作品展

宮地楽器ホールで「小金井市小中学校連合作品展」が行われました。

なんかうちの子も展示されているので見に行きました。

      

見ていて思ったのが、当然のように上の学年になるほど技術的には上手だし纏まっているけど、
下の学年の方がやっぱり既成概念にとらわれない自由さがあるなぁ・・・・と。
当然、先生の指導や型ハメとか、周囲の視線とかなんかいろいろあるんだろうけども。

でも、こうやって大人になるにつれて擦れていき「普通」になっていくのか・・・と、なんか自分もつまらない人間になったんだろうなぁとかしんみりしてしまいました。
もっと枠からはみ出してみたいなぁ。たまに、でいいけど。

 

とはいえそういう力作揃いだったのですが、目にとまった中で非常に気に入った作品が、

写真だとわかりにくくて申し訳ないのですが、奥の背景が空で、下が小さい街並み。中から吊っているのが袋?と人間。スカイダイビングですよ。
天空からの構図を思いつくなんて・・・・。