電子アポ帳

サクラ歯科医院は、ネット予約は今のところ一切考えていません。
以前にも書いたけど、どうにも相手(クリニック)と絡まずに簡単に予約できるという気軽さは、気軽に無断キャンセル出来ることに繋がる感覚があるからです。
また、ネット予約を受けたもののコチラの意図の枠ではなかったりすることも多く、その調整の手間や電話での予約の取り直しへも忙殺されるという話だったので。

 

が、ネット予約とは別に、電子アポ帳はそろそろ導入しようかなぁと考えています。

最大の理由は、次回予約。

最近、サクラ歯科医院は院長である僕も副院長も、次回予約が3週間後以降という非常に申し訳ない状況で進行しています。
その割には皆さん忘れずに来られていると非常に感心してしまうのですが、とはいえ忘れるでしょう?
少なくとも僕だったら忘れる。

ということで、リマインダー機能(前日や前々日などに予約確認のお知らせを伝える機能)が欲しいのです。
(業者と話していたらリマインダーをスタッフに手動でいちいち書いて送らせているクリニックがあったとか・・・)

以前からネット予約だ電子アポ帳だという話はいろんな業者の方からあったのですが、リマインダー機能のためにメールアドレスを聞くってのもなぁ。高齢者置いてけぼりかな?
とか思っていたのですが、最近の高齢者は意外とデジタル強かったりするし、
そもそも昔からSMS(ショートメール)というものがありまして。
僕はSMSは消え去る機能だと思っていたのですが、意外と大活躍。僕も歯科医師会の他の先生方相手に使っています。
メールアドレス知らなくてもLINEと繋がってなくても携帯電話の番号さえ知っていれば送れるというありがた迷惑機能。
挙げ句、最近の「+メッセージ」なんてSMSでのやりとりが拡充されちゃってるし。

SMSでリマインダー機能はありだなぁ。と。

あとは、カルテコンピュータの患者登録と連動して、アポ帳での患者さんへの予約登録が患者番号と、ドラッグ&ドロップとタップで作成できたら、僕的にOK。

 

当然、そういうシステムはそういう企業へ月額幾ら、という金額が発生するわけですが、
現在、サクラ歯科医院のリコールハガキは、毎月150~170枚くらい送っています。つまり毎月ハガキだけで1万円前後使っているわけです。
SMSを利用したリコールメールでハガキがゼロになるとは業者も言っていませんが、だいぶ減るかな?
しかもハガキは増税で62円から63円になるしね・・・。

 

そもそも、USENが4年前から歯科事業への専門部署を作っていて、USENを利用している歯科医院への営業でその話になったのが今回の件ですが、
USENは後発で、多くの先発企業が電子予約を出していました。
なのでUSENに限らずいくつかの予約システムをデモで見て触って(また導入している友人のクリニックに遊びに行って)、金額を考慮しながら決めようかなぁと思っています。

ちなみに、USENは歯科に限らず店舗事業に対して、そもそも大元となる音楽の供給や、開業サポート、HP作成や店舗アプリ、防犯カメラ、フリーWi-Fi、予約管理、クレジット端末、ウォーターサーバー、デジタルマガジン(dマガジン)、従業員の勤怠管理、損害保険などなどワンパックでやっていて、その歯科版が4年前に立ち上がったという感じらしいです。

すでに有線じゃないのですよ。