもゆっくりと負荷をかけてストレッチをしました。

僕は、仰向けで寝た状態で右の上腕を横に広げ、肘を90度曲げ軽い万歳をするポーズが出来ません。痛いのです。
それをゆっくりと痛みを我慢しつつそのポーズを取り続けると1分くらいで痛みが減るので、上腕を上方にずらして徐々に可動域を広げるストレッチをやっています。

おかげさまで最初より痛くなるまでの可動域がやや広がりました。

 

さて、問題は3月いっぱいで閉院すること。肩こりにある程度回復の目処が立てばあとはストレッチでなんとかしようと思うのですが、まだダメならどこへ行けば良いのか・・・・

森先生に「小金井でどこがいいですかね?」と聞いてみたら
「あまりよくわからない」とのこと・・・・そりゃそうか。

ただ、月並みだけど古くからやっているところが安心できるよとのこと。
歯医者選びにも通じるところがあります。新しいところは借金返済が大変なのよ・・・。古ければ良いってもんでもないんだけど。

 

いくつか接骨院・整骨院にあたりをつけたので、ダメだったら行ってみよう。

森先生を慕って吉祥寺に行くのもいいけど、やっぱり面倒くさい・・・。

 

ところで、8時半から行くのは患者が多いからですが、そして森先生が、山田接骨院が閉院するのでさぞ患者が押し寄せているだろうと思いきや、

少ない。

理由は新型コロナの件で、患者は高齢者が多いから来るのを控えているらしい。あぁ。
おかげで最近は8時半じゃなく8時50分くらいに行っても問題なかったりするので僕的にはありがたいのですが、もうすぐ惜しまれつつ閉院するのに空いているってのも哀しいなぁ・・・。