中古美品ってやつ

自分の部屋の掃除をしました。

僕はモノをため込む癖があります。僕はよく部屋を散らかすけど、片付けられる人です。その代わり捨てない人でもあります。
学生時代は押し入れにテトリスのようにため込み、引っ越しの際に業者の人に「一人暮らしの荷物じゃ無い」と溜め息つかれました。

その頃に比べると長年肥やしとなっているだけのモノは処分するようにはなっているのですが、やっぱり貧乏性なのか「いつか使うかも」で残してしまっています。
この血脈は長女に受け継がれています。机が汚い・・・。

 

そんな「いつか使う」ってことも皆無な外箱までため込んでいたりしていました。
メインPCであるSurfacePro5の箱はまだしも、そのタイプカバーの箱とか、はては先日書いた2000円の中華製片耳イヤホンの箱まで。

箱を残す、というのはいつか売るかも、という意識からなのですが2000円の中華イヤホンが売れる、と?

というわけで、取説などは紙袋に詰め込んで、ため込んだ外箱を一斉処分しました。
ただし、現在のメインデジカメのRX100M6とオリンパスPEN-Fの外箱除く。

そして代わりにクローゼットから出てきて捨てるに捨てられないデジカメが二つ。

コニカミノルタのDiMAGE Z2(2004年発売)、サンヨーのXacti C6(2005年発売)

それぞれ中古だけど全て揃った超美品。16MBのSDカードから製品登録のハガキ、開けてもいないストラップやケーブル類まで。

    

 

    

 

 

売れるのか?
とはいえ、ここまでキチンと揃えているとさすがに捨てられない。かといってどこの売ると?

と、ヤフオクを覗いてみたらZ2は取説だけで500円と誰が欲しいのかさっぱりわからん出品があったけど、Xacti C6は結構出品があって1万から3万(未開封品)くらいまで。

かといって、こんな今時HD画質でも無い、よっぽどスマホの方が良く写るご時世に、誰が買うのコレ?
コレクターズアイテム???

Z2は乾電池駆動なので多分動くだろうけど、C6はどうだろう? 完動品なのか試す気も起きない。
が、とりあえずまたクローゼットに大切にしまい込んでおくので、もし欲しいという方がいたらメールでも下さい。応相談ってヤツで。