東小金井のラーメン-にんにくや-

妻が「武蔵家いきたーい」と言い出したので、実は僕は昼に武蔵小金井駅北口の「風風ラーメン」でラーメンを食べたにもかかわらず、「べつにいーよー」と快諾。

ところが、行く途中に以前から気になっていたけど夜7時から深夜3時までしか営業していないラーメン屋が時間的にやっていたので、「今開いているよ~?」
で、少々悩んだ末に入りました。

ラーメンにんにくや

店舗は狭かったけど、幸い家族で座れる分の座席はあったのですぐに座れました。
お子様ラーメンは無かったので、大盛りにして小分けしたり、僕は子供が残すことを想定して普通盛りにしてみたり。僕は最初だからノーマルのらーめん(でも、のりらーめん)。
子供は味噌らーめん。珍しいな。味噌らーめん食べたこと無かったはずなのに。

  

ちょっと失敗した、と思ったのはチャーシューもつければよかった・・・っ

店主が目の前でチャーシューを切り分けていくのがいかにも旨そうなのです。実際妻は三女と分けるためにのりチャーシューめん大盛りにしてチャーシューもたっぷりだったわけですが、ジューシーだったようです。

 

らーめんは、こってりに見えて実際はあっさり、それを背脂で補う形。
はて?「にんにくや」なのにあまりにんにくにんにくしてないな。

 

要は、にんにくは自分でお好みでどんどん入れてねってことみたい。紅ショウガも。

やはりにんにくを入れることで味が完成するようで、細麺であることもあり、あっさり完食。

・・・・うーん・・・・今のお腹の感じだと子供が残したとしても・・・・・よし。

「替え玉お願いしまーす」

結果的に、子供は味噌らーめん完食。

味噌らーめんも、味噌味噌しすぎてないけどしっかりと味噌らーめんでした。

 

店はL字型カウンターの8席だけだから、すぐ満席になり、外では待っている人の気配も。
そして、常連さんが多いっぽい雰囲気で、店主は数人の客と楽しく話していましたし、サービス業での強み、客をよく覚えているようです。隣の人との会話を盗み聞いていた感じだと。
また、厨房と食べるカウンターと段差とか壁がないので、店主と客が近く、また、作っている姿を間近で見られて・・・・店主が楽しそうにらーめん作っているんですよね。

なんとなく、通って常連になりたいな、と思いました。

立地が良くない(栗山公園の近く、東小金井駅徒歩10分)のに狭いとは言えすぐ満席になったり、始まる前から並んでいる客も見たこともあるのですが、それは味だけじゃ無く、店主の人柄もあるんだろうな、と。