スキャナ

ペーパーレス化したい。

と、思いました。とはいってもペーパーはペーパーの便利さがあり、何でもかんでもペーパーレス化したら僕が混乱してしまう。
なので、二度と見返すことはないけど捨てるに捨てられない書類を。

当初は、歯科医師会や日大同窓会関連で、毎年そんなに変わらないから、いつ、どういう会議が行われるのか、という流れを把握する意味で、と考えていたけど、
そんなことより、先に書いた邪魔だけど捨てられない書類・・・・。

医科歯科時代に書いた(描いた)手術記録。

医科歯科に非常勤という名の籍を置くだけから、辞めてから、今に至るまで、一度も見てない。
特に唇顎口蓋裂やそれこそ口腔癌など、街歯医者がやるレベルじゃないので、過去を省みて、という必要性もない。

だけど、やっぱり捨てられない。部屋を掃除するたびに邪魔に思いながらも処分できない。

というわけで、デジタル記録化して捨ててしまおう。
たいがいパーパーレス、デジタル記録した代物なんて見返すことはないと思うけど、そもそも10年以上見返してないから問題ない。
単に気持ちの上で捨てられない、てだけだから。

というわけで、富士通(PFU)のscansnap ix100を購入。

 

たまたま目に付いただけなんだけど、さほど高くないこと、Wi-Fiで飛ばせること、小さいこと、充電でモバイルユースが出来ること、Dropboxなどクラウド保存を指定できること。あたりが決めて。
少々気になったのは、発売して結構経過しているから買った直後に後継機が出たらショックかな?ということくらい。

さくさくセットして、うぃぃぃ・・・・

 

自動給紙がないことと、両面読み取りがないことが不満と言えば不満だけど、おおむね良好。
手術記録など、単に書類として残したいだけならpdfデータにして。

人からもらった文字の詰まった書類をWORDで文字起こししなおすときに、OCRを利用してWORDで保存、としたら、9割方正しく文字起こしをしてくれました。全部ちまちま打ち直すことを考えたら楽ちん楽ちん。
「ハ」が「八」になったり、「パ」が「バ」や「八。」になったりしていたけど・・・・「ハ」が苦手なのか?

傾き検知補正機能や、余白判別などもあり、特に不満なし。

というのも。
家のプリンターは複合機だからスキャナ機能もあるんだけど、とはいえいちいち蓋を開けて書類をセットして、は面倒だし、
また、キヤノンDR-2050CⅡという自動給紙、両面読み取りのスキャナも持っているけど、古くて機能的に不満。

じゃぁix100じゃなくて、こういうタイプの新しいヤツを買えばよかったんだけど、高いし、邪魔だし、主な目的が終了したら、そんなに連続して給紙して読み取る事もほとんどなくなるだろうし・・・・

かつてDR-2050CⅡを買った理由は自炊(紙マンガなど1枚1枚切り離して読み取ってデジタル化すること)だったんだけど、こうも電子書籍が隆盛した現在、その作業が面倒で・・・。
新しいスキャナ買う金額と裁断して給紙する時間を換算したら、電子書籍買った方がマシな気がする・・・。

 

そんな感じで必要最低限のペーパーレス化へ。

 

とはいえ半日かかって手術記録をスキャンし終えました。250枚弱。ため込んだなぁ。
今度はこれをシュレッダーで処分していく作業が・・・。