診療内容

歯科における「治療」の多くは「治す」のではなく「回復不能箇所を取り除き、代わりの物で機能回復をする」もしくは「これ以上悪くならないようにする」といった行為です。なので治療をする必要の無い治療(予防・早期発見)が肝要です。

保険診療とは、国で定められた診療報酬と歯科材料で治療を行います。単純に治療行為と言うことであれば、基本的にほぼ全ての治療は保険で可能です。

自費診療(保険外診療)とは、保険診療適用外の材料を使用したり、保険診療では不可能な行為を保険外で行う診療です。
矯正治療は少ない例外を除いて自費診療となります。
また、見た目(審美的)に優れた被せ物や入れ歯、
ブリッジや入れ歯が好ましくないと仰る方へのインプラントなど保険診療ではまかなえない行為について自費診療となります。

当院での治療が困難な状況、より高度な診察・治療が必要と思われた場合、大きい病院や大学病院などへのご紹介も行います。


いわゆる標榜している診療科目についての話。

歯科

よく一般歯科とも言われますが、虫歯の治療から歯周病の治療、根っこの治療、入れ歯、そういう一般的な歯科治療の関する標榜です。
昔の大学病院的に細かいことを言うと
保存修復科(虫歯の治療)
歯内療法科(根っこの治療)(最近だと保存修復科と統合されているところが多いですね)
歯周病科
補綴科(入れ歯とか被せモノとか)
とかあり、治療レベルの差異はあってもまずもっていわゆる「歯医者さんの治療」、となります。

小児歯科

子供に対する歯科です。そのままですね。ただ、子供の場合は乳歯と永久歯の関係、成長の兼ね合いがあり、大人の縮小版、ではありません。また、矯正歯科や口腔外科も絡んできます。
でも、そんなことよりいかに嫌な気持ちにさせないで治療できるかが分かれ目です。

矯正歯科

 悪い歯並びを使える整った歯並びに修正する治療です。
審美的な意味合いも強いので、一部の例外(先天疾患や顎変形症病名がつく場合)を除いて自費診療となりますが、当然審美的な意味だけではありません。
見た目の修正に寄った矯正治療もありますが、それでもそのままだと虫歯のリスクや歯周病のリスクがあがりますし、
見た目以上に食べる、話すなどの機能性を損ねた咬み合わせは、金額はかかるけど将来のことを考えて矯正治療を是非とも進めていただきたいです。

口腔外科

一般的なイメージは「親知らずを抜くところ」でしょうか。
当然それだけではなく、過剰歯といった意味の無い歯を抜いたり、おかしな粘膜病変を見抜いたり治療したり、顎の症状、いわゆる顎関節症も口腔外科の分野になります。
また、口の中の癌も口腔外科になりますが、それを処置する、とまでは町歯医者では不可能に近いので、こちらが出来ることは出来るだけ早く見抜いて、口腔外科のある大きな病院へ速やかに紹介することと、その後のフォローです。


ちなみに・・・

インプラント科、審美歯科といった科は看板には標榜科名としては医療法によって認められていません。が、ネット上ではその限りではありません(でも、いつまでだろう)。

なので・・・

当院でも、インプラント審美歯科予防歯科といった分野も承っています。


**
申し訳ありません。現在各訴え別のページに関しては作製途中です。おいおい追加していきます。


 

「痛い」ということ

5W1H

「痛い」ってどこが?
「痛い」ってどんな風に?
「痛い」っていつから?
「痛い」ってどんな時に?

という風に、よく言われる5W1Hに似ていると思います。

二人伝言ゲーム

ところが、「痛い」って感覚なので、患者さんが歯医者にダイレクトに伝えているようで、実は伝言ゲーム。
「痛い」という感覚があって発信して、痛いと感じる本人が受け取って感覚を言語化して歯医者に発信。
患者さんの言う「痛い」言語を歯医者が受け取って、その言語から歯医者は経験を基に翻訳して、「『こういう痛い』ですか?」とまた言語化して患者さんに確認するように発信する。

感覚を言語化した時点で正しくないし、患者の言語化した感覚を、歯医者が解釈した時点でまた正しくない。元に戻そうと試みるけども。でも、歯医者が感覚を言語化して患者さんに発信する時点でやっぱり正しくないし、それを患者が受けて「そうだ!」となれば良いけれど、「そうかも?」だとわからない。
そんな二人伝言ゲーム。

だからたくさんの情報が必要となる

さきの、いつ、どんな時に、どのようにして、どこが、どう痛いのか。を充分に聞き取らなくてはいけないし、それを翻訳して推敲して確認してもらう、そんな会話が必要。
そして「そこら辺かな?」と該当する場所を押したり叩いたり、調べたり。X線写真を撮ってみて、また翻訳と推敲、からのアタリを目指すわけです。