宮ヶ瀬ダム周辺05ー宮ヶ瀬湖畔エリアー

続き

ダムの天端をエネルギー館の反対側に行き、道なりに進むとあいかわ公園へ戻ってしまうので、これは帰り方向で。

エネルギー館に掲示されていたグラススライダーのポスターに僕も次女も気になっていて、
じゃぁソレをやりに行こう。

宮ヶ瀬湖周辺はざっくり3つのエリアに分かれているようで、ダムサイトエリア宮ヶ瀬湖畔エリア鳥居原エリア
外周で繋がっているから車で行けるんだけど、混雑の中車で移動して駐車場で困る気もする。
またそもそも僕は宮ヶ瀬湖のスケール感を間違っていたので、歩いて行けるんじゃないか?とか勘違いもしていました。
で、結局、湖内のシャトル船を使うことに。エネルギー館の横に乗船券売り場があり、現在14時20分で、グラススライダーのある宮ヶ瀬湖畔エリアへの出発は14時55分。しかも、湖畔エリア→ダムサイトの帰りの便は最終が15時55分。グラススライダーで遊ぶしか時間は無いな・・・

船着き場には既に幾名か並んでいたので、僕らも並ぶことに。
他の客の犬(ジャックラッセルテリアなんだってさ。尻尾カワイイ。)と戯れた。

船が着き、出発。宮ヶ瀬ダムの正面(実はダムの目的は貯水だから貯水側がダム正面。絵になる側は背面なのだ。ダムは背中で語るのだ。)の写真を撮ったりしていたけど、寝てしまった・・・。

  

で、15時15分到着。湖岸を歩いて行こうなんて行動しなくて良かった・・・。

帰りの最終便に間に合うように、乗れるようにするにはやっぱり並ばなくちゃいけないんだろうか、となると15時40分には船着き場に着いた方がいいんだろうか。
時間ねぇな。で、子供達は焦るようにグラススライダーの場所まで走るけど、僕が走れない・・・待って・・・。

そして見えてきたグラススライダーの人工的な緑。時間は15時25分。30分500円だけど時間的に10分くらいしか滑れないけど、まぁいいや。

当然、上へ登るのか・・・で、登って見たものは・・・

 

「本日の受付は終了致しました」

はぁ?
と他の家族連れも思ったらしく受付の小屋に詰め寄っていたけど、とはいえ覆らないだろうと僕は早々に諦めていたけど、次女は憤懣やるかたなし。走って登って、だったし。全面に口惜しさと憤怒の表情。

横で滑っている人たちを恨めしそうに見ながら階段を降りていくのでした。

時間も無かったがやむなく展望台で遠くを見たり

身体動かせる遊具のあるところで遊んだり

 

ダムサイトエリアに戻った後に再びグラススライダーの掲示を見て気づいたけど、グラススライダーの営業時間は16時まで。
それを次女は見つけて何故か「仕方がなかったね」と苦笑交じりに納得したようだけど。僕には間尺に合わない気持ちが。

30分500円だから、16時終了なら30分前ラストオーダーと考えれば15時30分受付終了は、まぁわかる。いや、でも時間が少なくなることを納得するなら別に15時45分でもいいじゃないのさ、と思うんだけど。
でも、今回は15時25分。まだ受け付けてもいいじゃない?
逆に僕は納得がいかなくなってお役所仕事を感じてしまいましたが、いかが?

 

ちょっと趣のある商店街があったらしいのですが、最近は緻密な計画を一切しなくなってその都度考えればいいや、となってしまったので、後で「あー少し覗けば良かったな」とは思いましたが。

鳥居原エリアは、あまり見るところないっぽいけど、宮ヶ瀬湖周辺エリア自体は1日じゃ見たり無いようです。
こっちから1時間ちょっとだし、何度も行けない場所でもないし。

 

案外船を待つ人が多いわけでは無く、乗れて、ダムサイトへ戻るのでした。

続く