衛生用品

新型コロナで国内ヤバイかも、と言われ始めた1月末、業者から「マスクがなくなるかも」と言われて気づく。
なのでアスクルで通常購入の倍購入。

その二日後にアスクルでの購入が出来なくなったので、ギリギリ間に合ったかと安堵していたけど、それでもまだこうも長期化するとよくよく見通していたらわかってもよかったのに、そんな見通す力が無いのでわからなかった。

 

在庫が心許なくなってきたのです。

歯科材料販売業者でもてんやわんやで入荷が少ないから購入個数を制限したり、もともとマスク購入取引のあったクリニックにのみ売るとかしているようです。

アスクルは今もってマスクやアルコール消毒液などの入荷の目処がたっておらず、歯科通販のFEEDも同様に欠品、同じく歯科通販のCiメディカルが、1日1個という制限で売っていたのが、とうとう在庫がつきた様子。

それでもCiで在庫があるまでは1日1個注文していたけど、5000円を超えないと配送料がかかってくるので、ついでにと毎回5000円以上になるように注文していました。
少し問題になったコクミンドラッグの抱き合わせ問題ではなく、前々から5000円以上で配送無料なのでCiに文句言うことはないし、Ciは商品が比較的安いので今までよそで購入していたのをCiに代えた、というだけ。
Ciは売り上げ伸びてるんじゃないのかなぁ。

 

サクラの近くのココカラファインや小金井のメガドンキホーテなどには開店前からマスク購入のための人が列をなし、
横浜ではとうとう流血沙汰

医療関係者消防士が備品のマスクを横流ししているのが発覚したり、メルカリなどで転売ヤーが需給の結果だと開き直るように高額販売。

消毒用アルコールがなくなったからと、アルコール度数96%のスピリタスで代用しようとかもうなにがなにやら。

サクラの消毒用アルコールは国内生産だけど、容器が中国製らしく、中身は作れるけど容器が欠品しそうとか。

衛生用品周りのみならず、世界の工場なんていわれるだけあっていろんな分野で品薄や値上がり、欠品、延期などが相次いでいるし、主に中国人観光客に依存しまくっていた観光地は人数激減し、バス会社が早期退職を促したり、ホテルが倒産したり。

これを機に、という言い方すると不愉快な気持ちになる方もいるとは思うけど、たとえ商品が多少高くなっても様々な分野で国内回帰し内需が拡大したら良いなぁ。

 

その前に、公立の小中高校の休校を要請するとか、やりたい意図はわかるけど実際困る、や、イベントの自粛などで、社会が混乱して不況が到来しそうだけど・・・
連鎖倒産も怖い・・・

 

電通本社の社員全員が在宅勤務になったり、ウチの社労士事務所も在宅勤務になったりと、在宅勤務やらテレワークやら時差通勤やら。

こーいってはなんだけど、在宅勤務できる仕事が羨ましい。
僕も在宅勤務したい。正露丸と今治水でなんとかならんかいな。ならないか。

ちょうど1年前にロボットアームとARを使った遠隔操作歯科医院のことを僕は書いていますね。

《たとえば、歯科ユニットにロボットアームとモニターとカメラがあり、スタッフはいるけど、僕はいなくて、僕は自宅で遠隔操作。会話はモニター越し。
しかも全てのユニットにソレを設置。僕は治療を終えたり、患者さんに麻酔をして麻酔が効くまでの間に、他の患者さんの方へ向かう、のではなく、ボタン一つで移動(?)

いやー・・・何億かかるんでしょうね。そして患者さんは不安になるでしょうね。
でも、そうすると在宅勤務ですよ。》

 

これの問題点は今回の件だけに言及すると、僕だけが在宅勤務であり、スタッフも患者もこっちに来ないといけない、というところか。