十七回忌の佐賀23ー吉野ヶ里歴史公園ー

続き

何度も言いますが、9月に入っているというのにこの記事は7月16日(月)の話です。

虹ノ松原から大幅に南東へ移動、ごく初期にしか行ったことがなかった吉野ヶ里歴史公園へ(吉野ヶ里遺跡公園と思っていました)

吉野ヶ里遺跡は、日本最大級の環濠集落として1986年に発見され、僕ら当時の佐賀県人にとってそのため高校受験やセンター試験の社会では身近すぎて、でも時事ネタなので社会(日本史)では必ず出題される簡単問題としてありがたいことになりました。

その日本最大級の環濠集落のため、今もあーだこーだ論争されている、邪馬台国九州説と畿内(関西)説で、九州説勢の声が大きくなった時期でもあります。

吉野ヶ里遺跡が邪馬台国だという人はさすがに今はいませんが、個人的には当時の中国大陸との交流のことを考えると九州にあったんじゃないの?
と僕は思っています。

ちょうどその時期を扱ったマンガ「雷火」(寺島優×藤原カムイ、スコラ社、幻冬舎)では、主人公ライカ、ヒロインが邪馬台国の卑弥呼の後継者壱与(イヨ、トヨとも)で、敵側が魏の国から流れてきた渡来人で、こっちで実権を握ろうとした大陸者という設定で、忍者・幻術大戦を経て、最後の方で阿蘇山が噴火爆発、最後はライカとイヨ達が東へ向かう、というラストだったかと記憶しています。
つまり邪馬台国九州説(熊本あたり)で、ヤマト朝廷を作るために東へ向かう、つまりライカは天皇の祖?っぽいニュアンスなのでした。
僕もライカの存在はともかくとしても、移動自体はそこら辺が自然だと思うんだけどなぁ・・・なんで畿内に移動したのかは?だけど。

もっとも、ヤマト政権になったあとでも隋と交流したり渡来人来てもらったりしていたので、奈良-朝鮮半島-中国大陸の移動って、あの時代では九州と奈良なんて大した差じゃないのかなぁ・・・

 

それはそれとして。
ごく初期に来たときはちょこっと復元された高床式倉庫や竪穴住居、そしてプレハブの資料館っぽいのしかなくて、すさまじくがっかり名所で、こんなんで観光とかなんの冗談だ!?というレベル。
しかも、当時、博多から長崎本線くだりで特急電車に乗ると、吉野ヶ里遺跡の付近でスピードがスローダウンし、わざわざ説明まで入る始末。

 

それが、今やすごいレベルになっていました。

  

敷地面積も広く、未だ調査や、拡張状況にあり、中をひたすら歩いてもいいけど外周をマイクロバスが循環しています。

各所に復元した集落があり、

  

  

 

  

  

それらを束ねる中央の祭祀地区や祭殿。

  

しかもそのまつりごとをやっているっぽいシーンまで。

・・・もっとも・・・

穴と墳墓、甕棺、骨、装飾物、石器、布の一部、木の一部、程度でなんでここまで再現、断定できてんの?
と訝しんでしまうのです。

結局、大陸からの文化的影響が強いため、朝鮮半島でわかった資料等から、支柱の高さをこの高さにしている、という真実ではない参考程度であることがしれっとかかれてあったりします。

この祖霊が宿る柱とかね。朝鮮半島の資料から長さを参考にしているだけ。

 

そんなんだから、歴史の教科書って、本来変えられるはずのない過去の歴史が現在もそして未来にも改編されるという当たり前と言えば当たり前だけど「過去を変えるって??」という謎状況ができあがるんでしょうね。
鎌倉幕府の成立って1192年(いいくに作ろう鎌倉幕府)じゃないんだよね、確か。

 

いずれにせよ、考古学というのは、目の前にある資料を、同年代のもう少し詳しい資料と行動半径から類推する想像力とファンタジーから出来ているんじゃないのか?と思ってしまいます。
マスターキートン(浦沢直樹、小学館)を読み直そうかな?

 

吉野ヶ里遺跡と言えば、


この環濠と、

 
墳丘墓。
この墳丘墓から14基の甕棺が出土されており、中は出土した状況で保存されています。

   

 

時間もないので大急ぎで半分くらいを回っただけにとどまってしまったけど、
ここ吉野ヶ里遺跡公園は、ある意味で東京ディズニーランド(ディズニーシー)と匹敵します。
TDRの特徴としては、夢の国という建前から、園内から外部の現実の建物が見えないようにしている、らしいのですが、
この吉野ヶ里遺跡公園は、佐賀の、しかも郊外のため外部の景色がほとんど見えない!

・・・まぁ・・・都内へのアクセスが比較的良い場所と、佐賀の郊外を同レベルで言ってもしょうがないけど。

 

そして、夏に行く場所ではないことも・・・
遮る物がほとんどないので熱中症待ったなし。
園内入り口から中に入る最初の橋?にミストが噴霧されているけど、それ以降はなんもなく、園サイドが編み笠を無償で貸し出しているくらい。

竪穴住居が一部休憩所になったり、発掘の資料館となっている墳丘墓、そしてごく初期から存在するプレハブ資料館に冷房機能があるだけで、外はヤバイ・・・

そのプレハブ資料館は

   

立派になっていました。

 

朝7時くらいにおにぎり二個食べた以外、この時間(16時)までにお茶を500mlペットボトル2本とビタミン系炭酸飲料1本しか飲んでない僕はよく熱中症にならなかったなぁ・・・・熱中症にならない体質なのか??

 

一度は行ってみていいと思える場所ではあるし、ちょうど長女が塾でそこら辺の授業を受けているため後で写真を見せて、これも子供の自由研究に良いと思うのですが、夏はやめといたほうがいいし、何度も行きたい場所かというと・・・?

続く