ブルートゥース接続大会-イヤホン-

以前、ブルートゥースのゲームパッドを紹介?しましたが、
まぁいろいろ繋がります。

で、ほぼ常時身につけているスマホなので、イヤホンもブルートゥース接続です。
そもそも今のXPERIAの前のスマホからストラップホールが無くなったけどストラップはつけたかったから、
イヤホンジャックにストラップホールを付けたのでイヤホンジャックが無くなったため、嫌でもイヤホンはワイヤレスなのですが、イヤホンジャックが使えた時代からワイヤレスですけどね。

音質にはあまりこだわらないので、便利さと安さ優先なのですが。

外をウロウロするのに外の音を塞ぎたくなかったので、最初に買ったのは片耳タイプで、音楽と通話が出来るタイプ。iBUFFALOのですが、今は売ってません。

 

耳に引っかけるので落ちる心配は無し。また後に書くタイプと異なり赤い部分を押して通話のオンオフが出来るので、家族でスキーに行って僕と長女・次女、妻と三女に別れて行動するときにコレ付けて動きました。
グローブをはめていろいろ防寒装備の中、押しやすく便利でした。

 

でも音楽を片方だけで聴くのも・・・という思いが出てきて両耳タイプに。

 

ワイヤレスと言いながら左右で繋がっているのですが、それほど使い回しに不便ではなかったけど、それでもケーブルの衣擦れが非常に鬱陶しい。案外耳に響くのです。で、結局使わなくなりました。

でもって、これは?と思い買ったのが両耳タイプだけど、首周りに置いてそこからケーブルが左右のイヤホンに伸びるタイプ。

 
ベースとイヤホンは磁石でカパッとくっつきます。
実は最初そこのケーブル部分は巻き取り式のを買ったつもりだったんですが、Amazonでたくさん似た商品を開いていたら間違って買ってしまったようです。

 

衣擦れはないけど、意外とというか当然というか、歩くたびに本体が肩の上でパッタンパッタン上下する・・・
ので、さっくり使わなくなりました。
少し前から出てきている肩掛けスピーカーはどうなんでしょうね。イメージ的にはパッタンパッタンしたり音漏れが迷惑だったり肩こりしそうなんですけど。

 

で、やっとこさ自分の中で完全ワイヤレスが出てきたのですが、なーんか僕の耳の形態なのかカナル型がきちっと納まらない感じがあるので、カナル型だけで固定するタイプは怖くて、買ったのは耳に引っかけるタイプ。

 

あと、その当時の完全ワイヤレスは耳だけ固定タイプ?でも案外と大きいようで耳から飛び出ている不自然さがあったのもフランケンシュタインっぽくてちょっと・・・という気持ち。(フランケンシュタインはこめかみだっけ)
オンオフや早送りなどのボタンが物理ボタンなのはいいんですが、小さい。

これをしばらく使っていたのですが、イヤーフックが太くて硬いので引っかけている耳が痛い。
また、ブルートゥースの弱点である遅延が気になるのです。音楽を聴くだけなら気にならないのですがゲームとかするとね。

 

と、そこにブルートゥース規格の最新バージョン5.0が遅延が少ない、とか。
あと、最初に買った片耳タイプ、なんだかんだで今も現役で使っているのですが、困ったことに全面ボタンなのでバッグやポケットの中で勝手に長押しされてペアリングしてしまって問題が起きることも。

なので、ブルートゥース5.0の完全ワイヤレスを買ってみました。

 

専用の充電兼収納ボックスに入れるので勝手にペアリングされることもなく、両耳でも片耳でも使用可能で、カナル型の耳だけ固定が不安でしたがイヤーピースを代えたらきれいに納まりました。
もっともその分外部との遮音効果が高くて少々怖いのですが。
だから結局、片耳でしか使ってません。
それにしても耳から少ししか飛び出てないのにちゃんと通話できるの、凄いですね。
今もあるけど昔はマイク部分がびろんと頬くらいまで伸びてたじゃないですか。

ところでゲームしての遅延は?というとやっぱり少し残ります。しょうがないのかねぇ?

 

アホみたいに(安いのばかり)買ってきたものの、基本的には家の中でイヤホン付けることもなく、外で、といっても家と仕事場の行き帰りは短時間なのでやっぱり使うこともなく・・・。
ジムでの運動ではプール会員なので使えず・・・
じゃぁなんでそんなに買い続けたの?と言われると、単なるガジェット好きだからとしか・・・
でも、audibleのために洗濯物干しとかアイロンがけとか、ちょっとしたことで使うようになりました。

 

そして今回Amazonで選んでいて気になったのは、こういう安価な商品って大概中華製で、まぁ安いし胡散臭い日本語も、足りないマニュアルも壊れやすいのも安価だからと割り切るんですが、どうしても気になるのが、

どう見ても商品の写真も、説明も、同一製品なのに、いかにも自社で作りました、よそのは偽物だからねって注釈が書いてある商品が多い。アレはなんなんだ??
と、ワンショルダーバッグと同じく思うのでありました。アイデア波が降り注いでいるのかなぁ・・・。