エコモード

疲れと睡眠不足で、
仕事は手も抜かないしきっちりやるけど、それ以外はしばらくエコモードで。

 

先日から書いているように7月15日は実父の十七回忌法要で佐賀に行き、
実母の三回忌も今年2月に済ませたので、しばらく佐賀に赴くこともなさそうなことと、今回は僕一人なので思うさま佐賀を巡ろう。

という考えのもと、14日の19時25分羽田発21時20分佐賀着の飛行機に乗り、佐賀空港でレンタカーを借りて、ホテルに着いたのが23時。
風呂というかシャワーを浴びて23時50分就寝も、一人旅当日(前日?)の常であまり寝られず。

朝3時に起き、
4時前に出立、車で移動して
5時前に鹿島市の海中鳥居に到着、その後、祐徳稲荷神社、浜宿、武雄神社、佐嘉神社、松原神社と赴き
10時半に実家着。法要の後、兄家族と食事。
15時前に佐賀県全体の各所で行われている「肥前さが幕末維新博覧会」の市内のメイン3カ所のブースとおまけの1つを回る。

17時過ぎに所用で法要を欠席した姉夫婦のいる有田へ行き、
22時半くらいに姉夫婦の自宅を辞す。
23時50分にホテルに着く。

朝3時15分に起き、
4時前にチェックアウト。
5時くらいに呼子の先にある加部島へ。
7時半に呼子朝市。
その後は七ツ釜、名護屋城址、玄海エネルギーパーク、浜野浦の棚田、唐津城、旧高取邸、虹ノ松原、吉野ヶ里遺跡公園、筑後川昇開橋、三重津海軍所跡を巡り、

18時55分佐賀発の飛行機の乗るべく、18時少し前に佐賀空港へ戻ったら、レンタカーの人から「飛行機が酷く遅れているようだ」と。
羽田空港のB滑走路に熱で穴が開いて滑走路閉鎖に伴う混雑と、使用飛行機の遅れから、2時間半の遅れ。
結局21時20分に出発し23時30分着。なんとこの時間帯にしては飛行機から空港建物までバス移動。
疲れてしまったので贅沢にもタクシーで小金井の自宅に着いたのが0時半。
妻に佐賀の様子を説明し風呂に入って寝たのが1時半前。

佐賀は酷暑、炎天下。行ったほとんどが屋外のため全身から汗。太陽光線が皮膚の防御力をやや突破してヒリヒリしてる。

14日土曜日朝7時に起きてから17日1時半に寝るまでの約66時間中寝たのは計6時間(+30分の朝寝)。

自分が望んだことなので迷惑をかけるつもりは全くありませんが、仕事以外はエコモード・・・

 

21時追記

休み明けは急患が多く、エコとか言っている場合じゃ無かった・・・無い体力かき集めて全力でした・・・。
が、やっぱりというか限界に近い弾丸旅をすると体力はゼロだけど、ストレスが発散されるのか充実した気分になるのか気力は貯まっているんですよね。今までもそうでしたが。
なので、体力の代わりに気力で働いていました・・・・というと精神論根性論みたいだけど、そうじゃなくて・・・なんでしょうね。気持ちは余裕があるというか心がスムーズというか、そんな感じ。