ママさん女医

女医さんという言葉の安心感

これを書いている院長(男)からしたら届かない敗北感・・・
これでも三児のパパなんだけどなぁ・・・・

「女医さんでお願いします」

電話でそんな予約もあります。やはり「女医=不安な子供に安心感」という図式が絶対的に存在します。
しかもサクラ歯科医院の女医さんは副院長、三児のママでもあります。

パパ院長、かなわない・・・

ただ、申し訳ありませんが、三児のママなので診察時間は5時まで(4時半最終受付)となっております。
男の先生だって優しいんだよ。

とまぁ、子供にとって、だけでなく同じ女性だから話しやすい、相談しやすいということもあります。