接骨院/整骨院

続き

腰痛に悩まされ、湿布(鎮痛テープ)を貼ったり、よくわからないけど腰用のコルセットをしてみたりしていたけど、一向に改善の兆しがない。

そんな中、3歳児健診でその話を保健センターの衛生士さんと話をしていたら、自分たちはみんな○○接骨院に行っているよ、先生も行ってみたら?
と言われたので、さっそく行ってみました。

行った日が予約で一杯の日だったにもかかわらず、「痛いの?」と聞かれたので「ずっと痛いです」と言うと、
昼休みにあたる時間に少し診るからその時間に来て、と言ってくださりました。20~30分くらいだけど。
いえいえ、診てくれるだけで結構です、ありがとうございます。
と、その時間に改めて行きました。

話を聞かれ、スマホに撮った整形外科でのX線写真を見せ、背中越しに動きを見られ、その時点で
「左重視の身体だけど、右肩と右の骨盤が上がってるね」と。

それって僕自身は左利きだけど箸とペンは右を使ってるので仕事も右を使っているのも関係しているんですか?

あるかもね。

で、寝て、触診。

それまでの僕の痛い、の認識は、ただ腰が痛い、腰の周辺が痛い、朝起き上がろうとすると痛い、横向きになると骨が自重でズレる感覚がありその時は痛いけどすぐ収まり慣れる。
というくらいだったのが、腰の左側の筋肉が痛いと判明(他も痛いんだけど、一番キテるのが)。左の内腹斜筋、外腹斜筋、腰方形筋あたりを中心に張りまくりなのだそうで。
で、少し施術して貰って、翌日の朝一に通院して、さらに施術。
背中の筋肉もかなり張っているらしく、硬さは硬いけどすさまじく硬いほどではないらしいが、非常に解れにくいとのこと。

それでも、二日目の施術で痛みの範囲が減少し、なにより背中のハリなんて感じてなかったけど、ハリが取れたことで背中も結構張ってたんだなと気づく始末。

三日目になると更に減少したり一部はぶり返したりしたけど、まだ相変わらず朝起き上がろうとすると腰が痛くて手で支えるか、体位をずらそうと捻りを加えると痛くて捻れないとかあるけど、ちょっとずつすっきりしていってます。

ずっと蓄積していた結果なので、施術で解されながら
「ガチガチに貯まった歯石を徐々に減らしていっている様な感じかなぁ」と歯科関係者しかわからないような感想を抱きながら呻いていました。
すると歯磨きに相応するのがストレッチだろうか。

 

それにしても。です。

整形外科全体がそうだと言うつもりも、接骨師がそうだと言うのでも無いのかもしれませんが、X線写真撮って骨に問題が無いからそれでお終い、はないよなぁ、としみじみ。
僕ら歯科医師も、痛い、違和感、そういうので来られて、X線写真を撮って、悪いところが無いから「問題ない」と言って誰が患者さんが納得するでしょうか?
やはり聞いて、診て、触って、感じて、寄り添って、解決に向かわないと、独りよがりな診察はいかんよねとつくづく思いました。

治療そのものが正しいか正しくないかはわからないけど、
症状が軽減していることと、接骨師の先生が寄り添ってくれていることをすごく感じるので信頼しています。この信頼がやっぱり大事だよねと。
患者?になるといろいろ自分の行動を考えてしまいますね。フィードバックしないと。

今朝、ドクターXの米倉も病気にかかって寄り添ってなんちゃらかんちゃらが大事だから、それを活かした大門になんちゃらかんちゃらと言っていましたが、それは・・・そうなのか?

 

で。
接骨院と整骨院と整体院はどう違うの?と聞いたら、接骨院と整骨院は一緒で国家資格を持って行っているとのこと(柔道整復師のことなのかな?)。
整体院はマッサージ屋などを指すらしいけど、最近は柔整師であっても整体院を標榜してさまざまなことをしているケースもあるからはっきりしないとか言っていました。

僕自身、昔というか今でもあるけど「接骨院」と書かれてある横に「ほねつぎ」とか書かれているから、やっぱり骨中心なのかなと思っていました。
でも実際今回は骨というより筋肉を中心とした施術なので、言葉だけでいくと「どこが接骨」なのだろう?という感じはあります。むしろ「整体」の方がしっくりくるので、そういう先生がいるのも非常にわかる気がします。

 

しばらくは集中して朝一で毎日通って、徹底的に改善し、腰が落ち着いたら肩をやってもらって、あとはなりにくいように痩せたり筋肉付けたりストレッチしたり、かな?それも聞いてみよう。