休める時代

台風19号、舐めてました。ごめんなさい。
東北~関東甲信越、東海などなどかなりな広範囲で大被害をもたらし唖然としています。

皆様、被害等はいかがだったでしょうか。
多摩川沿いとか荒川沿いとか河川の近くや山の近くなど、小金井はあまりそういうのがないからと思っていたら、市役所から?東町や貫井南町の一部で警戒レベル3とかそういう放送が流れてきてビックリ。
夜にはエリアメールまで。

それでも小金井は何にもなかったレベルだと思います。他の冠水、浸水などに比べたら・・・。

 

12日(土)は金曜日に協議して最初は午前中に集約しよう、から、臨時休診にしようと決定して予約の患者さんへ連絡、だいたい連絡がついたのですが一部つかなかった方がいて、
当初、僕だけでもサクラに詰めて開けていようと思ったのですが、金曜日の帰宅後、報道を見て妻から「明日、外に出るなー」と言われて、またサクラに戻って貼り紙を作成し、連絡の付かなかった患者さんに電話したら連絡のついた患者さんもいたので、あとは電話転送で対応しよう。

そして1階に置いているデジタルサイネージが転倒しないかと、最初から転倒させておきました。

本当はせめて2階のエントランスに運び入れたかったのですが、電源コードが柵にくくりつけられていたので断念したのです。腰も痛いしね。

 

JRも計画運休、イトーヨーカドーその他も被害が出そうな地域を臨時休店にしたり、コンビニも休みになったりと、
一昔前だと、「客が利用したいんじゃ!休むな!」と逆ギレされ、それが当然のように思われていたことが最近だと「従業員を第一にして休む事」への容認がなされるようになりました。非常に良いことだと思います。
むしろ無理に出社させる企業がSNS上で叩かれる時代です。自分勝手な言い分を振りかざしてSNSにアップする人も叩かれる時代です。
・・・まぁ歪んだ正義感の方々もいると思うけど・・・。

とはいえ、自治体、自衛隊や警察、海上保安庁等はもとより、電力会社、ガス会社、水道局など生活インフラ系の企業等は休めないと思うと頭が下がります。報道機関も。

 

しかし、数十年に一度の特別警報ですが、なんかここ数年の感じだと、数十年どころか来年にも起きそうで怖い。
そして政府が復興費と称してまた税金の重ねがけをしそうで怖い。