フリースタイル

ウチのスタッフが、友人の出産の見舞いに行ったらそこの病院に「『当院ではフリースタイル分娩は行っておりません』て張り紙があった」と言って副院長含め他のスタッフが「ナニソレ?」となり、副院長が検索してみんなで爆笑していた。
ということを、違うことをしていた僕は遠くで気配で聞いていた。

 

フリースタイル分娩(出産)は、アクティブ・バースと同じなのかアクティブ・バースの一カテゴリなのかよくわからなかったけど、妊婦さん・子供主体の自由な体勢での分娩で、欧米を中心に浸透しつつあるんだってさ。どっかでは欧米は帝王切開が主流って聞いたんだけど。
一応、フリースタイル分娩のメリットの文献はあるらしく、ただ、画像を見るとまさに「ナニコレ」なスタイルが多く、病院の導入へのハードルには助産技術の不安とか医師の否定とかあるみたい。

http://rebornshop.cart.fc2.com/ca6/57/より

 

なんか四十八手みたいでアレだけど、体勢の中にはツッコミどころしかないスタイルもあり、でもイキみやすいスタイルが選べるのはいいのかなぁ。
一生体験することがないのでよくわかんないけど。

ただ、仰向けM字開脚は医療者側には都合が良いスタイルだよねとは思う。

しかし、何時間かかるかわからん場合もあるのに、旦那がずっと抱えたりするのはなんか辛そう。
産みの苦しみの共有になるのかしら?

 

フリースタイル分娩が母子ともに楽だよ、という意見には「なるほどね」と思うのですが、
フリースタイル分娩を、人間が本来持っている産む力を引き出すとか、自然に産む自然分娩、とか書かれているのを読むと、
「こうやって、『だから帝王切開は~』とかマウント取ったりする人出てくるんだろうなぁ・・・・」
と思ってしまいます。

 

ちなみに、フリースタイルってあるんだから、エクストリーム出産ってあんじゃないの?と検索したら、ツイッター上のハッシュタグに「#エクストリーム出産」があったけど、ツイート見ても全然わからん。
「エクストリーム 分娩」で検索したら、自然派出産を礼賛するドキュメンタリー映画「プルミエール」とかいうのの解説があり、どん引き。