十七回忌の佐賀22ー虹ノ松原ー

続き

ここから先は佐賀の東側を南下するように行く予定で、虹ノ松原へ。

要は防風林です。
松林が防風林で使われることはよくある光景ですが、松って潮風でやられないんですね?
植生とかわからん。

駐車場があったので駐車して、松林に入る。

  

そんなに360度松だらけってほどじゃないけど、方向感覚を失うほどには松だらけ。

 

以前(2004年)、富士の樹海の遊歩道外に一人で少し立ち入ったことがあるのですが、

   (一枚目のは深夜なのですがさすがに足がすくんで入れませんでした)

(あの頃は世界遺産前だったので、探索用のビニールひもがたくさん引っかけてありました。)
あれも、「完全自殺マニュアル」に書かれてあったようにある程度のところで目をつぶってくるくる回ると自分がどっちを向いているのかわからなくなりましたが、それと一緒で、同じ光景に見えます。

 

が、唐津の海岸に向かい、戻り、海からの風で松が風に負けて斜めになっていることで方向がわかります。

  

でも、虹ノ松原を抜けたら最初の通りに戻ったと思ったら違ってました。しっかり方向が狂っています。

 

さて、虹ノ松原のところには佐世保バーガーが売っているバンがありましたが、今回は無視。

 

続く