« 弾丸花見@都内・上 | ホーム | 入園式 »

2011年4月 9日

弾丸花見@都内・下

、の続き

 

後楽園駅に着いて、周辺地図を見る。小石川後楽園ってどこだよ?

って、想像よりでかくてまた東京ドームの隣と思ってなかったので最初見つけきれませんでした。

 

気づいて、歩道橋を渡り小石川後楽園へ・・・・・・ってまた入り口はグルリと回った先かよ!

 

早歩きでテクテクテクテク歩くけど、普段の歩き量をとっくに超えていてしかも早歩きだからか、スネの横、ふくらはぎ、かかと、つま先が痛い・・・。

そしてこの時点で14時だけど、朝からご飯食べてない。500mlのお茶を一本持ってるだけ。

ちゃんと食べてる時間がない。駅にある立ち食いそばでさくっと食べようと思っても見あたらない。後楽園の駅で、それっぽい匂いがしたけど探せなかった。

この後行く予定の駅は私鉄で小さいからこれはもう昼も抜きかもしれんね。

 

さて、小石川後楽園に入って少し歩くと枝垂れ桜が。

 

P4060848.jpg

P4060849.jpg

 

桜の種類と言われるとソメイヨシノと八重桜の違いがわかる程度なのですが、ソメイヨシノあたりの桜は淡い色彩、薄い花びらのため、儚い華奢な感じがするのですが、枝垂れはもっと優美な感じが。

特にまだ満開とは言えず、そんなに巨木でもなかったので、更にそういう感じがありました。

 

すると通りすがりのオバチャンがお友達に「でも六義園の枝垂れがやっぱりいいわね」と言っているじゃないですか。

六義園はこの後行く予定ですが、とりあえずぐるっと園内を回る。

 

京都・嵐山の渡月橋をイメージした渡月橋があったり(というほど嵐山の渡月橋って感じはなかったけど)、小石川後楽園はいろんな景色を見せてくれるなかなか味わい深いところだな、と。

 

P4060856.jpg

P4060862.jpg

 

P4060864.jpg

 

ドームが見えるのが愛嬌か。

後述する六義園と異なり数本枝垂れ桜があるのがよい感じ。

 

 

あぁ・・・・池に桜が映っている・・・・・。

P4060865.jpg

 

P4060870.jpg 

さて。

邪魔、という理由で三脚を使うな、と書かれてあるところが割とあり、ここ小石川後楽園も使うな、と書かれてありました。

でも三脚使うカメラ小僧(僕より年上)が割とたくさん。

つーかですね、こんな晴天に三脚いるか?

そんなにシャッタースピード遅いの?そんなに手ぶれするの?そんなに開放値の暗い超望遠を使ってるの?

いやプロの方にはシャッターボタンを押すそのブレさえも気になる方がいらっしゃるらしいのですが、みんなそんなレベルのなの?

 

そして、撮影スポットに行くといつも思うのですけど、年寄りが重たいカメラバッグと重たい三脚と重たい一眼レフをよくもまぁ担いで動いているなぁ、と。

僕はかつてカーボン三脚(軽量で高級)を買いながらも邪魔すぎて使わなくなり、一脚を使うようになり、キヤノンの一眼レフデジカメの重さも疲れてきたのでネオ一眼というオリンパスのPENライトに行き着いたという虚弱っぷりなわけで。

 

しかしちゃんとした?一眼レフからしたら格好自体はおもちゃなので、みんな立派な一眼レフをお持ちの横でPENライトでカショカショ撮っていると若干恥ずかしかったりしていました。

でも、この小石川後楽園で、写真教室の一群がいてですね、生徒さん(おばちゃん)が先生に「先生のお持ちのカメラはなんですか?」と聞きまして、先生は「コンパクトで便利なんですよ」とたぶんサブカメラだとは思うのですが、見たらパナソニックのLUMIX GF1(もしくは2)じゃないですか。PENライトと同じくネオ一眼ですよ。

 

やーよかったよかった。先生と呼ばれる人でもネオ一眼使ってんじゃん。サブかもしれないけど持って撮ってるんじゃん。ヘンに引け目を感じる必要ないんじゃないのさ。

と勝手に恥ずかしがって勝手に得心したのでした。バカかな?

 

P4060880.jpg

 

 

で、後楽園駅に戻り、南北線を使って3駅の駒込駅へ。そこは六義園の最寄り駅。

 

最寄り駅なんだけど、入り口まで350m歩いて右ね。と標識が。またかい!

スタスタスタスタ歩きながら足はジンジン痛い。でもスタスタスタスタ。

六義園の入り口では並び列が30mほど・・・・・。今日平日だよね?

 

P4060901.jpg

並んで中に入り、少し左に向かって歩き門?をくぐると、先ほどの小石川後楽園での華奢で楚々とした美人さんな枝垂れ桜とは異なり、豪奢で円熟した美人さんな枝垂れ桜がズドーンと圧倒するようにお出迎え。

 

P4060906.jpg

P4060907.jpg

P4060927.jpg

 

あー好みもあるかもしれんけど、確かに六義園が立派だわ。さすが平日なのに列をなすだけのことはある。

あー人が邪魔だなぁ・・・・・

  

が、六義園で名物となる桜はこの一本の枝垂れのみで、裏手に桜があるものの、あまりメインとは言えず、更に中の庭園に入ると桜はなく、小石川後楽園とはまた趣の異なる庭園となっていました。

P4060951.jpg

 

が、すでに時間は3時すぎ。ちょっと時間がないな。桜を見て撮るのが目的で庭園は二の次なので、そそくさと退散。

というか、枝垂れの周囲の人だかりと庭園の人の量が明らかに違う。来た半数くらいは桜だけで帰ってる?

 

また350mかけて駒込駅に戻り、今度は王子駅へ。王子駅から都電荒川線王子駅前駅へ。

ここで駅の場所を間違えてしまい、無駄に歩道橋を上り下りすることに。

 

王子駅前駅より一駅で飛鳥山駅へ。

 

最後の巡る場所に間に合った!

時間は4時過ぎ。まだ日没には間がある。

が、入ってすぐは7分咲き。

 

 

P4060967.jpg

 

P4060971.jpg

 

P4061006.jpg

 

ちょっと寂しいなと思いつつ公園奥へ進むと、そこは満開の桜が!

P4060979.jpg

P4060985.jpg 

 

が。

今まで本門寺、恩賜公園、後楽園、六義園と宴会禁止な場所しか見てこなかったので、余計にその思いが強いのですが、ここは普通に楽しむ公園だから、そして満開の桜だから、でも水曜日のまだ4時台なんだけど、花より団子な花見に耽る方々が割合多くて。

そして下が土だから土埃がちょっとカメラによろしくなくて。

 

う?む。

 

その後、公園をぐるりと回って、予定を全て終了。芝公園以外。

 

この9時半から4時半まで、500mlのお茶のみ。

意外とまだまだ僕は大丈夫なんだなぁ・・・と自分の身体にしみじみ。

 

P4061031.jpg

 

都電荒川線の飛鳥山駅でマウンテンデューを飲み糖分を少し補給して、大塚駅前へ。そこからJR大塚駅へ歩き、新宿、そして武蔵小金井へ戻りました。

疲れた・・・・・

 

 

あんまり関係ないけど。

新宿御苑でも感じたのですが、去年の秋に福島に紅葉を観に行ったときに、東南アジア付近からの留学生が幾名かいました。友達同士で写真を撮りあっていたのですが、みながみな、紅葉の枝を顔の近くに引っ張ったりして写真を撮っていたんですね。

日本人でそういう風なのはあまり見かけませんでした。

枝を折る馬鹿野郎はいるけど。そして個人的にピースサインは美意識に欠けると思っているのですが、まぁいいや。

他の白人等は知りませんが、なんとなく、日本人は景色・風景の中に人を置いて撮られる。のに対してあっちの方々は、まず人がいて、人を装飾するために景色・風景を入れる、というのかな?

主役が景色か人かで考え方が違うのかなぁと思ってみたり。

このブログ記事について

このページは、m106が2011年4月 9日 13:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「弾丸花見@都内・上」です。

次のブログ記事は「入園式」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。