SEO対策

スマホでグーグル検索のアイコンをタップすると一緒にグーグルニュースが出てきて、こちらの検索履歴やら設定やらの反映で、歯科ネタニュースが頻繁に出てきます。

最近はポストセブンと東洋経済オンラインで「文/岩澤倫彦(ジャーナリスト、『やってはいけない歯科治療』著者)」シリーズがやたらと出てきて、少々うんざりです。
煽り系ジャーナリストが基本嫌いなので。

かといって、煽りはしても、誇張や多少の疑義はあれど完全に間違っているワケではなく、こういう連中に煽られるだけある歯科業界ではあります。悲しいかな。

さて、そのシリーズで「口コミサイトでの歯医者選び 不自然な評価の見分け方」という口コミ評価が不自然に高評価が並んでいるのに要注意なんてあって、確かにコレは僕が先日ブログで書いた口コミサイトに投稿してやるよ、みんなやっているよなんてメールがそうであり、そういう業者も利用する歯科医院もダメダメなのですが、

こちらの「ネットで歯医者選びの落とし穴 検索上位対策、ステマも存在」はステマは論外としても検索上位にこないとそもそも見てくれない、という現状から検索上位対策の何が悪い?と少々ふてくされてきます。
確かに、宣伝広告にお金をかけすぎると、その金はどこから?
となるので、過剰にかけすぎるのはいかがかと思いますが。

 

そもそも簡単に検索上位に行くほど今のグーグルは甘くないし、まともな業者は、そのことを知った上で、ホームページのソースコードの最適化や、検索ワードから客(患者)が何を知りたいか、ということを調べて、ホームページにその情報に対する解を掲載することで、有効性のあるホームページだと判断されて上位にいくわけです。

また、一昔前は被リンク数が関係していると言われてましたが、今は単に被リンク数が多ければ良いのでは無く、有効性の高いサイトと被リンク数が高いと検索上位に引っ張られるとか。

僕はウェブ関係に業者はほとんど使っておらず、ホームページは自分で作っているし、それも永遠の途中状態っぽい惨状だし、SEO対策担当はほぼ必ずグーグルアナリティクスを見ているなんて言われているから、僕もグーグルアナリティクス連動させているけど、そもそも見方が全然わかってないというていたらく。

 

そんな中、とあるSEO対策業者から電話が。

業「ホームページのSEO対策で検索上位に来るようにしませんか」

僕「具体的に何やるの?」

業「内部対策と外部対策の両面から行います」

僕「内部対策はなにやんの?」

業「内部対策は解析に伴う内部ソースの最適化と知りたい情報を載せる手伝いをします」

(それは僕も知っている。僕だって出来る、てワケでは無いけれど)

僕「外部対策ってのは具体的には?」

業「有効性の高いサイトとそちらのホームページをリンクさせることで被リンク数を増やします」

僕「ん?それってポータルサイトってこと?」

業「ポ、ポータルサイトとは??」

僕「いやだってさ、リンクを増やすんでしょ?他に何があるっての?」

業「有効性の高い記事を作りまして、それをホームページにリンクさせるんです」

僕「???どゆこと?もう少し具体的に言って」

業「今ネットを見られる状況にありますか」

僕「あるよ」

業「○○の○○○(整体関係)を検索してください」

僕「あるね」

業「こういう患者が知りたい情報を作ってそれをリンクさせるんです」

僕「なるほどね。でもこんな整形外科じゃなくて歯科のはないの?」

業「契約後、その記事をそちらのために作るので今お見せできないのです」

僕「え?新しく記事を作ってそれをリンクさせるっていっても、新しい記事自体が有効性が高いとかそもそも信頼性にかけるじゃない?それとリンクしたからと言って検索上位に来るはず無いでしょ?」

業「いえいえ、オールドドメインを使うので、すでに有効性が高いのです」

オールドドメインとは中古ドメインと言って、過去に使われ期限が切れたドメインのことで、そのドメインネームに価値がすでにあると新規よりSEO対策になるらしい。それをサテライトサイト(衛星サイト。メインサイトにリンクを張るためのサブサイト)に使うことで、最初から検索上位に持ってこられるらしい。

僕「それってさー・・・ねつ造じゃないの?」

業「いやまぁ・・・・」

認めてるし・・・。若い営業さんだなぁ。オレごときに言いくるめられるなよ・・・。

僕「そんなねつ造するような信頼のおけない業者と取引する気はありませんので」

で、終了。

 

なーんてねつ造会社なんて言っちゃったけど、後で調べたらオールドドメインを使うなんてSEO対策では割と当たり前だったようで、ねつ造会社ってのは言い過ぎだったようだ。

でもなぁ・・・・業界的に当たり前な行為だからって胸を張って正しい行為か、というと違う・・・よね?
なんか釈然としない。

 

かといって、ろくに動いていない歯科医院のホームページが、常に検索上位にいるのは業者がどういうコトをやっているからなのか気にはなる。お願いする気は毛頭無いけど。