十七回忌の佐賀07-佐嘉神社と松原神社 中-

続き

佐嘉神社と松原神社は、いつの間にやら八社詣でなるものがあって、わざわざ詣でる順番があった。昔からかもしれないけれど、いろんな○○社がありました。
が、そんなもんしらん。昔から初詣(深夜)は松原神社→佐賀神社だったんだもん(更に余裕があったら結構遠い与賀神社に行っていた気がする)

コインパーキングの場所の都合上、松原神社からお参り。佐賀06にも書いたように基本的に御際神は藩祖鍋島直茂公で、法号が日峯だそうだから日峯神社とも。そういえば母か祖母が松原神社のこと「にっぽうさん」って言っていたような・・・?
調べて気づきました。

 

なんか詣でる順番のいろいろが景観を損ねて鬱陶しい。

 

ちなみに、その横の堀は、河童伝説があって(だいぶ前にとってつくられて)、河童のオブジェがあり、堀には石の路があります。

 

堀が綺麗な時はそこで水遊びする子供達もいましたが、先日の豪雨で石の路も汚れており、堀の水も濁っていました。だからハッキリわからなかったけどデカい鯉がいました。道を泳いでいた鯉なのかな?

 

松原神社から佐嘉神社へ進む。順路的には反対らしいけどね~

 

続く