ノーサウナ、ノーライフ

なーんてほどではありませんが。
一人で水曜日の午前中は「おふろの王様 花小金井店」に出没しています。
朝9時からスタートなのに、9時前には人が並んでいます。

風呂に入っている内訳は、まず5~10分で顔・髪・身体を洗う。
ジェットバスに5分ほど入る。
サウナに5分入る。
水風呂に1分入る。
サウナに5分入る。
水風呂に1分入る。
サウナに10分入る。
水風呂に1分入る。
不感炭酸泉に5分入る。
シャワーを浴びて、出る。
着替えたら、コーヒー牛乳を飲む。

 

だいたいこんな感じ。露天風呂はあまり使いません。

これが家族と稲城の「季の彩」や「丘の湯」、八王子の「竜泉寺の湯」あたりに行っても似たり寄ったり。
季の彩や竜泉寺の湯ではジェットバスが電気風呂に代わるくらいです。(季の彩には不感温泉がない)

 

前にも書いたと思いますが、僕がサウナに目覚めたのは、サ道のマンガです。(残念ながら買ってない)
サウナ5分と水風呂1分は、誰に教わったわけでもなく単に僕の限界がそれくらいなだけ。

いくつか調べたら、サウナは5~10分くらい、水風呂は1分、それを3セットくらい、が身体にも良いとありました。よかったよかった。
水風呂もマナーとして当然かけ湯(水)して入るのですが、やはり怖くて水風呂は心臓より下までです。
水風呂入り口の階段に腰掛けるのがマナー的にどうかな?と思わないでもないですが)

血液が身体を一周する時間は約1分なんだそうで、それを示すように、下半身しか水風呂に浸かってなくても1分くらいしたあたりで呼気が冷えてくる感覚が出てきて、
2分くらいしたら僕の場合は脳の酸欠状態が起きかかるのか軽いめまいが起きてきます。
視界が上下に動きます。この時の瞳孔の動きが気になるのですが。

なにげにこのめまい、気持ちいいと感じています。ちょっとアブナイですかね。小さい頃から浴槽からばっと立ち上がってふらっとする感覚が好きでした。
・・・・とはいえ、年齢もあの頃とは当然違うので、酸欠によるめまいを楽しむ身体じゃないので気をつけなくてはいけません。

 

年齢と言えば、だいたいのサウナの入り口に「こども(小学生以下)は身体の負担になるので入らないでください」と書かれています。

が、じゃあ70代80代それ以上はいいのか?

と思わないでもありません。いわゆるヒートショックですよ。
いろんなサイトにあるように、サウナと水風呂のコラボは身体に良いという意見が多いのですが、でも必ず書いてあるのが「急激な水風呂は避けるように。」です。

で。見ていると結構なじーちゃんがいきなりザバーと入っていますよ。長時間サウナに入っているっぽいですよ。

むしろ小学1年生はさすがに、ですが、5、6年生あたりはじーちゃんより危険が少ないと思うんですがね。