真贋不明

模倣品を買うと言うことは、知的財産権を侵したり、安全性を損ねたり、ちゃんとした商品の生産性を低下させる、ないしは犯罪に間接的に加担する。
と言われています。

 

ところで。

同じ広告を何度も目にすると、気になってしまうのが人の性か?
facebookに目を通していると、MODERNIST LOOKというメーカーのスクエア型のリュックが気になってしまって、今度父親の法事で佐賀に行くから買おうかな、と思ってしまいました。

が、Amazonで同じ形式のがあるじゃないですか。値段も半額で・・・・・半額で??

 

なんかメーカー違う。でも、Amazon内でmodernistで検索かけるとコレが出てくる。
全く同じようでよく見たらペットボトルを入れるようなサイドポケットが無かったり微妙に異なる。

パチモン?

・・・・の割にはという言い方も変だけどちゃんとホームページあるんだよね・・・。このリュックが模倣品だとしたら、他のラインナップはどうなんだろう???
すごい謎。

やはりmodernistlookとmarkrydenの似すぎ問題で検証しているサイトが割とあって、見ていると、modernistが高いからmarkrydenがパチモンだ、と言えない雰囲気もあり・・・劣化版とも言えないようで・・・・更にワケがわからなくなりました。

 

「吼えろペン」(島本和彦、小学館)の4巻でマンガのアイディアは宇宙からアイデア波がそそいでいて、それを各マンガ家がその感性で受信するのだ。たまたまそのマンガ家と感性が似ていると同じアイデア波を受信してしまうのだ、だから盗作でもパクリじゃないのだ。自然現象だ!

(引用:吠えろペン4巻)
(引用:吠えろペン4巻23ページ)
(引用:吠えろペン4巻24ページ第一コマ目)

と吼えていましたが・・・・それ?

 

まぁ結局、法事の後、佐賀巡りをするけど、今回はミラーレス一眼は持って行かず1インチコンデジにするし、レンタカーを借りるから、むしろ服などと、カメラやモバイルバッテリーなどを分けた状態が都合が良いだろう、と思い、
リュックは元々持っているヤツで済ますことにして、

その代わりワンショルダーのボディバッグを買おう。いつも使っている須田帆布のショルダーバッグはゆらゆらするしね。と言い訳して。
(ちなみに須田帆布。帆布系商品では逸品です。生地も厚いため崩れにくく丈夫で長く使えます。限界はあるけど修理もできます。穴開いても完全には開かず(二重構造?)、○澤信○郎帆布より3倍オススメです。本店に遊びに行ったときに、旧バージョンがさすがに穴だらけのクタクタで修理も不可だったので、新バージョンを買おうとしたら、旧には持ち手があったのに新にはないコトを惜しいと話したら新バージョンに持ち手をつけて貰いました)

 

ところが・・・・選ぼうとしているデザインが・・・・ずらりと・・・。

おんなじデザインで違うメーカーのがAmazonにならんで、どれが元祖なのかさっぱり。値段も1700~2900円くらいで似たり寄ったり。
しかも、説明の日本語やフォントがいかにも中華っぽくて・・・。

太宰府天満宮の参道にあふれる梅ヶ枝餅屋みたいだ・・・元祖だ本家だなにがなにやら。アレはパチモンとは言わないだろうけども。

 

ここまで来ると全部が模倣品のように見えるけど、一応、パチモンじゃ無いそれなりに来歴がしっかりしている風なコトが書いてあるメーカーのを選んだんだけど・・・・・価格が、元々が14999円を、2999円の80%offという嘘くさいくらいの値引きなのでホントかなぁ・・・と思うんだけど・・・

そして商品が届いて・・・・ワンショルダーボディバッグは初めてだからたたき台としてはいいんだけど・・・・うん。使いにくい。物入らないし。用途がハッキリしていれば良かったのかも知れないけど、デジカメ、薄型モバイルバッテリー×2、携帯ゲーム機、イヤホン、入らないワケじゃ無いけど、干渉し合って取り出しにくい。正直買って失敗。

 

そして少なくとも元値14999円の商品じゃあないね。となるとあり得ない二重価格表示でこの値段差は景品表示法違反なんじゃないのかと思わんばかりです。