暴落

保険で使用する金属は主に12%金銀パラジウム合金です。

約1年前にも書いたけど、書いたことを読み直して愕然としました。

 

《材料屋から歯科鋳造用金銀パラジウム合金を買うときは基本的に一袋30gで買います。
開業時、つまり11年前は一袋1万3千円くらいだったのですが、10年前は1万円をきっていました。
それが、今や5万5000オーバーですよ!?》

 

・・・今、8万オーバーですよ・・・・。10万にまでいくかも、ということも囁かれています。

理由は事欠かないというか、結局は投資家に動かされているわけですが、新型コロナ騒ぎが全世界で発生し、株価が下がっているので、そりゃ金とか上がるだろ、普通に。
と思っていたのですが、

たまたまTwitterを眺めていたら誰かのリツイートで流れてきた情報にビックリ。

ゴールドが大暴落しているそうな。
更にニュースをあさったら、パラジウムも暴落しているようだ。

《USグローバル・インベスターズの主任トレーダー、マイケル・マトウセク氏は「多くの投資家やトレーダーが他の商品の追加証拠金支払い要求に応じるため、手持ちで売れるものは何でも売っている。だからこれが金と金鉱株に打撃を与えているのだ」と説明。》

なんだってさ。

こういう不況っぽい話になり株価が下がると、教科書的には金とか宝石とかそういう国に左右されにくいモノの価値があがると僕でも知っている。
ので、こちらの記事では最後にこう締めくくられています。

《株価急落がメディアでは大きく取り上げられているが、その環境下で金価格が急落していることは、極めて不気味な現象である。》

株とか投資とか素人が片手間でやるもんじゃないね、やっぱり。わけわからんもん。

 

そんなことより、実生活で使うパラジウムとか金属が10年前の10倍にならんとすることが是正されないと。
僕ら歯科医師もどんどん逆ザヤ状態で困るし、それを是正するために保険料の改定があってもそれは結局保険料や自己負担分に上乗せされるだけで患者も困るし。