歯科 ブログ

ブログを書いています。
といっても今更ですが。サイトリニューアルして2年ちょっと、かなり頻繁に書いています。550以上の記事数です。

主に駄文を。

9割は歯科に無関係な内容を。

 

歯科 ブログ」で検索すると、多くの歯科医院のブログが出てきます。僕のブログはほとんど出てきません。
理由はいろいろあるんでしょうけど、僕のブログは「サクログ」だから、というのも一つかも。あとは、他の歯科医院のブログはプロの業者がSEOセッティングしたブログだからかもしれませんし、

一番はなによりも、皆さんちゃんと歯科ネタを書かれているんですよね。

見てると、月に1回から4回くらいが多いか。
スタッフにも書かせているともう少し頻度が多いかも。

ちゃんと歯医者らしいブログを書いているなんて偉いなぁと他人事のように思います。自分も歯医者なのにね。ネタと裏付け大変なんだもん。

 

ところが。

歯科 ブログ 代行」で検索するとSEO対策として歯科ブログ代行サービスの業者がちゃんといるのですよ。

ひと昔前のSEO対策は、ただ歯科にまつわるキーワードがあれば良かった。またたとえば「小金井市の身近な歯医者さん サクラ歯科医院 院長松本です」なーんて序文が必ず入ったブログとか。

今のグーグル先生にとってはそんなの何の意味もないらしく、重要なのはそのページが検索者の役に立つか否か。多分検索ワードとページ内のワードとの関連性や、検索してページビューされる回数とか見ている時間とか直帰率とかそういうのをカウントしてそのページが、また親ページ、つまりトップページそのものが検索結果上位に引き上げられていくんでしょう。
(なのでページの表示が速いというのも重要なファクターとなります)

だから、僕のブログのようにサイトの総ページ数に対して駄文の割合が多くなればなるほど検索順位が下がっていく、そういう仕様になっているんじゃないかと思います。

だから、SEOとして、歯科医院の体裁として考えるなら、定期的にちゃんと意味のある歯科ネタのブログをアップする。というのが一番良いわけです。
なので正確な記事を書くための調べる時間がない、ネタも無い、そもそも文才がない、と言う人のためにさっきの歯科ブログ代行サービスですよ。

なんでも元歯科医師とか歯科衛生士、歯科関連企業社員とか歯科に携わる人が厳選されたゴーストライターとなって作成代行するんだとか。

ホント、いろんな業種があるもんです。

 

うーん・・・。疑問がいくつか。

ゴーストライターが書いたブログの記事を読んだ患者さんから相談を受けて、自分が書いているワケじゃないのにその相談に対して的確に受け答え出来るのか?(Q&Aには歯科医院に合わせるように打ち合わせをするらしいけど、代行サービス利用する先生がきちんと精査するんかな?)

セミナーに行ってきた感想とか、スタッフと新年会をしたとか、歯科関連以外の内容をその先生が書いた場合、文体が違ってしまわないのか?(Q&Aには記事を自由に改編していいらしいけど・・・)

そして、そのゴーストライター、一記事幾らなんだろう。気になる。僕が副業しちゃいかんかしら?時間ないけど・・・。

 

しかし、自分のホームページが、自分の名前で書かれたブログが、ゴーストライターが書いたってんで・・・・・それでいいの?
一応それが嫌な人は「医院ニュース」という体にするコトも出来るらしいけど・・・。
なんか検索順位とかのSEOのため、で何か見失っているんじゃないか?
という気がします。

 

もっとも、「内覧会を開催しました」「オープンしました」「○月○日は休診します」で終わっているブログよりマシと言えばマシ・・・?

 

ちなみに。
僕の独りよがりな駄文はサクラにとって無駄かというと、一応ブログで僕の人柄を知り来院される人もいますので無駄じゃないっぽいです。コストパフォーマンスは著しく悪いと思うけど。