商標名と一般名

あの当時のオカアサン方は、アタリだろうとメガドライブだろうと、セガマークIIIだろうとファミコン。下手すればプレステもファミコン。

ファミコンは決して最初の家庭用ゲーム機ではないのに、一番メジャーが故に、その興味の薄い人たちからは商標名が一般名となっているのです。名声にしても悪名にしても。

僕はさすがに世代的に生で聞いたことは無いのですが、コピーを取っておくことを「ゼロックスして」ってヤツもですね。

 

パクリ大国韓国では「ガンダムはロボットにおける商標の普通名称化」ということが一時的にはだけどまかり通ったらしいですしね
これを示す外部リンクをつらつら読むと、ガンダムもだけど一般名化するのも知的財産という見地からは考え物みたいですね・・・商標名が一般名となるほどの名声を得るのは素晴らしいことだと単純に思っていたのですが・・・。

逆にメジャーじゃない商標名でいくと、高校の頃の親友がパナショップだったので、冗談交じりに「ウォークマンちょうだいよ」と言うと、「ウォークマンは無い!」と怒られました。
ウォークマンは携帯音楽プレーヤー(ポータブルカセットプレーヤー)におけるソニーの商標名であり、パナソニックのは違う商標名でした

 

子供の間でジェイボード(Jボー)が流行っていることで、次女が友人間で少し疎外感を受けたらしく、しょうがないな、とジェイボードでAmazonで検索したら「エスボード」がいっぱい出てくる。他の名称も。
ホントにジェイボードなの?と次女に聞くと、そうだと。

いろいろ調べたら、一般名は「キャスターボード」でスケートボードの亜種。
商品名ではブレイブボードやリップスティック、リップスター、ジェイボード、エスボードなど。

で日本での小学生では商標名ジェイボードが一般名キャスターボードより定着しているらしい。
Amazonでたくさん見た「エスボード」は元々のは既に無く、現在流通しているのは中華製の劣化版だそうで・・・。

高いのは2万も3万もするので、品質はよくても子供用にはさすがに閉口でして、さりとて劣化コピーのエスボードも困る。ということで、日本での一般名化しているジェイボード・・・・の廉価版「PIAOO」にしました。一般名化しているヤツの廉価版だし、JDRAZORだし。

で、上の写真の下にあるのはその「PIAOO」
その後ろ?にあるのはキックスケーター・・・・という名称は一般名です。PIAOOのJDRAZORが出しているのは商品名キックスクーター。他に一般名化しそうなキックボードも実際は商標名です。
写真のは「マイクロ・ホワイト」大人向けキックスケーターです。なんと僕用です。簡単な移動手段として使えるかなと去年は小金井公園の桜を見て回るのに使って乗り回しましたが、まぁ・・・割と恥ずかしかったから今はほとんど子供達が使っていますが・・・。

 

話は一般名とか商標名とかから離れるけど、キックスケーターも、キャスターボードも、見た目はスムーズでそんなに力要らないように見えたけど、実際に使うと特にキャスターボードって腰回りから下半身まで結構筋肉使うなぁ・・・と。
一応僕も乗れるようになったのですよ。格好良くも見えないし、上達スピードはやはりというか子供の方が圧倒的に早いけど。