孤狼の血@audible聴了

audible版の「孤狼の血」(柚月裕子、角川)を聞き終えました。

昭和63年の広島、呉原市(架空の都市)で繰り広げられそうになるヤクザの抗争を、法を犯しながらも止めようと奔走する大上と、その部下の新人日岡。
日岡には隠された指令があり、大上にも秘密があった。
警察の奔走にもかかわらず地元ヤクザの組同士の諍いからの代理戦争に発展しそうな一触即発の中、大上が動き、そして・・・。
そして日岡が受け継ぐ「孤狼の血」・・・。

去年映画化されており、好評を博したようですが、映画版のレビューとかコメントとか見ると、原作ではむしろ大上らが止めに回っていたのに、映画版ではわりとバイオレンスでドンパチングが繰り広げられていたようですね。映画的にはいいけど、大上的にはどうなんだ?

公式映画サイトより

 

大上が捜査途中で狼の絵柄が入ったジッポーを手に入れやたら気に入った時点で僕は「フラグが立ったかな」と思っていて、案の定だったので、ヤクザのことも、警察のことも大して興味がなかったこともあり、単に聞いていた、だけだったのです。
そもそも、「孤狼の血」を聞いた理由は「ジョーカー・ゲーム」の声の吉開清人さん繋がりでってだけだったから。

なーんか展開が読めるなぁと思いつつ聞いて、日岡の指令と、指令を与えていた人物と、大上ノートとの繋がりと・・・

吉開清人さん朗読の、大上のだみ声と、日岡の若くすっきりした声、
そして、大上の孤狼の血を受け継いだ瞬間の日岡の声が、大上と日岡を足して二で割った声だったときは、audibleの良さに震えました。文章では伝えきれない、映画でもおそらく無理で、同じ声の朗読者だからこそ出来る魅せ方ではないかと思います。当然吉開清人さんの技量も。

 

とはいえ、やっぱりヤクザモノも警察モノもさしたる興味がないので、続編の「狂犬の眼」を聞こうか悩み中。

 

それにしても。
audibleもやっぱり商売だから映画化、ドラマ化、そもそも人気作品、そういうのが多くオーディオブック化されているから、偏りが・・・・池井戸潤作品多すぎ。