ドキュメント72時間

録画したドキュメント72時間の「福岡 泣いて笑って24時間歯医者」を見た。

一時期は日本に3軒くらいあったと思った24時間歯科医院も、今はどうかしらないけど、ほぼほぼ24時間営業歯科医院イコール福岡の空港口24時間歯科という感じ。

なのでドキュメント72時間のロケ地としては面白いと思うんだけど・・・・・これだとNHKなのにクリニックの宣伝に該当しないのかしら?
具体的な名称は出てこなかったけど、そもそもクリニックの外観が・・・。
まぁサラメシだってだいたい会社名わかっちゃってるしね。今更か。

 

僕が大学生になって上京して、帰省する際は今でこそ佐賀空港へ行きバスで佐賀駅バスターミナル、だったけど、当時は福岡空港へ向かい高速リムジンバスで佐賀駅バスターミナルという流れが多かった。するとこの空港口24時間歯科を横目に通過するルートを通るし、あの外観で目立つ。

なのでこの歯科医院、24時間歯科医院は一時期24時間の「間」が「迄」に張り替えられていたことも知っている。人手の問題だったんだろうなぁ。
で、今はまた24時間になっていると。

まぁそれはそれとして。

見ていると24時間やるという人件費とかからのコストパフォーマンスはどうなんだろうと内部を知らないから無責任に思うけど、需要はあるんですねぇ・・・僕には無理だけど。
学校の教師が午前1時頃に通院して、生徒指導とか残業が多くて子供達を寝かしつけていたらこんな時間にしか来られない、というコメントが・・・。

夜勤の先生の時、診療補助がいなかったのはカメラの画角の都合なのか、スタッフが写るの嫌がったのか、そもそも人手がないのか?

 

そして、ドキュメント72時間って個性的な客にクローズアップするから、以前の名古屋の喫茶店も、見ていて個性的な客ばかりすぎて一見さん入りにくそうなイメージがあったけど、
今回も、駆け込み寺的な編集になっていたのが、ちょっと気になる。実際駆け込み寺になってるとは思うけど、普通に普通の時間帯にメンテや予約で通う患者も多いはず(実際、月一メンテの義歯の爺ちゃんや、歯がボロボロの奥さんとかいたしね)。
だから、実際24時間歯科を僕ら同業者から見ると、患者さんの急患率とか、深夜帯の定期通院率とか内訳が知りたくてたまらない。
もっとも、知ったからといって24時間歯科なんておいそれと真似できるもんでもないので、知る意味はないのかもしれないけど。

 

だいぶ前に、WBSで最近の歯科医院は増えて大変でいろいろ工夫?しているって特集があって、3軒の例があり、
1軒は先生が患者さんの前で片膝ついて問診していてホストみたいだった、2軒目は横浜にある24時間歯科医院を3人で回しているというキッツイスケジューリングで、3軒目は先生が着ぐるみで外でティッシュ配っていた。
・・・てのがあり、片膝ついては僕がやったらキモチワルイし、今はもう横浜で24時間歯医者はないんだなぁ、と思い、着ぐるみティッシュはWBSのアナや解説委員は一言もコメントしていなかったのが記憶に残っています。