最終日2

29日(日)は朝から業者による床清掃。

 

明確な理由が未だわからないのですが、冬になると床に変な黒っぽい埃が噴出します。夏は少なめ。
だからコートとか上着に付着した外部の砂埃などが落ちてくるからじゃないかと推察。

なのだけれど毎度掃除をしてもどこからか現れ出る。どこに潜んでいるのやら。しかも患者の出入りで増えることはあれど減りはしない、はず。

床清掃は清掃後ワックスがけだから当然のようにいろいろなモノをずらして清掃するので、隠れている黒いナニカも一緒に清掃。一時的には黒っぽい埃はなくなります。しばらくしたら出てくるけど。

土足じゃないのにこの有様。

土足のクリニックはいったいどうなんでしょう。

バリアフリーと言うことで土足化が進んでいます。政府が東京五輪を機にバリアフリー認定制度を創設とか言ってますし(ていうかやるんだったら東京五輪が決定した時点で五輪開催に間に合うように制度化するべきだと思うのですが・・・。どうにも東京五輪の御旗の元になんでもごり押そうとしている気がしてなりません)

サクラは階段しか手段がない2階の時点でバリアフリーは諦めているので土足にしていません。それでも土足を望まれる患者さんはいらっしゃるのですが、
どうにも衛生的ではないと考えてしまいます。
実は土足だろうと内履きだろうとあまり関係ない、というのは知ってはいるのですが、理屈ではなく感情で。

 

まだサクラは一応都心部であり?、階段もあるので、仮に土足化してもおそらく大丈夫なのですが、田舎や郊外を中心に非土足化が復権しているらしい。
農作業をした泥付き長靴のまま来院する患者さんも少なくないとかそういう理由で・・・。

 

そんな床清掃を行ってもらっている間、僕はドクター室に籠もって周辺の片付けやファイル整理を行っていました。

そして今日は一応本当の最終日、30日は9時から12時、13時から17時まで休日応急診療です。

基本的に応急処置ですからね。大きい処置は出来ません。
また初診料の他に休日加算が算定されるので、奥歯の詰め物が取れたけど染みたりも痛くもなんともない、という程度だったら休日応急診療を利用するのは少々もったいない気もしますが、間があくと入らなくなるコトも多いし、モノが詰まって痛くなるとかもないわけではないので、そこら辺はご自身の判断で。

 

サクラは普段10時からスタートなのに今日は9時からなのと鍵の都合上8時出勤となり早起きなのがツライ。
小金井市は昔、休日応急診療の昼間帯と準夜帯の二つがありました。準夜は18時から20時だったと記憶していましたが、準夜帯と銘打っているのにサクラの平日より早く終わるじゃないか、となんともモヤモヤした記憶があります。準夜は諸事情で終了しましたが。

 

さて、前に書いたように混むそうですが如何に・・・。