DOCK

某日某場所を徘徊散歩中に自費専門の某歯科医院を見つけました。
自費専門の中でも、更にニッチな領域を専門としているようなコトが玄関扉に書かれてありました。

その中で最後に「口腔ドッグ」

 

・・・あぁ~・・・・・

そりゃ口腔犬だよ・・・・・

 

正しくは、ドック。
元は船の建造や修理などに使われる船渠(せんきょ)。
それから転じて人間ドック。
もっとも人間ドックは見つけるだけで修理はしないんだけどね。

ここ十数年、歯科は歯だけを治すのではなく口腔全体を管理し治す「口腔一単位」という言葉が出てきて、
更にそのためか自費の中に人間ドックならぬ「口腔ドック」と、いろいろ調べるんだろうソレがここ数年で出てきています(言葉そのものはもっと昔からだけども)。

とりあえず、堂々と口腔ドッグと記し続けているところはなぁ・・・・

ちなみに、ドッキング(docking)も、このドック(dock)からだったんですね。今更のように気づきました。

 

このネタ、こっちのブログで使う予定はなかったのです。写真はあるんだけど、さすがにその歯科医院に申し訳ないので写真はNGだし。

なのに、そのネタを使ったのは、明日(10月17日水曜日)は僕が5年毎年受けている人間ドックを今年も受けるからです。

いつも人間ドックに合わせてダイエットしていたんだけど、今年は諦めた。色々ヤバイ。
毎年内視鏡検査で胃カメラ飲んでいます。
初の人間ドックはバリウムだったんだけど、検診車のバリウム検査はおままごとか、ってくらいにマジなバリウム検査は宇宙飛行士体験さながらぐるんぐるん逆さまにさせられました。げっぷを我慢させられながら。これ90代のお爺ちゃんもやってるってよ。
その割に大して発見できないらしいので、次からは内視鏡にしたのです。

その初の内視鏡検査、短時間麻酔薬が効かず酷く苦しい思いをして、痛い苦しい言いながら画像を見ていました。
次の年から麻酔薬の量が増えて、内視鏡を飲むためのガイドを咥えたところで意識消失。目が覚めたときには終わっているということが、毎年続き、たいそう悔しい思いをしています。
気合いで目を覚まそうと思っても寝てしまう。負けた。
今年はいっそマンガのようにナイフか何かで太ももでも刺してみようか、などと出禁になりそうなコトを考えてしまうのですが、
そもそも刺して目が覚めるようなら手術出来ないよね、と。

そして毎年困っているのが、「前日は夜8時以降は食べちゃいけない、それまでに軽食を済ませておくように。」

サクラ歯科医院は8時半までです。
そのため、8時前に隙間を見ておにぎりとかコンビニサラダを掻き込むのが常ですが、アポ帳を見る限り、午後はお茶飲む時間さえ厳しい状況。さすがに6時から8時の間に何か食べたいんだけど、その時間帯が特に無理っぽいのが、色々ヤバイ。
食べるの30分くらい過ぎてもいいんじゃない?
と思わないでもないのですが、今年はダイエット失敗しているため血液検査がコワイのです。なので30分オーバーさえもちょっとやりたくない。往生際悪い。
さりとて、昼を食べてから明日の昼まで何も食べないのはちょっとツライ。人間ドック当日は昼まで水すら制限状態(朝コップ1杯くらいまで)

どうにかして何とか腹に何かを収めようとは思います。歯に海苔がついててもご勘弁。マスクするからさ。