2020年3月 3日

このブログは

このブログは東京都小金井市本町にあるサクラ歯科医院の院長が綴るブログです。歯科医院のブログなのに歯科に関することはほとんど書いておりませんのであしからず。そして何故ここにこんなコト書くかというと僕が未熟でブログからサクラのホームページに戻るようリンクを張れないから。

メールはsakura@m106.orgへ

2016年6月12日

Facebook

ブログやお知らせをFacebookに統合しようと思います。

個人のFacebookは続いているのにブログが続かないからです。写真の編集も面倒だし。

早いうちにホームページのトップに組み込みたいです。

とりあえず

https://www.facebook.com/sakuradentaloffice

2016年4月19日

予算

僕は現時点では都立多摩科学技術高校(通称タマカギ)の歯科の校医を担当しています。(小金井市では歯科医師会会員で校医担当が数年単位で変更があります)

一人で600人もの歯科検診を出来るわけないので、同じ歯科医師会会員の先生が助っ人に呼ばれて、検診を行います。

一人100何十人という人数が目安としてあるので、学校の規模を勘案してどこ小は3人とかどこ中は4人とかなるのですが、タマカギは3人でやっています。

3人じゃ一人で200人検診することになるので許容オーバー。なので去年の後、4人にしてほしいと歯科医師会に求めたら、学校側の予算で組まれているとのこと。

つまりタマカギへの交渉となるようです。

なので、タマカギ側に4人にして欲しいなぁと言ったら、都に予算増額のお伺いを立てて、OKでたら増員できるよ。だから期待しないで待ってて。

 

で、結果は増員できず、今年も3人でひーこらして、トイレタイムもなしでやったわけです。疲れたのは僕らドクターや記入スタッフだけじゃなく、高校生も結構待ったんじゃないかと思われます。

 

そして頭をよぎったのは・・・

都知事の豪遊都市外交ですよ。

こんな高校の検診の一人増員なんか都知事は知りもしないんだろうけど、なんかワイン一本分で増員できたんじゃないかと思うと、ちょっと恨み節の一つや二つ言いたくなるってモンですよ。まったく。

2016年3月 3日

ひな祭り

3月3日はひな祭りです。

なので前日、義母からいただいたひな祭りケーキを食後に食べたのですが、かけ声が不明。

「ひな祭り、おめでとー」とか言っていたんですが「おめでとう」なの? いや、おめでたい・・・のか。

 

ところでウチは三人の娘に恵まれたのですが、そのため先日亡くなった母の手作りの雛人形を飾りました。去年は面倒でやらなかったのですが、母が亡くなると供養的な意味合いで急に飾るってのもいかがなものかと思わないでもないのですが。

長女にはこれ

201505_IMG_1696 (2).jpg

201505_IMG_1697.jpg

次女も三女も同じ木目込み人形です。この長女のは三人官女までで、一応フルセットを予定していたらしいのですが、僕、兄、姉にはそれぞれ3人の子供達がいて、女の子は6人。母はそれぞれに送ろうと画策?していたので(少なくとも僕と兄の娘4人には)、どう考えても無理だったので、三人官女までで完結。もっともこのサイズでフルセットいただいたら置き場所が・・・。

というわけで、次女にはマンションサイズということらしく、これ

201505_IMG_1677.jpg

豆雛いうそうです。こっちは五人囃子から左大臣右大臣、なんか持っている人たち、蹴鞠で遊ぶ人たちまでのフルセット。それでもちょっと置き場所にこまったために置き位置が少々変です。

で、三女は、ちょっと無理らしく、昔作った

201505_IMG_1675.jpg

立ち雛、ということになりました。

201505_IMG_1674.jpg

ていうか、雛飾りって娘一人につき一セットだっけ?

でも、この母が作った木目込み人形、普通に販売されてもおかしくないレベルなので、それぞれが嫁に行くときに(嫁に行ってくれれば)渡して、更に娘が生まれたら、これを飾ってもいいんじゃないかと思います。

そうすると、母は孫に雛飾りを用立てしたのに、僕(と妻)は孫に用立てしなくてすむ(少なくとも一人は)・・・・というお金換算してはいけないゲスな考えが浮かびました。反省。

まぁそんなゲスな考えはともかく、曾祖母の手作りのひな人形っていいじゃないですか。

・・・・・もし二人目の娘を出産したら、かわいそうだから僕らがどうにかしないといけないのか? 僕はプラモデルでひな人形をつくるしかないぞ? そんなんもらいたいか?

 

というわけで、だいぶ前に母が長女のために作っているのを横で見ていたのですが、木目込み人形は木(木くずを圧縮しているのかな??)のベースがあって、それに生地を貼り付けるみたいなんですが、細かいところは検索してください。

ただ、最初からある溝は深くないらしく、一度溝を深く彫り直す必要があるとか、その溝に生地を入れ込むときに生地が皺になったり、生地の柄(紋様)がゆがまないように入れ込むのが大変なんだとか言っていた記憶が。

201505_IMG_2835.jpg

201505_IMG_2836.jpg

201505_IMG_2837.jpg(ちょっと首ないし胸元にナイフとヤバイ写真な感じもします)

この生地、鍋島小紋といって、佐賀鍋島藩の藩士が着込む裃とかに使われていた柄だそうで、福岡先生が管理されている柄だそうです。母は福岡先生の生徒さんでした。

今年も佐賀城下ひな祭りが佐賀の各所で行われています。10年くらい昔に比べて少々パワーダウンしている雰囲気が否めませんが・・・。

 

ちなみにサクラ歯科医院も母の手作りのひな人形があります

201505_IMG_1700.jpg

2016年3月 1日

言い訳

なんと2月は1回も書きませんでした。

理由はいろいろあるのですが、大きな一つはFacebookでの投稿が楽だからってのがあります。

PCでもスマホでも投稿できるし、何より写真をアップするのが楽なのです。(もっともFacebookは文章の合間に写真を載っけるのが出来ないのがちょっと気に入らないんだけど)

というのが、僕はカメラ好きなので、当然のように最大の解像度、低圧縮での設定なのですが、その画像のままこのブログにアップするとサムネイルはいいんですけど、サムネイルをクリックして画像を別画面で見ようとするとすんごいでっかい画像が現れることになるのです。

だから、僕はだいたい横幅800ピクセルくらいに画像を小さくしなおしているのですが・・・・・・・・・・・これが大した手間じゃないんだけど面倒くさい。

で、大概がここのブログは文字メインとなっているワケです。

Facebookは撮った画像のまんまアップしても見る環境(PCやらスマホやら)に合わせて大きさを勝手に調整してくれるっぽいので気にせずアップ出来ているのです。

 

ところでFacebookって画像を一緒に載せないといけないような暗黙のルールでもあるんですかね?

 

このブログはムーバブルタイプ5というソフト(アプリ)で構築していますが、これ自分にスキルがあればどうにでもできるプロユースのソフトですが、自分にスキルがないのでどうにもできない・・・・。

そしてスキルを磨こうとする気概と時間がない。

なので、いっそ他で提供しているブログに引っ越そうかなぁとか考えています・・・・

2016年1月26日

パスワード

所用があって家族で原宿に行きました。所用が終わりせっかくなので竹下通りを歩きました。

10年くらい前にも歩いた記憶があるけど、さらに昔は30年前。小学生の時にミニバスケットの全国大会(補欠&思い出プレイで出場)をで上京した時に。どんなんだったか覚えてないけどね。

で、線路の並びに変な少女マンガのポスターが何枚も。

「IPA パスワード」で検索

これでした。

情報処理推進機構の出典でした。

なんか意味がわからないけど、言いたいとこはわかるなかなか秀逸なポスター。思わずスマホでパチパチ撮ってしまいました。おっのぼーりさーん!

 

しかし。

確かにパスワードは使い回しているよねぇ・・・・そして昔に比べてパスワード設定も単純な4文字以上とかから今や英数字記号含めて(場合のよっては大文字を必ず入れて)8字以上とかになってそんなの使い回さないようにして覚えてられるか!

そのために複数のパスワードを記録して一つのパスワードで開く機械もあったり(それに意味があるのかはともかく)、パスワードが強化されればされるほど使い回し率が高くなるような気がするのは僕だけなのか?

そして、時代がそうなっている割にはキャッシュカードの暗証番号は数字4桁だし。指紋認証や掌紋認証も出てはいるけど。

そしてクレジットカードなんてネットで注文しようなんてときは番号と名前と何故か有効期限で事足りるし。セキュリティゼロじゃねーか。

2016年1月22日

○○水

スーパー銭湯に毎週のように行くのですが、スーパー銭湯によってはいろんな水をご提供しています。

最近の流行りだと「水素水」。体内の活性酸素と結合してH2Oとなり排出されることで活性酸素を減らせるとかなんとか。

あと、全ての水をナノウォーターにしましたとか・・・・。

・・・・まぁいいんですけどね。現時点でちゃんとした科学的医療的根拠が示されていないってだけで、もしかしたら根拠があるかもしれないしね。示されてないってだけで。

ただ・・・・過去にもいろんな謎の水が出ては消えたよね。消えた理由は多分売れなかったから。そーやって水素水もほぼ時代の波に消えて、新しい○○水が泡のように生まれるんでしょうね。

 

高濃度炭酸泉なる風呂があり、確かに気持ちが良いのですが、説明が・・・・

その解説曰く、「皮膚が炭酸ガスを吸収して内部で???」

!?

皮膚は炭酸ガスを吸収しないだろう?

2016年1月15日

芸術

サクラでは毎年干支の置き物が玄関前に置かれます。 田中右紀という佐賀の芸術家です。母いわく「前衛的」らしい。 赤い斑点が特徴ってワケでもないんだろうけど、毎年赤い斑点はあります。 そして今年の「申」 DSC_0626.JPG おっぴろげ(=゚ω゚)ノ 何でコレなんでしょう? でもそーゆーモンだと飾りました。 が、その日のウチにスタッフが DSC_0627.JPG 優しさを見せました

2016年1月11日

文才

サンシャイン水族館の「へんないきもの展2」を見に行きました。

数は実はそんなに多くなくお腹いっぱいとは到底言えないのですが、変な生き物でした。

ただ、変な生き物をぽんと展示するだけなら大して面白くもなかったんだと思います。どうやら早川いくを氏の文才によるところが大きいような気がします。

展示した生き物の上に早川氏の文章が書いてあるのですが、このパネルは写真撮影禁止のため上手く言えないのですが、軽妙で読みやすくかつ魅力的に解説をしています。

丁度12時くらいに到着して30分待ちくらいだったのですが、並んでいるうちに更に列は伸びていき60分待ちに。

たぶん多くの人が見終わったら「あ、これだけか」と思うんじゃないかな。でも、それはもっと見たかった、もっと読みたかった、の裏返しかと。というわけで、最後に早川氏の著書「へんな生きもの へんな生きざま」を買いました。

早川氏は多摩美を出た後広告制作会社や出版社を経てフリーになられたようなので、そこら辺もあの引き込まれる文章に活かされているんでしょうかね。

IMG_0162.JPGナガクビガメ

IMG_0176.JPGミミックオクトパス

IMG_0206.JPGジャイアントクラブ

IMG_0227.JPGワラスボ(干物)

IMG_0259.JPGのサムネイル画像横ですまん。 メンフクロウ

ね、変は変だけど、変の良さがこれだけだと全くわからない。

 

で、物足りなかったのでサンシャイン水族館にも行きました。セット券でよかった・・・

今回、子供たちには自由研究というほどではないのですが、写真をノートに貼って感想を書くようなことを妻は考えました。

なので、子供たちにそれぞれカメラを持たせましたが・・・・・

ほとんど使えませんでした。

なぜなら、子供たちに持たせたカメラは1万円以下の、しかも2年前くらいのカメラだったのです。

そもそも水族館で撮影するというのは非常に難しい。分厚い水槽越しのため水槽でピントが合わなかったり、光量が少ないため必然的にシャッタースピードが遅くなる。だから手ぶれも起きるし、動く被写体のため被写体ぶれも起きる。感度を上げると画像が粗くなる。

・・・・・・・・なので、子供たちの撮った写真はほとんどが使えず、僕が撮った写真で感想ノートを作ることに。それが特に長女は不満だったようです。

となると、カメラを買うしか・・・・・なのですが、僕がメインで使っているコンパクトデジカメはキヤノンのパワーショットG7X いわゆるプレミアムコンパクトと称される高級コンデジです。

それだと、レンズも明るいし、撮像素子もでかいので、高感度でも荒れにくいため、シャッタースピードを維持できるのです。

が、高い。今でもカカクコムで5万くらい。

二人(三女は3歳なのでまだパス。・・・・怒るけど)にそのレベルのカメラを買ってやったら10万ですよ。無理無理。42歳の僕がメインで使っているカメラを8歳と6歳が持っているとか!

なので、なんか普及帯でレンズの明るさに定評があるヤツはないのかな?と探したら・・・・・・・・・・・・・ないのです。

今コンパクトデジカメは、スマホのカメラのレベルの高さに斜陽になってしまっており、どのメーカーも、スマホを意識して、スマホでは満足できないプレミアムコンパクトか、スマホでは真似の出来ない高倍率コンパクトにシフトする二極化になっているようです。

プレミアムは高い。高倍率はその分レンズが暗い・・・・。まあソフトウェアの進化で高感度でも荒れが少ないようにしてはいるのである程度シャッタースピードを稼げるようなのですが・・・・・。

困ったなぁ・・・

2016年1月 1日

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします。

2016NYC.jpgのサムネイル画像

アイテム

  • 201505_IMG_2837.jpg
  • 201505_IMG_2836.jpg
  • 201505_IMG_2835.jpg
  • 201505_IMG_1700.jpg
  • 201505_IMG_1674.jpg
  • 201505_IMG_1675.jpg
  • 201505_IMG_1677.jpg
  • 201505_IMG_1697.jpg
  • 201505_IMG_1696 (2).jpg
  • DSC_0627.JPG

月別 アーカイブ