中華製片耳イヤホン

Amazonはこの手のかゆいところに手が届きそうで微妙に届かない安物な中華製ガジェットが豊富にあって面白いですね。

前回ワイヤレスイヤホン大会というブログエントリを書きましたが、
聞いているのがaudibleばっかりだからやっぱり今も片耳オンリー。

ずっとDIVIというブルートゥース5.0の片耳イヤホンを使っていました。
カナル型、つまり耳栓タイプ。

なのでぎゅっと止まる感じはあるんですが、同時に使ってない耳と使っている耳の圧の差が生じて馴染むまで感覚が少し変です。

 

でもって、少し前にこういうのを買いました。約2000円。

  

SZHTFXというどう呼べば良いのかさっぱりわからん中華メーカーの商品です。
ハーフカナル型とかいう耳のくぼみにポコッと置くようなタイプ。


耳のアップをそのままあげるのはさすがにアレだったので写真をトレースしてみました。
目立たないように思えて白色なので実は目立つ。肌色というのもラインナップであった。

 

カナル型と異なり圧が生じることはないけど多分音漏れする。
置くようなタイプの割には案外と落っこちない。人によるかもしれないけど。落ちる人には引っかけのあるシリコンカバーで対応するみたいだけど、それつけると充電器にそのままセット出来ないという中途半端さ。

そして、今までのブルートゥースイヤホンは電源を長押しでオフにして充電器に戻しても問題なかったのが、
このイヤホンは長押ししてオフにしようとすると、曲が進んだり、終了させた音楽アプリが勝手に起動するという謎仕様。いや謎というか長押しで曲進みというセッティングだからなんだけど。

だから、Amazonのレビューでそのことで低い評価をコメント付きで出したら、メーカーから返信がきて、充電器に置くことでのオフにすることを推奨しているとのことで、
その癖をつけたら問題解決。
なので評価を上げなおしました。

ただ・・・

充電器のバッテリーを使い切って切れると反応がなくなるので充電器に置いてオフにするという機能が使えなくなる。なんだかなぁ・・・

 

で。
さすが中華メーカー。同じメーカーから同じようなイヤホンが出ている(しかも防水性能がスペックダウン)けど、Amazon購入履歴からページを開いたら既にないんでやんの。人がせっかくレビュー書いたのに・・・。

 

とはいえ、やはり圧が耳にかからないのは楽なので最近はこっちばっかり使ってます。肌色買おうかなぁ・・・。