サクラ歯科医院は2021年8月6日に1階・2階と拡張し、受付は1階になりました。
MONTH

2019年3月

同音異義語

audibleで光圀伝を聴くと・・・ audibleに限らずオーディオブック、要は朗読と時代小説・歴史小説は相性が悪い気がします。 どうにも同音異義語・同訓異義語がわからない、わかるまでに時間を要するのです。 光圀伝で頻繁に出てくる「シイカ」、これは「詩歌」でわかるのですが、同程度頻繁に出てくる「シショ」、これが「史書」だろうとわかるんですが「司書」?「詩書」?とかぷかぷか浮かんでしまう。 また儒 […]

ヴィーガン綱吉

さて、光圀伝では、水戸光圀が長命だったために三代将軍家光から四代家綱、五代綱吉が関わります。もっとも四代家綱は短命だったのであまり関わってないのですが。 日本史を軽くしか学んでいない者にとって徳川綱吉=生類憐れみの令=犬公方、程度の人間で「それ以外何かやった?バカ殿でしょ?」というイメージ。 そのイメージは水戸黄門アゲの対照として綱吉サゲからくるらしいのですが、光圀伝でも光圀アゲのこともあり綱吉サ […]

元号

子供の社会の勉強を覗いていると日本史の時代の分け方に今更ながら違和感。 縄文時代-弥生時代-古墳時代-飛鳥時代-奈良時代-平安時代-鎌倉時代-(南北朝時代)-室町時代-戦国時代-安土桃山時代-江戸時代-明治-大正-昭和-平成。   なんで明治期から元号分けなの?   他の時代は元号分けしないの? 光圀伝に限らず歴史小説全般だけど、明暦の大火しかり、元禄文化しかり、応仁の乱とか、 […]

事実、真実、史実

「この物語は史実を基にしたフィクションです」 「この物語は事実を基にしたフィクションです」 「この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などにはいっさい関係ありません」   「事実」は実際にあった事柄、現実に存在する事柄、客観的に認められる事柄 「真実」は嘘偽りないこと、本当のこと、人それぞれが考える主観的なこと なのだそうだ。 なので、体は子供、頭脳は大人の決めゼリフ「真実はい […]

光圀伝@audible 聴了

冲方丁の「光圀伝」のaudible版を聴き終えました。 6歳くらいから73歳で死ぬまでの生涯の物語です。 光圀は、父頼房譲りの膂力があり、母譲りのイケメン、徳川の御曹司でありながら市井(主に悪所)に通じ、 好奇心が強くそれに伴う行動力があり、直情径行なのが欠点ではあるけど、頼房から鍛え上げられた胆力があり、 知性とそれをささえる蔵書に恵まれ、そのため詩歌に通じ最終的には文化の頂点である天皇家からも […]

金パラ

「歯科鋳造用金銀パラジウム合金」です。通称「金パラ」 金銀と続くと僕らの世代は「金、銀、パール、プレゼント♪」なんて繋がっていくのですが、ご理解いただけますでしょうか。     袋を開けて写真撮りたいけど、これは技工所に渡すモノなので破ると内容量は変えてなくても胡散臭いと思われるので開けません。   むかーしから日本では保険適用金属として使われています。そこそこの硬度と弾性があ […]

突如壊れた

スマホに使っていたマイクロSDカードが壊れました。 急にアクセスできなくなってスマホからマイクロSDカードを抜いてPCで確認したら見ることは出来たけど、消したり追加したり、フォーマットすることすら出来ない。 ネットで調べて、接点不良の問題か消しゴムで酸化膜を消してみたり、アクセス権限を解除してみたりしたけど、駄目で、どうやら壊れているらしいということ。 まだ見ることが出来るだけ幸いか。スマホで撮っ […]

繭二つ

ブルートゥース片耳イヤホンで、ハーフカナル型のイヤホンを買ったわけですが、2個目を購入。 繭みたいです。 別段、すぐ壊れたとかいうワケではありません。ちょっと充電中を意味するLEDがずっと点灯しっぱなしじゃない?とか、と思ったら消灯するとか、点灯点滅に関する挙動がアヤシイだけで。実際充電できているし。ちょっと接点が微妙で充電が始まらないからクリクリとイヤホンを動かして上手く接点と接触させないと行け […]

3月22日は17時で閉めます。ご了承ください。

3月22日(金)は院長が会議のため17時でサクラ歯科医院を閉めます。 正直、僕が出たって何の役にも立たないんですけどね。残念ながらそういう問題じゃありません。 そんなことより、なんでその後、飲み会になることがデフォルトなのが到底信じがたい・・・。

AX(アックス)読了

伊坂幸太郎の殺し屋シリーズ、「グラスホッパー」、「マリアビートル」に続く第3弾「AX」が気になるなぁと書いた日にkindleで購入し、みるみる読破。 そんなに長くないです。 主人公、通称「兜」は妻子持ちの殺し屋。本業は文房具メーカーの営業、本名は「三宅」。そして一番怖いものは「妻」。 20年以上のキャリアを持つ殺し屋は恐妻家。家では常に妻の機嫌を察知し恐々とした対応をする。そんな三宅(兜)の味方な […]