audible版「校閲ガール」聴了

校閲」とは。

デジタル大辞泉では、
[名](スル)文書や原稿などの誤りや不備な点を調べ、検討し、訂正したり校正したりすること。「専門家の校閲を経る」「原稿を校閲する」
だそうです。

校閲ガールの主人公、河野悦子は小説など読まない、その代わりファッション誌は精読しバックナンバーの記事まできっちり記憶している。お嬢様大学から出版社へのかなり厳しいが、自分の成長の傍にいたファッション誌の編集者になりたいと就活し、からくも入社したが、ファッション編集じゃなく、一切興味の無い文学のしかも校閲という地味な部署へ配属された。

まー正直言って主人公にほとんど感情移入できなかった。
なぜなら僕がファッションに凄まじく疎いから。そして僕も目上に対して口は良くない方だけど、酷い。口が悪いじゃなくて口答えをため口で言う。的確で素直だけど。

が、本や人に対する主人公の素直な突っ込みには非常に肯けるモノがあり、そこら辺は同調。

それより、校閲という仕事は単語は知っていても内容は知らないので、そういう仕事なんだと知りました。
文章、言葉の間違いだけじゃなく、言葉の統一性や、果ては時代背景の齟齬、時間経過の矛盾などの指摘まで。

そういうのって編集の仕事だと思っていたけど編集者だけじゃなく、校閲者の仕事でもあったんですね。

それを考えると、大御所作家であっても校閲チェックが入るとなると、
数年前に、ライトノベル新人賞の応募者のかなりな投稿が、まず日本語になっていない、というのがあったのも頷けます。
日本語がおかしい、それが刷を重ねるごとに普通になってしまってつまらない、というコトで人気だった?「リアル鬼ごっこ」がそこら辺で有名。(真・難解な日本語

なので、第三者の校閲のない「小説家になろう」は、WEB版ではなく、出版社の目にとまってプロの目で修正、校閲された書籍化モノを読むべきなんだろうなと思いました。有料だけど。
それでも、「?」なのがありそう。

 

その後続編というか外伝というか「校閲ガール アラモード」を続けて聴きました。こっちは河野悦子の周辺を彩る主要なサブキャラに焦点を当てた短編。彼女ら(彼ら)の意外な一面が聴けて面白かった。
当たり前と言えば当たり前だけど、結局彼女ら(彼ら)はなんだかんだで河野悦子を認めているんだよね。
しかしチャラ男編集・貝塚の本編と外伝の違いが・・・
続編「校閲ガール トルネード」が気になる。

 

ちなみに。
僕は知らなかったんだけど2016年に日テレで連続ドラマ化されていたんですね。
ただしタイトルが

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」

に変更。

センスの欠片もないひっでぇタイトル・・・。主人公の言葉じゃないけど「馬鹿じゃないの?」