驚いたことに余裕がない

開業して10年。最初の一年の年末は僕と副院長だけでしたが、翌年からはもう一人の常勤医がいました。
今年は、3月で小森先生が退職し、その後ドクターの求人は出しても来ないので10年ぶり(9年ぶり?)の院長、副院長だけの12月でした。

記憶も定かではないけど開業初年の年末は年末とは言えまだ初年ですよ。今からしたらたぶん大したことなかったはず。(あの当時は大変だったと思うけども)。
今年は、10年蓄積した患者さんとサクラ歯科医院が得た信頼で、人数が少ない状況でさすがに余裕がありません。

別に体力的にギリギリでも精神的にギリギリでもないのですが、余裕があるかというと、ない。

なのでブログも書きかけはあっても完了せず、書きたいと思っても続かず、結果こんな疲れ話を書いてしまう始末です。

 

・・・あと二日。

29日は大掃除だけど診療じゃないし。実質あと二日。

休みに近づくにつれて余裕がどんどんなくなっていくのは、ウンコが漏れそうで我慢しながら家路に向かうのに家に近づくにつれて加速度的に我慢が限界を迎えるのと同じかしら?

・・・・喩えが酷いな・・・