ふがわるい

別にお麩の程度が悪いんじゃなくて。

 

ここんトコ、ふン悪かけんこまっとっさ。ナンかヨカコトなかとやろーかねー。バッテン、そがんときはじたばたせんでさ、じっと潮目ンかわっとば待っとったほーがよかろーね。下手にじたばたしたほーがちゃーがつかやろ。
あとは、オイはさ、富士山ば見にいかんばいかん。パワースポットっちゅーの?前から富士山ば見に行ったらふンよかごたっ気ぃすんもんね。やっぱい富士山はがばいよかさ。

 

ワタクシ、佐賀出身ですが、母は生まれも育ちも福岡は博多なので、僕は佐賀弁と博多弁のハイブリッドで、しかも東京に出て24年経ちますのでだいぶ薄くなっています。
なので、実際に上記のように言っていたのか、正しい方言?なのかよくわからない部分もあります。上京したてでもほとんど方言が出ませんでしたし。

『ここのところ、ふが悪いから困っている。何か良いことがないだろうか。でも、そういうときはじたばたしないで、じっと潮目の変わるのを待っている方が良いだろうね。下手にじたばたした方がみっともないでしょ。
あとは、僕は、富士山を見に行かないといけない。パワースポットとでも言うの? 以前から富士山を見に行ったらふが良くなる気がするからね。やっぱり富士山はすごく良い。』

というつもりで書いたのですが、ここで方言のままなのがあります。
というか、今日までそれが方言だったとは知らなかったのです。
もう大概何が方言で何が標準語なのか区別がついていると思っていたのに。

 

それがタイトルの「ふがわるい」です。

意味は「ついてない」「運が悪い」

思いっきり標準語と思っていました。単に頭の中で「なーんかふがわるいねぇ」と思ってふと、「ふがわるい」の「ふ」ってなんて漢字があてられるのかわからなかったから検索したところ九州北部の方言だと判明。
ちなみに知恵袋のアンサーレベルなので本当かどうかわからないけど、「ふ」は「符」があてられるらしい。

また、僕は「くさす(腐す)」という言葉をたまに使うのですが、妻が「方言?」と言うけど、あまり使われない言葉らしいけど立派に標準語です。

 

僕はマンガ脳なので会話でも頭の中で思っていることも、脳内にマンガの「吹き出し」が存在していて、ちゃんと漢字があてがわれています。だから「ふ」の漢字はなんだろう?と思ったのですが、その吹き出しの言葉も、九州へ向かう飛行機の中までは標準語の思考で、福岡空港ないしは佐賀空港に降り立った時点で方言に変更されます。
兄貴とかと電話したときも半分くらい方言が出ますかね。「そいけん」とか「だけん」とか(ともに「だから」という意)。

キャッシュレス

NHKの深読みでキャッシュレス社会のコトが放映されていました。日本は現金大国でクレジットカードや電子マネー、デビットといったキャッシュレスが世界に比べて遅れている、利用率は18%で、アメリカで約40%、中国、韓国では50%以上だそうです。
経済産業省や観光庁あたりは東京オリンピックに向けて訪日外国人が利用しやすいようにキャッシュレス化を推進したいようですが・・・・。

中国は貨幣偽造といった自国の貨幣に信頼性がないからじゃない?とか、韓国はクレジットカード破産大国じゃなかったっけ?とか突っ込みを入れたいのですがまぁいいです。

 

サクラ歯科医院では自費診療分に限ってカード支払いを可能としています。
たぶん、カードOKと言っている他の街歯医者でもほとんど同じじゃないかと。保険診療でもカードOKを謳っている歯科医院もありましたが、カード会社各種OKはあっても保険診療でもカードOKを明言しているサイトはほとんど見当たりません。
ただ、大学病院クラスはOKっぽいですね。

 

ウチはJRの駅に近いのでSuica、いわゆる交通系電子マネーでの支払いはどうだろう?と考えたことあったのですが、クレジットカードでも同じなのですが問題となるのは店側(医院側)が支払う手数料。
クレジットカードの手数料は医療機関だと概ね3~4%前後、販売店だと規模とか交渉とか?によるらしいのですが5%くらい。夜の店とかだと10%くらい払うところもあるらしいです。
電子マネーの手数料もだいたい3%前後。

サクラ歯科医院が自費に限ってカード支払いを可能としているのは、それなりに高額になるため、高額の現金を持ち歩くのは危ないよね、とか現金一括は無理だから分割支払いで、とかそういう理由です。

 

これが、保険診療の自己負担分という何百円単位からカードや電子マネー支払いを認めると・・・・

調査によると、東京都全体での6月(一ヶ月)の歯科医院の平均売上は保険自費合わせて約400万円だそうです。
歯科において6月が概ね収入の上がる月ですが、面倒なので1年間の収入を400万×12として4800万。
仮に自費が全体の15%とした場合、保険診療の収入は4080万。
自己負担分が0割の人もいれば2割、3割の人もいますが、3割の割合が多いだろうから仮に平均の自己負担分を2.5割とした場合1020万。
現在日本のキャッシュレス率は18% なので18%の人が自己負担分をカード等で支払った場合183.6万、そのうち3%を手数料として支払うので5.5万を支払うことになります。
自費分がこの場合720万で、これも18%が利用したとした場合約130万、そのうち3%の手数料は3.9万。

この「仮に」だらけの試算なのでいい加減にも程がありますが現状年間10万近く手数料として消えていきます。
これを単純にデメリットととるか、プライスレスなメリットが上回っているととるかは、各々先生方の考え方ですが、キャッシュレス化が進み中国並みに50%以上の利用率となった場合、保険分で15万、自費で10.8万と年間25万以上手数料として払うこととなります。
あくまで手数料が3%であって、カード会社にもよりますが、4%近い手数料を払う歯科医院もあります。そうなるともっと、です。
1年間の収入が増えていくほど当たり前ですが手数料の支払い分も増えていきます。欲しい機材が買えちゃうよ。

海外の医療費におけるキャッシュレス事情がわからんのでなんとも言えませんが、そもそも保健事情も異なるので参考になるのかどうか。
ただ、保険診療の自己負担分のキャッシュレス化の歯科医院側の手数料を払ってでも得られるメリットって何でしょう?

 

一般店舗におけるメリットは、ポイントが付くことからくる顧客の囲い込みというのがあるらしいですが、
医療において治療の信頼性よりポイント付与を重視する患者がどのくらいいるのか?
また、現金授受の煩雑さからキャッシュレスによって迅速性が増すとかいっても、完全キャッシュレスじゃない限り煩雑さから解放されるとは思えません。
会計上のミスが無くなるというメリットも完全キャッシュレスじゃ無い限り大した恩恵は得られないでしょう。
釣り銭や売上金の持ち運びの危険性なんて、すんごい流行っている自費の割合が多い歯科医院はともかく、一般的な保険診療がメインの歯科医院のその日一日の手元に残る金額なんてたいしたことありません。

頭に浮かぶ範囲では歯科医院側のメリットがほとんどないんだよなぁ・・・・

キャッシュレス化を推進したいのはわからんでもないんだけど・・・・

わろてんか

妻と子供達はNHK朝の連続ドラマを必ず観ています。今は吉本創業者ををベースにした「わろてんか」が放映中です。
僕はそこまで強い興味が無いので観たり観なかったり、わからないところは妻に粗筋を聞いたり。

とりあえず、主人公てんの旦那、籐吉がダメ男すぎていらいらする。まるで成長していない。
てんは伊能さんと結婚した方がよかったんでは・・・。

あと、大正時代で、好きな人と結婚するのが当然のようにいうこと、いわゆるイクメンのように男も子育てに参加すべき、という感覚が果たしてあの時代に則しているのかどうか?

 

よく、マンガで天才キャラが出るにあたって、どのように天才なのかを示したいけれど、作者があまり頭が良くないから天才キャラを上手く描ききれない。だから周囲の連中の頭を悪くして天才キャラを天才キャラに見せかける、というのがあります。

 

と、同じように朝ドラは女性がターゲットだから、女性が主人公なのですが、女主人公のしっかりさを出すために、旦那をアホの子にしているような、脚本家の能力不足を勘ぐってしまいます。でも、むしろ、てんは籐吉のどこがよかったの?と見る目のなさを感じてしまいますね。しかもてんもしっかりしているとはあまり言えないし・・・。
観ていてストレスを感じてしまいますね。

ツリーサンタ

新しいインフレータブルバルーンの第一弾、クラシックスノーマンが来て、昨日(12月7日)第二弾、ツリーサンタが来ました。

これで、二つが揃いましたが、これはクリスマスまでで25日が終わったら来年までサヨウナラ。スノーマンは2月くらいまで飾ります。

今まではサンタとスノーマンのシーソーで動いていたので、これも動くのがいいなぁと言うことで探して、上下に動きます。

 

こういうのを見ると、サザエさんだなぁと思っていたらスタッフの一人も「サザエさんだ・・・」と呟いていました。んがんぐっ

今右衛門

銀座 和光で開催中の「重要無形文化財 今右衛門 色鍋島の美」に行ってきました。人間国宝である14代 今泉今右衛門は、佐賀、有田焼を代表する方です。
佐賀に三右衛門あり。酒井田柿右衛門(有田焼)、今泉今右衛門(有田焼)、中里太郎右衛門(唐津焼)。もう一つ有名な源右衛門は「佐賀の」三右衛門、ではなく、「有田の」三右衛門、だそうです。知名度は柿右衛門ですが、今右衛門は鍋島藩の御用窯で他藩やお上への献上品を作っていたので廃藩置県が起きるまで門外不出だったのでその分知名度に劣るらしいです。太郎右衛門はすいません知りません。

 

和光の外のディスプレイにはNHKのサラメシでやっていた動くディスプレイがありました。

  

残念ながら建物内が撮影禁止だったので、作品を撮影する事は出来ませんでしたが、今右衛門窯の作品も良いのですが、14代のテーマである墨はじきの技法と絵柄がグラデーションと相まって深さと涼やかさがあり美しいです。
日本酒が好きなのでこれで呑めれば・・・・・と言いたいけれど・・・・高い・・・・。

 

焼き物は使ってなんぼ、といわれますが・・・・怖くて使えない・・・のと、清王朝のラストエンペラー溥儀に献上?する予定の食器のセットが王朝が崩壊したので献上できないまま、というのがあったのですが、これもリバイバルして売られるそうなのですが・・・・何百万としますし、そもそもこれら食器をどういう状況でどういう食材・料理を載せたら良いのかさっぱりイメージがわきません。いやはや。

これだけは撮影許可を得ました。

 

ちなみに、来年1月27日から2月18日まで横浜そごうで、「今右衛門の色鍋島 人間国宝の技と美」が開催されるそうです。
しかも、『今泉今右衛門氏に習う 親子で体験ワークショップ 白抜き文様を描く伝統的な技法「墨はじき」に挑戦』という贅沢イベントがあるようですよ。

 

ところで、ホントは10時に和光、10時半くらいに出て30分かけてガンダムフロント東京に行って等身大ユニコーンガンダムでも見に行こうと思っていたのですが、13時半には三女のバスのお迎えがあるので余裕を持って12時に帰りの電車に、というつもりでしたが、和光は10時半オープンだったので、それだとガンダムに着いてすぐ帰る、ということになるので諦めました。

で。

銀座駅に乗り込み・・・隣は新橋駅かぁ・・・・・新橋って意外とカレーが有名じゃ無かったっけ?
ということで少し検索して、駅から近い事と名前に惹かれて、ニュー新橋ビルへ。

ニュー新橋ビルの1階はやたらと金券ショップが多い。おっさんの街だからか?関係ない?

そして地下1階へ。

夜からやる店も多いのかシャッター降りている店が多かった。そんな先に、

「カレーは飲み物。」という店名。 ウガンダ・トラさんリスペクトなのかな。
黒か赤のカレーを選択して、小盛、中盛り、大盛り、山盛りが全部同一料金。
で、トッピングを10種から3種無料で追加。

美味しゅうございました。
ところで実はチェーン店でした。
店舗一覧の中に「とんかつは飲み物。」という店名が。さすがにそれは・・・。

 

そして同じく地下1階にゲームセンターが。せいぜい鉄拳7が若者向け?くらいで、ほとんどが麻雀格闘倶楽部だったり、スロットだったり、古いテーブルゲームとか。


ラインアップがやっぱりオッサンの街か・・・。

しかし、新橋、ちょっとお散歩面白そう。烏森神社にいけなかったし。

 

あとすごくくだらないけど、今右衛門は「いまえもん」「IMAEMON」ですが、右が入っているから発音的には「いまうぇもん」とか「いまゑもん」、「IMAWEMON」とかにならないのかなぁとふと。

SSL

ホームページをやっているとどうしようかなぁ・・・と悩んでいるのが常時SSL化。
SSLとはSecure Sockets Layerといって暗号化することでホームページの改ざんや盗聴を防ぐ、らしいです。
また、その安全性からグーグルも同じようなサイトならSSL化しているサイトとSSL化していないサイトではSSL化しているサイトを検索上位に持ってくると明言しているらしいです。
だからSEO対策にも効果があるとかなんとか。

大手の通販や銀行など、入力フォームやアカウント情報があるページは最低でもSSL化しているようですが、トップページはまだ非SSLだったりするとトップページをフィッシングサイトへ改ざんして入力情報を抜いちゃうんだとか。

別に通販とかと違って入力させるようなことないもん。と言っても官公庁のサイトのようにサイバー攻撃の対象になるようなところはSSL化は必須なはずですが、予算の関係やおそらく無理解からかなり多くの中央省庁のサイトが非SSLのままらしいです。(ただ、そんな記事を載せているサイトが非SSLなので政府と立場が違うとは言え説得力が若干ない気が・・・)

 

さて、歯科医院のHPが常時SSLでなくてはいけないかというとどうなんでしょう?
僕が利用しているさくらインターネットには無料でSSLにしてくれるサービスがあるので、やってもいいかなぁと思いつつも、http:のアドレスとhttps:のアドレスは厳密には異なるので従来のhttp:からのアドレスからでもhttps:のアドレスにリダイレクトする設定をする必要があるようで、なんか面倒だなぁ・・・とか。

知り合いのHP、近所の歯科医院のHP、医療求人サイトe-dentistに出している歯科医院のHPを見ても、9割以上が非SSLでした。が、ちょっと困った事に予約受付やお問い合わせフォームを作っているページでも非SSLだったのはいかがなモノでしょうか。
サクラのHPは他者が書き込むところはブログの検索欄だけで、ネット予約も、問い合わせフォームもないし、面倒だからブログのコメント欄も無しにしているので、非SSLで何か問題がというとHP改ざんくらいかな?
うちなんかのHPを改ざんするメリットがあればですけど。

これからは常時SSLだと言われているけど、どうなんだろう・・・
SEO対策に、なんて言うけど凄く効果があるという風には書かれていないし(もっとも今現在SEO対策はどれも即効性はないらしいですが)、悩み中・・・。
テスト用に作っているwordpressのページをSSL化して試してみようかな?

焼肉

食べ放題で元が取りたいと考えるほど若くも無いですが。

焼肉きんぐ 小平店」に行く事があります。大人一人100品2980円100分食べ放題(フリードリンクは夜は別)。
普通に頼む牛角とかの焼肉屋と違ってメニューにいろいろバラエティに富んでそれはそれで良いのですが(冷製パンプキンスープとか美味しかった)、
じゃぁってんで牛角とかに行って頼んでも、僕ら大人の食べる量と子供達の食べる量からしたら、金額的にあまり変わりが無いようです。
それで肉は牛角が上。ならば牛角でいいんじゃない?

となるのですが、うちの子達はみんな女児なのでそこまでではないと思うのですが、もっと成長していくとやっぱり食べ放題が安くなるんだろうなぁ・・・・その分僕ら大人は量が入らなくなるのだけれど。(更に成長してダイエット意識し出すと食べ放題は不利になるのか?)

これが子供が男児だと更に顕著になるんでしょうね。成長期の男の子供達がいるご家庭だと炊飯器が2台いるとか聞くし。

 

ちなみに。上は質より量の話ですが、下は量より質の話で。

去年、スタッフの送別会で吉祥寺の東急デパートに入っている「牛兵衛 草庵」を利用しました。佐賀牛一頭買いを謳っている店ですが、当然のように旨すぎでした。

   

あったりなかったりだけど佐賀牛切り落としだったかな? これが安くて旨くてお得でお勧め。

サクラ歯科医院の周辺

ファミマが閉店し、12月20日に近くに新規移転オープンするようで、一安心。

 

ここにコンビニが出来ることはだいぶ前から知っていて、ファミマ閉店の時にも知ってはいたんですが、建物作り始めたら2階建ての鉄骨造りってあっという間ですね。もう外観が見えてきて、東西で出口がスルーできる構造なので僕としてはいろいろありがたいです。
以前のファミマより広い気がしますが、什器がほとんど入っていないので実際のところわかりません。
二階には何が入るんでしょうかね。歯医者かな?

 

小金井ファーマシーさんが11月29日まで旧店舗で営業され、30日はお休み、12月1日からかごや書店の敷地を区切って移転オープンしました。
確かにこっちは少し狭くなっているようです。

さて、小金井街道と農工大通り入り口の角にあったローソンが出来て3年くらいで閉店して、デイリーヤマザキが出来て1年で閉店した跡地が、手入れを始めていて、自動扉が追加され2つに。

何が出来るのか工事関係者に聞いたら
「薬局ですよ」

・・・・うーん・・・・。

歯医者が言うのもなんだけど、薬局も多いでしょ・・・。

歯科は疑義解釈とかいうもやっとした拡大解釈での保険点数の締め付けが厳しくなっていますが、確か調剤報酬とかも結構厳しくなったんじゃなかったっけ?

 

しかし、医療関係は潰れにくいとは言われていてオーナーからしたらそういう店子が入るのは喜ばしいんだろうけど、医療関係は消費や生産性が低いから地域の活性化には繋がらないよなぁ・・・・とこれも歯医者がいうことじゃないけど。

忘年会

忘年会シーズンです。

僕は小金井歯科医師会会員で、日本大学歯学部同窓会小金井支部長を今年の夏から拝命している手前、日大歯学部同窓会北多摩支部の会合に出なくてはいけません。少なくとも1年間くらいは。

なので11月30日は、その日大歯学部同窓会北多摩支部の忘年会でした。

43歳の僕が一番若手という、近年の若者の○○離れにあるように、若者の歯科医師会離れとか同窓会離れってぇヤツです。たぶん。
僕より若い歯科医師会員や同窓会員はいるはずなんですが、よく出席している中で、です。
でも、実際、都心部の歯科医師会の加入率は50%切っているとかで、
歯科医師会員であることの意義はあるけれど、会員であることでの仕事だったり繋がりや金銭的負担とかを鑑みると歯科医師会員でなくていーや、という感じになるようです。

まぁ下っ端がこんなブログでメリットデメリット云々いうのも詮無いことなので、それはおいといて。

 

北多摩支部の忘年会に、日大歯学部の学部長や同窓会長も参加されました。
当然と言えば当然なんでしょうが・・・・・。
北多摩支部は、小金井支部や調布、東村山や武蔵野市などいくつかの北多摩エリアの支部が集まって北多摩支部ですが、とはいえ学部長や同窓会長は、コレクラスの集合支部の忘年会に今年は何回出席されているんだろう・・・・
当然、そういう偉い先生方は、同窓会の支部忘年会だけじゃなく、いろんな繋がりの忘年会に出られるんでしょうね・・・・飲むだけでも大忙しだなぁ・・・

 

ちなみに、この忘年会の福引きっぽいモノで松阪牛のすきやき用の肉をいただきました。わーい。

 

あとは、小金井歯科医師会の忘年会を控えていて、ビンゴで何貰えるか楽しみ。(去年は何も当たらなかった・・・)