即位礼正殿の儀

22日はカレンダーは黒字なのに即位礼正殿の儀とあり、祝日でした。

NHKで中継を見ていて、天皇陛下が昇る玉座「高御座」を「たかみくら」と読むことを知って、
あぁこういうことは訓読み(和語)なのか。と勝手に得心していたら、皇后陛下の昇る御座が「御帳台」は「おはりだい」とか言うのかと思ったら「みちょうだい」と音読みだったので、ありゃ?と思った次第。

考えてみたら「そくいれいせいでんのぎ」も音読みでした。

そんな高御座と御帳台ですが、帳がおりてまたあがったら中身が入れ替わってた!とか引田天功の脱出!とか頭の悪いことを考えていたのですが・・・。

 

それはそれとして。

令和と元号が変わったり、即位礼正殿の儀とか、そういうコトに際しての総理大臣が良くも悪くも長期安定政権である安倍首相で良かったというか。

これがたまたま羽田首相(在位期間64日)や宇野首相(在位期間69日)レベルがたまたまやることになったら歴史の教科書的にどうしよう・・・・という気持ちになってしまいますね。
令和の改元の時(5月1日)と即位礼正殿の儀(10月22日)の時の首相が違うとか面倒でしょうがない。

 

また、朝から雨だったのが式典の際は雨がやみ、あまつさえ虹までかかり、果ては富士山まで顔を出しわざわざ平年の22日遅れの初冠雪とか、出来すぎの自然現象が、
神器の一つ、天叢雲剣(草薙剣とも)や皇室の祖先が天照大神だったりと相まってたくさんの中二病患者を生み出したワケですが、
誰が言ったのか、昭和天皇の即位の際も晴れたりとか晴れ男なので天皇晴れとか、エンペラーウェザーとか言われたそうですね。ツイッターでもトレンド入りしているし。
エンペラーウェザーとかももろ中二病ですよね・・・。

ここら辺は、さすがにそうだとしてもその前に台風被害が大きかったので素直にはしゃげませんが・・・。