十七回忌の佐賀10-本吉屋-

続き

墓参りをして、昼食に。

佐賀に行く前に兄からのメールに、大和インターのシャトー文雅か、季楽(きら)で佐賀牛か、うなぎか、その他か、どれがいい?
と聞かれ、文雅も季楽も非常に良いんだけど、時間がかかるし、その後も色々動きたいから、うなぎで。とメール。土用の丑の日も近いしね。

どうせ本庄うなぎでしょ。と思っていたら。

本吉屋という鰻屋でした。

 

今までも散々書いてきたように食への造詣が無いので知らなかったけど、関東ではあまり見ないらしい「うなぎのせいろ蒸し」を注文。

兄は、みんなで分ける用に「うなぎの素焼き」も注文。

うなぎのせいろ蒸しは、福岡は柳川の発祥で、更に言えばその元祖は柳川の本吉屋なのだそうだ。

上記リンクによれば、
関東は、背から開いて頭を切って串打ちして白焼き、蒸してからたれ焼き、白飯の上に。
関西は、腹から開いて頭を残したまま白焼きからのたれ焼き、白飯の上に。
という流れらしく、
柳川のせいろ蒸しは、関西風に腹から開いて頭を残したまま白焼きからのたれ焼きを、事前にたれを染みこませた冷や飯に乗せ、せいろで蒸す。
という行程なのだそうです。

そのためご飯はすでに茶色がかって染みこんでいるし、せいろ蒸しだからなかなか冷めない。
せいろ蒸しだから仕方が無いけど、個人的にはご飯はもう少し固めが良かったなぁ。

うなぎの素焼きは、白焼きとどう違うの?と思ったら同じだそうで、何にもつけずに焼いたうなぎなわけですね。
なんとお値段は「時価」

おいしゅうございました。

 

ただ・・・・コレを書くのに検索していたら、上記リンクにもある柳川の本吉屋。その公式サイトはここ
店舗は本店併せて4店舗・・・・この佐賀店がない。

似た本吉屋?と言いたいけど、ロゴマーク(というか本吉屋という書き文字)が一緒・・・・・・なんだろう・・・・。

 

また、前回?だったかな?佐賀で有名な「井手ちゃんぽん」を食べたのですが、今回食べられるかなと、事前に場所とか営業時間とか調べていたら食べログに「井手ちゃんぽんは武雄にある井手ちゃんぽん本店だけで、純粋な支店は存在しない」と書かれてあって、前回食べた井手ちゃんぽんは?何がなにやら???
商標登録してないからとかそういう??

なんとも本吉屋と言い井手ちゃんぽんと言い闇を感じる・・・。

 

北海道の純連・すみれもね・・・。むかーし学会に行った時に食べに行ってタクシーの運ちゃんが教えてくれました・・・。

 

続く